企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

就業規則の休憩時間の表記の仕方について

弊社は自動休憩を設定しています。
各自、拘束時間に対して、休憩が取れる時間がバラバラな為、時間的に余裕がある時間に休憩を取得してもらうように自動休憩を勤怠のシステムで設定しています。

就業時間 午前8時30分~午後6時00分
6時間以上の拘束時間に対し、45分の休憩
8時間以上の拘束時間に対し、1時間の自動休憩
9時間30分以上の拘束時間に対し、1時間30分の自動休憩
12時間以上の拘束時間に対し、2時間の自動休憩
を設定しています。
その場合就業規則には、上記の様に拘束時間で明記して
構わないのでしょうか?

投稿日:2020/11/12 16:58 ID:QA-0098257

sachieさん
兵庫県/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法上での拘束時間に関わる就業規則上の必要記載事項につきましては、通常の労働時間制の場合ですと始業・終業時刻及び休憩時間が挙げられます。

その際、休憩時間につきましては、長さ、位置(時間帯)、与え方(一斉または個別)について示す事が求められます。

従いまして、文面のように休憩の位置が示されていない表記につきましては不十分となります。
少なくとも一般的な休憩取得の時間帯を明記される事が不可欠です。

投稿日:2020/11/12 20:50 ID:QA-0098263

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

勤怠システムの自動休憩設定と実態があっているのでしょうか。

6時間以上で45分というのは、6時間経過したら、45分休憩しなさいということですか。

そうであれば、8h以上は、8時間経過したら、15分休憩すればいいということになります。

実態を確認したうえで、明記してください。

投稿日:2020/11/13 14:43 ID:QA-0098279

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

始業終業「時刻」は、就業規則の絶対記載事項ながら、労働者のすきな時刻に出社し休憩時間をのぞく6時間経過後は、いつ退出してもよいとする、労働時間制にすることはできます(フレックスタイム制でないので、8時間経過後は時間外労働扱い)。

そうであっても、休憩時間の一斉付与の除外事業でないかぎり、労使協定を必要とします。協定締結を前提として、各自自由な時間帯で休憩をとることができると定めることとなります。また規定の時間を休憩しなかった場合は労働時間として扱うことも留意せねばなりません。就労時間の長さに応じみなして規定時間休んだ扱いにはできない、ということです。

投稿日:2020/11/13 21:28 ID:QA-0098282

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
労基法の休憩時間について
労基法の休憩時間について教えてください。 労働時間を6時間超えた場合に少なくとも45分の休憩とあります。 以下のような場合、休憩時間とみなされますか? 就業開始~終了まで8:45~19:15 休憩時間9:00~11:15までで 11:15~19:15までの8時間は休憩なしです。 6時間を超えず...
休憩時間について
いつもご回答ありがとうございます。 さて、休憩時間に関する質問です。 現在、勤務時間と休憩時間の変更を検討しており、以下のとおり考えています。    現在  8:30~17:00 7時間半    変更後 8:30~17:30 8時間    休憩時間はどちらも12:00~13:00 この際に、終業時...
休憩時間は一時間だけで良い?
お世話になります。 まずはじめに 弊社の勤務時間や休憩時間は以下のようになっております。 勤務時間:8:30~17:00 休憩時間:90分 ここで月に3~4回ほど夜勤があります。 その勤務時間ですが 勤務時間:13:30~翌日17:00~21:00 となっております。 この場合でも休憩時間...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 仕事の効率をアップさせる「昼寝」の活用と規定作成&運用
    仕事中に襲ってくる眠気と戦った経験を持つ人は、少なくないはず。睡眠不足は時に重大な事故を招くなど、決して侮ってはいけない問題です。短時間睡眠の研究が進むアメリカでは、昼寝によって作業効率の改善を図る企業が増加中。見直されつつある「昼寝の効用」をオフィスに導入するためには、どのような制度や環境が必要な...
  • 職場のモヤモヤ解決図鑑【第5回】 副業を認めたいのに就業規則に記載がない! 何から始めればいい?
    自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします! 第5回は「副業を認めたいのに就業規則に記載がない!」という人事のお悩みです。
  • 7. 人材派遣活用のノウハウ
    派遣スタッフを迎え入れ、気持ちよく働いてもらうために重要なのは、「派遣とは何か」を周囲の従業員が十分に理解していることだ。さらに、なぜ派遣を使う必要があるのかという会社の状況を関係する全従業員で共有しておくことは、職場の風通しの良さにもつながる。派遣スタッフが働きやすい職場は、自社の従業員にとっても...
あわせて読みたいキーワード
喫煙休憩
「喫煙休憩」とは、就業時間中に従業員が喫煙目的で席や持ち場を離れ、オフィスに設置された喫煙コーナーや戸外など、喫煙が許される場所まで移動して休憩をとることをいいます。受動喫煙防止をうたった健康増進法の施行(2003年)以来、社内禁煙・分煙の流れが強まり、喫煙者は肩身が狭い思いをしていますが、一方で多...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
休養室
「休養室」とは、職場で従業員が急に体調が悪くなった場合などに休ませたり、救急車が来るまで待機させたりすることを想定して、事業場に設置する施設のことです。労働安全衛生法が定める労働安全衛生規則および事務所衛生規則において、「事業者は、常時50人以上または常時女性30人以上の労働者を使用するときは、労働...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

テレワークに最適なWEBツール oVice 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...