企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

条件未達の方の保険加入について

雇用保険、社会保険ともに加入しているアルバイト社員の
勤務時間が半年前より減少し、月平均40時間程度で推移しております。

保険加入を継続するためには、条件を満たすように勤務いただくか、
保険喪失になる旨をお伝えしているのですが本人の加入継続意志が強く
保険喪失に納得いただけません。(なぜなのかは不明です…)

またWワークを行っているようなのですが、そちらも条件を満たしておらず
Wワーク先での保険加入も考えていないとのことです。

この場合、弊社で継続して保険に加入させておくことは問題ないのでしょうか。
回答のほどよろしくお願いいたします。

  • 0458229さん
  • 東京都
  • マーケティング・リサーチ・テレサービス
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/02/26 14:41
  • ID:QA-0082678

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/26 22:06
  • ID:QA-0082691

代表者

短時間労働者の社会保険加入条件は、法定事項

▼ 短時間労働者の社会保険加入条件は、法定事項です。本人の好き嫌いや納得性の問題ではありません。
▼ それにしても、現行、月平均40時間程度 = 週平均10時間程度となり、「1週間の勤務時間が20時間以上」が加入資格なので、 Wワーク先を主たる勤務先として加入するしか道はありません。
▼ それも厭だというなら、御社としては、打つ手はなく、加入停止の手続きをとるしか選択肢はありませんね。

  • 投稿日:2019/04/04 10:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

ご本人の希望で加入できるものではないと説明し、3月末で喪失で手続きすすめました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/27 09:31
  • ID:QA-0082692

人事・経営コンサルタント

対応

加入要件を満たさないにもかかわらず、社保に入れることはできないという法定事項を伝えるだけで、ここまで必要条件を示していますので、人事の職責は果たせています。
それで納得するしないは関係なく、それ以上ごねるようであれば、服務違反として厳しく指導するということです。個人の裁量でどうにかなる問題ではありません。

  • 投稿日:2019/04/04 10:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

ご本人の希望で加入できるものではないと説明し、3月末で喪失で手続きすすめました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/27 17:40
  • ID:QA-0082707

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、加入要件を満たさない従業員を引き続き加入させておくことは当然ながらコンプライアンス上問題といえます。

社会保険の被保険者資格加入及び喪失に関しましては、当人の希望によるものではなく加入要件に該当するか否かのみによって判断されるものですので、当人が拒否されても御社側で喪失届を提出されるべきです。勤務時間数減が御社事情で一方的に行われているものでない限り、当人に抗弁の余地はないものといえます。

  • 投稿日:2019/04/04 10:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

ご本人の希望で加入できるものではないと説明し、3月末で喪失で手続きすすめました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
健康保険 加入日について
健康保険の加入について質問です。 11/15に前会社を退職し、11/16付で当社に入社した社員がいるのですが、 自分で11/16~前会社の任意継続保険に加入していました。 「11月分は自分で保険料は払ってきたから12/16~会社の健康保険にいれてください」 と言われました。 通常なら11/16付で...
パートタイムの社会保険・雇用保険の加入資格
パートタイムの社会保険加入資格は一般社員の4分の3以上、雇用保険は週20時間以上ですが、それを下回る場合、加入できるのでしょうか?加入できないのでしょうか?
健康保険組合の加入について
現在政府管掌の健康保険に加入しています。組合保険に加入する方法を教えてください。 (加入条件、メリット、加入先など) ちなみにコンピュータの周辺機器を取り扱っている会社です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 通勤・業務における自動車管理の最新実態 ――マイカー通勤の許可条件、社有車に関する取り扱い
    公共交通機関が完備されていない地方の事業所や交替制勤務を行っている企業では、マイカー通勤に依存しているケースが少なくありません。そこで、『労政時報』ではマイカー通勤や業務上使用、社有車管理等の実態に関して「通勤と業務における自動車使用等の実態調査」を実施し、その結果をまとめました。
  • いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき 「年金一元化」の改正ポイント
    今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの改正点をピックアップしました。
  • どうする? 迫る社会保険の適用拡大
    パートタイマー白書や就職活動の意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査を考察。今回は「厚生年金・健康保険の適用拡大」について。厚生年金・健康保険への加入要件が「週30時間以上または年収130万円以上」から「週20時間以上または年収106万円以上」に引き下げられますが、パート・アルバ...

あわせて読みたいキーワード

労働保険
労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険の2つの保険をまとめた総称。前者は業務中や通勤途上の災害によるケガや病気に対する補償を、後者は失業した場合の給付などを行う制度です。
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...
106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...

定番のQ&Aをチェック

会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成
new

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築
new

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...