企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

車両事故を起こした場合の人事評価について

業務での運転中に事故を起こした場合、人事評価に反映させることは違法でしょうか?
(当社の人事評価の一項目には規律性という項目があります)

懲戒の場合と懲戒に該当しない場合の両方について教えていただきたいと思います。

※当社の就業規則では、重大事故を起こした場合は、懲戒の対象になる旨
 記載しております。

※事故を起こした場合、人事評価を下げる明確なルールはございません。

投稿日:2019/05/31 13:14 ID:QA-0084730

じんじまんさん
東京都/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、懲戒と人事評価は全く別の措置ですので、ある行為につきまして両方の措置を採られる事も差し支えございません。

そして、人事評価が本来特定の取り組みのみを対象とするものではなく様々な要素について総合的に実施されるべき性質のものであること、また業務運転中の事故も規律性に反するものといえることから、人事評価に反映させる事は問題がないものといえます。

投稿日:2019/05/31 18:09 ID:QA-0084744

相談者より

ご回答ありがとうございました。評価への反映の仕方については、規律性の項目が良いという意見と、悪いという意見もあり、工夫が必要な気がしました。

投稿日:2019/06/03 14:08 ID:QA-0084771大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

評価対象としない選択肢が賢明

▼就業規則に懲戒処分についての規定があれば、懲戒を課することには問題はありません。
▼人事評価制度自体は、直接、懲戒に関する定めではなく、所謂、「二重処罰の禁止」には該当しません。
▼規律性という評価項目は、業務中の車両事故にはそぐいません。適切な項目がなければ、一過性の事故でもあり、評価対象としない選択肢が賢明だと思います。

投稿日:2019/06/02 11:50 ID:QA-0084752

相談者より

ご回答ありがとうございました。一過性の事故の場合は評価の対象にしないほうが良いということは大変参考になりました。一方で適切な項目がある場合は、評価の対象でも良いような文面と受け取りましたが、具体的にどのような項目であれば、評価の対象としても問題ないか教えていただきたいと思います。お手数ですが、ご回答よろしくお願いします。

投稿日:2019/06/03 14:12 ID:QA-0084772大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

評価

二重懲罰ではなく、服務姿勢への評価の一例ですので、問題ありません。

投稿日:2019/06/03 11:16 ID:QA-0084758

相談者より

当社では服務姿勢について、とりわけ評価項目を設けておりません。「規律性」という項目が近いと思いますが、それで問題ないでしょうか?

投稿日:2019/06/03 14:14 ID:QA-0084773大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

懲戒と人事評価は全く別の措置

▼繰り返しますが、言い方を変えれば、法律違反をしていなかったら罰せられることがないのと同様に、就業規則に懲戒処分に規定がなされていないと、懲戒処分を行うことはできません。
▼人事評価規則は、評価事由は定められていますが、懲戒事由は定められていません。これは、懲戒と人事評価は全く別の措置であるから当然です。
▼依って、懲戒処分を受けたことを理由に、人事考課の目的とは関係なく、当然のように制裁的な人事考課動が行われるのは不当です。運転中事故と規律性は繋がりはありません。他の評価項目に就いても同じことです。

投稿日:2019/06/03 21:37 ID:QA-0084793

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2019/06/20 09:09 ID:QA-0085182大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則の懲戒規定について
いつもお世話になりありがとうございます。 就業規則の懲戒規定について、質問させていただきます。 現在の就業規則の懲戒規定は、懲戒の種類ごとに、それぞれの事由(種類に対応した軽微なものから、段階ごとに重いものまで)を設けているのですが、 今後、懲戒のすべての種類について、全ての事由を該当するように...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ハインリッヒの法則
「1件の重大な事故・災害の背後には、29件の軽微な事故・災害があり、その背景には300件の異常がある」という労働災害に対する経験則の一つ。アメリカの損害保険会社の技術・調査部に勤務していたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが、1929年に出版した論文の中で発表したことから「ハインリッヒの法則」と...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
中心化傾向
「中心化傾向」とは心理的偏向の一つであり、人事評価などにおいて評価結果が中央値に集中してしまう状況を言います。原因としては、「評価基準があいまい」「評価者が事なかれ主義である」「部下の業務内容やパフォーマンスをきちんと理解していない」などが挙げられます。中心化傾向に陥ると、被評価者は「頑張っても頑張...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。