企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14073件   回答数29761

社員紹介制度・リファラル採用

社員紹介制度(リファラル採用)を取り入れる為、いろいろ調べているのですが、
下記についてどれが正解かわからないため、教えていただけますでしょうか??

就業規則、賃金規程に手当として明記する。
・ルールを周知して、報奨金として支払う。(規程変更まではしない。)
・労働の対価ではないので、手当や報奨金ではない。一時所得?

おそらく年に1人か2人出てくればいい方です。金額は5万円以内を想定しています。

実際に適用される人はほとんどいないと考えられるので
できれば、規程の変更は行わず、制度を社内で周知して
営業のインセンティブと同じような位置づけで支払いたいのですが、
いかがでしょうか??
よろしくお願いいたします。

  • 人事担当777さん
  • 大阪府
  • 商社(専門)
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/01/23 19:44
  • ID:QA-0081832

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/24 15:25
  • ID:QA-0081846

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

就業規則、賃金規程に手当として明記する必要があります。

規定化しないと、職業安定法40条(以下)違反となるおそれがあります。
「労働者の募集を行う者は、その被用者(労働者)で当該労働者の募集に従事するもの又は募集受託者に対し、賃金、給料その他これらに準ずるものを支払う場合を除き、報酬を与えてはならない。」

  • 投稿日:2019/02/06 10:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
規定化していない賃金を支払うのはダメなのでしょうか?? 支払いするものをすべて規定化すると労働者にプラスになることがすぐにできず、労働者にとってはマイナスと感じるのですが、どうでしょうか??

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/24 19:01
  • ID:QA-0081865

代表者

一時所得となり、規程に記載必要

▼ 本件は、Q&A事例でも、職安、労基署、国税の諸意見があり、クリアカットな回答は期待し辛い事案です。
▼ 詳細に立ち入るのは避けますが、弊職の個人意見は次の通りです。
① 日本でのリファラルは、推薦と情報提供を足して2で割った感触で、通常、褒章的金銭の授受を伴う。
② 但し、多額に亘ることは少なく、本質は、謝礼と言うべきもので、労働対価性はなく、褒章金とするのが分かり易い。
③ 然し、税法上、報奨金という所得項目はなく、一時所得に属する。
④ 一時所得には、特別控除額(最高50万円)の適用がある。
⑤ 適用機会が少ないからといって就業規則(賃金規程)に記載省略はできない。

  • 投稿日:2019/02/06 10:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
上と同じで規則に記載しないと支払えないというのは労働者にとってマイナスと感じるのですが、どうでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/24 21:21
  • ID:QA-0081873

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社員紹介に関わる報奨金につきましては、就業規則上に賃金(手当)として定められた上で実施される事が求められます。通常の業務でないとはいえ、会社の業務運営に直接かかわる内容である事からも労働の対価として取り扱う事が求められます。

そして、一種の賃金である以上、他の手当等と同様に税法上でも給与所得として取り扱われるべきものといえます。

  • 投稿日:2019/02/06 10:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
上と同じで就業規則(賃金規程)に規定していないものを支払った場合、労働者にプラスになっても何かしら法律違反になるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/25 10:17
  • ID:QA-0081892

人事・経営コンサルタント

規則明記

位置付けとしてはまさにインセンティブですが、給与である以上就業規則に明記が欠かせません。
また、金額も低いので問題なさそうですが、上限を決めないと、一人で何十人も紹介することも理論上可能では無いでしょうか。

  • 投稿日:2019/02/06 10:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
何十人という紹介があれば嬉しい限りです。
賃金規程に記載されていないものを支払うと何かしら法令違反になる可能性はありますでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/06 11:05
  • ID:QA-0082189

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「上と同じで就業規則(賃金規程)に規定していないものを支払った場合、労働者にプラスになっても何かしら法律違反になるのでしょうか?」
― 労働者にプラスになるとしましても、臨時突発的なものではなく制度として社内で周知して支払うとすれば労働条件としまして就業規則に明示されることが労働基準法で義務付けられています。従いまして、規定無では法令違反になりますので注意が必要です。

  • 投稿日:2019/02/07 22:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
たしかに85条に記載されていました。注意します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
社員紹介制度の報奨金の支払いについて
弊社では従来より社員紹介制度の報奨金として紹介した従業員に対し、報奨金を給与として支給しております。この扱いについて妥当かどうかご意見をいただきたくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 組織活性化制度の実際
    人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...