企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

休職期間の算定について

いつもお世話になります。
弊社では勤続期間5年以上の社員の休職期間を24ヶ月間としています。
(復職後同一の事由により休職となった場合は休職期間は復職の前後の前後を合算する)
現在、同一の私傷病により休職と復職を繰り返した社員がおり、この休職期間の算定についてどのように取り扱うか決めなければなりませんが、どのようにするのが一般的なのかご教示賜りたくご相談しました。
第1回目の休職期間:2010年3月8日~2010年5月31日(2ヶ月24日)
第2回目の休職期間:2010年8月17日~2010年10月31日(2ヶ月15日)
第3回目の休職期間:2011年2月19日~2011年4月24日(2ヶ月6日)
ここまで合計で6ヶ月45日となります。
以上、お手数ですがよろしくお願いいたします。

投稿日:2011/08/23 10:39 ID:QA-0045517

*****さん
愛知県/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

休職期間の算定

休職については、法律で決められているものではありませんので、休職期間の算定についてどのようにするかは、会社の就業規則の休職規定にどのように決められているかによります。
(復職後同一の事由により休職となった場合は休職期間は復職の前後の前後を合算する)と記載されているのであれば、合計の6ヵ月45日ということになります。
▲このような記載がない会社のない場合には、復職のたびにリセットされてしまうことになります。
以上

投稿日:2011/08/23 11:27 ID:QA-0045522

相談者より

ご回答ありがとう御座いました。
再度のご質問で恐縮ですが、6ヶ月45日の45日の取り扱いはどのようにすればよろしいでしょうか。例えば45日であれば1ヶ月(30日)15日として考え、トータルで7ヶ月15日と算定しても差し支えありませんでしょうか。お手数ですがご教示いただけますようお願いいたします。

投稿日:2011/08/23 17:25 ID:QA-0045540大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

累計端日数は、30日除算し、残余端数切捨て方式

傷病による休職期間は、通常、長期欠勤後の措置として設けられているものですが、欠勤の対象日は、「 所定労働日 」 であるのに対し、休職は、○カ月という、「 非所定労働日も含む 」 期間で定められており、「 月 」 に就いては、歴月 ( 休職月によって日数が異なる ) か、30日で除するのか、また、端数処理はどうするのか、などまでルール化されていないところが多いようです。要は、企業内での決め事ですから、月単位の累計端数日数 ( ご相談では、45日 ) の月換算ルールを追加されればよいでしょう。個人的は、30日除算し、端数切捨て方式がよいでは・・と思います。

投稿日:2011/08/23 13:50 ID:QA-0045534

相談者より

ご回答ありがとう御座いました。

投稿日:2011/08/23 17:22 ID:QA-0045539大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

休職制度につきましては、法令上定めがございませんので、各会社の就業規則で定めた内容に従う事になります。

御社の場合ですと、同一事由における休職期間の通算が定められていますので、まずは合計で6ヶ月45日になります。その上で45日の扱いにつきましても特に決まりはないですので、計算上30日を1ヶ月として取り扱っても特に差し支えはないものといえるでしょう。

それよりも気になりますのは、当該社員が比較的短期間において休職を繰り返している件です。早期の復職が病状回復の妨げとなっているようにも感じられますので、会社の立場のみならず当人の健康面への配慮からも、今一度医師共ご相談の上復職の現状に問題はないか検討されることをお勧めいたします。

投稿日:2011/08/23 23:58 ID:QA-0045562

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2011/08/24 08:12 ID:QA-0045566大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

端数について

通算した場合の各端数の取り扱いについては、会社で決めて、周知しておく必要があります。30で割ってもよいでしょうし、起算日から730日と日数換算してもいいでしょう。
以上

投稿日:2011/08/24 11:52 ID:QA-0045568

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2011/08/24 11:56 ID:QA-0045569大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職期間について
いつもお世話になっております。 就業規則の休職期間についてお伺いいたします。 休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。 (多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが) また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?
休職期間の考え方について
休職期間の考え方について教えてください。 例えば下記のような休職期間の条文があったとします。 勤続年数1年未満のもの・・・満2ヶ月 勤続年数3年未満のもの・・・満6ヶ月 勤続年数5年未満のもの・・・満1年 この場合、入社後11ヶ月で休職を始め、 休職中に勤続年数が1年以上になれば休職期間は 満6...
休職期間の通算について
いつも参考にさせていただいております。 当社の休職規則には休職期間の通算制度があり、復職後6ヶ月以内に再度休職となったときは、復職前の休職期間に通算することとなっています。 ※同一・同一系統の傷病に限ります。 休職期間は上限があり満了すると退職となります。 近年、メンタル不全から休職する者が多発し...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
リワーク
「リワーク」(Re-Work)とは、ある程度まで回復した休職中のメンタルヘルス不調者を対象に、復職に向けたウォーミングアップを行うことをいいます。いきなり職場へ戻って働きはじめるのではなく、専門の公的機関や医療機関などに通い、オフィスに似た環境で実施されるさまざまな復職支援プログラムを通じて再発リス...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/14
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。