無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

試用期間が1か月未満のアルバイトに対して契約終了のご相談

いつもお世話になっております。

今回、相談させていただきます内容は現在アルバイトしているスタッフが
風俗業での副業をしていることが判明した為、契約を終了したいとの相談をもらいました。(勤務態度も悪く日々他のスタッフと衝突が絶えないようです)現在、試用期間の1か月を切っており、どのように本人と退職へのお話しを進めていくのが妥当なのかをお教えいただきたく思います。

何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2022/08/08 19:25 ID:QA-0117970

やすしさん
東京都/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

本採用を見送る

▼「試用期間の1か月を切っている」というのは、現時点は試用期間中ということですか?
▼もしそうなら、本採用には不適切という判断をされればよいのではありませんか。

投稿日:2022/08/09 10:20 ID:QA-0117973

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

試用期間中ということですので、
勤務態度も悪く日々他のスタッフと衝突が絶えないということであれば、本採用拒否の理由と
なりうるでしょう。ただし、その都度注意・指導をしてください。

また、アルバイトですから、兼業禁止はないかもしれませんが、
兼業先として、違法性の可能性があり、会社の信用を落とすかもしれない風俗業は禁止と
することも不合理ではありません。

投稿日:2022/08/09 10:26 ID:QA-0117975

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

風俗業勤務禁止という就業規則であれば、規則違反を盾に解雇は可能かもしれません。しかしそのような規定がなく、非合法なものであれば犯罪ですので、勤務の証拠があれば文句なしに解雇可能です。しかしその風俗業があくまで合法な接客サービス業である限り、単に風俗業での兼職を理由に解雇は無理です。またそうした兼職の規制についても採用時に説明し、本人が虚偽申告していたなど、高いハードルがあります。

それよりも勤怠に問題があるなら、そちらの対処はどうなっているでしょうか。問題行動のたびに注意や改善誓約をさせていれば、繰り返しがあれば証拠として解雇できます。何もせず、口頭で注意しただけでは、証拠になりませんので、必ず記録と本人の誓約を取っておけばこの先対応していくことで、直らなければ解雇も可能になります。

投稿日:2022/08/09 11:07 ID:QA-0117982

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「職業に貴賤なし」ですので、いかなる副業であってもその業種を理由に会社側から契約終了を勧められるというのは問題がございます。また、仮に副業を禁止されている場合でも、まずは注意をされて本人が副業を辞める事を促されるのが先決といえます。

但し、本件の場合ですと、勤務態度の面で問題があるようですので、そうであればそうした点について具体的に指摘されて早急に改善指導を行われる事が求められます。その上で、尚改善されない場合ですと、契約終了(解雇)を検討されてよいものといえるでしょう。

投稿日:2022/08/09 13:04 ID:QA-0117985

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
関連する資料
ハラスメント相談対応のポイント

ハラスメントは初動対応が大切です。ハラスメントの相談は、どのような流れで進むのか。相談開始場面と相談終了時のポイントをお伝えします

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード