企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14583件   回答数30983

70歳超える有期社員の無期転換申込と定年年齢

ご相談させていただきます。

この度、有期契約で10年勤務している者より、無期転換の申込がありました。
無期転換後を以下のとおり定めています。
① 無期転換した日が満60歳を超えているときであって、
  満65歳に満たない場合は満65歳に達した日をもって第二定年とする。
② 定年後の継続雇用期間が5年を超えた場合、有期雇用特別措置法の継続雇用の高齢者の特例に基づき
  無期雇用転換申込み権は発生しないものとする。
③ 満65歳を超えて無期転換した者については会社が個別に定年を定めるものとする。
④ 継続雇用の年齢の上限は原則として70歳とする。

現時点で70歳を超えているため、③により個別定年を定めることになりますが、
75歳を定年とし同意を得ようとした際に、
・同種の業務で有期雇用された者の過去最高年齢は75歳だったこと、
・上記④の上限を超え、既に無期社員より優遇されていること
・健康状況や業務内容の負担にようる企業判断
 は、合理的理由になりますでしょうか。

ご見解、ご意見をよろしくお願いいたします。

  • ゆきのりさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/08/06 12:04
  • ID:QA-0086040

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/08/07 14:44
  • ID:QA-0086069

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

③は問題があります。
定年というのは、文字どおり、あらかじめ年齢を定めておく必要があり、個別に定めるものではありません。

65歳以上の対象者がいるのであれば、
例えば、
65歳を超えて無期転換は定年70
70歳を超えて・・・・は定年75
などあらかじめ規定しておく必要があります。

本人に説明するとともに、就業規則を変更するということも必要です。
75であればある程度、合理性はあると思われます。

  • 投稿日:2019/08/09 09:39
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
③は定年と明記しましたが、個別の労働契約による合意(別段の定め)としたかったためです。
基本的には無期転換社員でも正社員でも、70歳定年に揃えたいという本音もあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/08/09 07:55
  • ID:QA-0086115

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

③に関してですが、定年年齢は全員一律でなければならないといった決まりは特にありません。

したがって、会社が独自に設定する事は可能ですが、従業員個々で定年年齢が異なるというのは、本人の同意があればともかく、やはり不公平感は拭いえません。

ただし、75歳定年で同意を得ようとする際の御社の企業判断には、十分合理性は認められるでしょう。

  • 投稿日:2019/08/09 09:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

無期転換者用の就業規則を制定した時点で、社員でも65歳が最長だったこと、該当者は有期契約で当時68歳だったことから、無期転換は申し込まないだろうと考えていました。
③の文言は、少なくとも個別合意に変更は必要ですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
無期契約社員の定年年齢引き下げ
現在、弊社の社員の定年年齢は60歳ですが、有期契約社員の定年年齢は65歳です。今回の有期契約社員の無期化に伴い、無期契約社員の定年年齢を社員と同じ60歳に引き下げることは可能でしょうか?本人にとっては、無期になる代わりに定年年齢が65歳から60歳に引き下がることとなります。
無期転換の特例の対象外対策
いつも参考にさせていただいております。 ここでも度々話題になっていますが、無期転換ルールの定年後の特例について、 「定年後に同一事業主または特殊関係事業主に引き続いて雇用されている期間」 のみが無期転換の対象外であり、以下のようなケースでは無期転換権が発生する。 ①60歳未満で有期雇用契約で働いて...
無期転換社員の定年について
既に他の方が同様の質問されていることかと思いますが、改めて質問をさせて頂きます。 現在弊社の状況として、正社員の定年は60歳まで、65歳までは嘱託として継続雇用をしております。 また、そこからさらに契約社員(パートタイマー)として原則70歳まで続けられるといった現状です。 この度、無期転換社員と...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

無期転換ルール
「無期転換ルール」とは、平成25年4月の労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で有期労働契約が5年を超えて反復更新されたときに、労働者からの申込みによって無期労働契約に転換されるルールのことです。例えば、契約期間が1年の場合は、5回目の更新後の1年間に無期転換の申込権が発生。契約期間が3...
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。
65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。