企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14452件   回答数30697

所属変更に伴う所定労働時間数及び年間休日数の取扱いについて

 いつも皆さんのご相談並びにご回答を拝見し、参考にさせて頂いております。

 さて、当社では現場製造職と事務間接部門とで、1日あたりの所定労働時間、年間休日が異なって
おります。(年間総労働時間はほぼ同じになるようにしています)

 現場製造職  7時間15分勤務 ×265日勤務(年間休日100日)=1921.25h
 事務間接部門 7時間50分勤務 ×245日勤務(年間休日120日)=1918.35h

 今回、新入社員について、3ヶ月の試用期間での様子を見て、最終的に配属先を決定することに
しました。そのため、入社後3ヶ月間は人事部預かりとし、事務間接部門の所定労働時間・休日を
適用、その後、現場に配属された者は、現場製造職の所定労働時間・休日を適用しています。

 この場合、現場製造職で定めた年間の所定労働時間数(トータルで30~35時間程度)、年間休日
(4~5日程度)とも超過してしまいます。

 ①所定労働時間の超過分を残業手当として支給、年間休日は98日に調整して合わす
                      (年度末までの公休日を一部出勤日として)
                      (週1日の休みを確保することを前提として)
   又は
 ②所定労働時間の超過分を勤務日数に換算し、年間休日の超過日数分と相殺する
   又は
 ③所定労働時間の超過分は無視をして、年間休日は98日に調整して合わす

 ①~③、又はその他、どのような方法が考えられるでしょうか?ご教示よろしくお願い致します。

  • カレンダーさん
  • 大阪府
  • 化学
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/11/21 12:28
  • ID:QA-0080560

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/21 18:12
  • ID:QA-0080583

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

製造部門と事務部門で所定労働時間が異なりますが、所定労働日数(休日)も異なり、年間労働時間はほぼ同じになっているとのことですので、途中、配転があったとしてもさほど不利益はないといえます。

ポインととしましては、就業規則に所定労働時間、労働日数の違い、配転があることが明記されていることです。

そして、雇用契約書に所定労働時間、労働日、休日について、試用期間後は、配属先の労働条件とするということを明記し、よく説明しておけば、調整は不要です。

  • 投稿日:2018/11/22 10:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

就業規則や雇用契約書等への明記とともに、本人への説明を丁寧に行い納得を得れば、問題となるほどの不利益にはならないということが分かりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/22 20:12
  • ID:QA-0080621

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社の現行制度の場合ですと、新入社員に限らず年度途中の異動によって年間所定労働時間も必然的に変わるものといえます。

つまり、配置転換や異動が全く予定されていないという事であればともかく、通常の場合配置転換等については就業規則に定められているはずですので、そうであれば労働契約の範囲内として不利益変更には該当せず、それ故敢えて調整される必要性はないものといえます。

  • 投稿日:2018/11/26 10:31
  • 相談者の評価:大変参考になった

配置転換や異動に伴い、必然的に変わるものであり、不利益変更には該当しないことを確認することができました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
長時間勤務時の代休取得について
休日に長時間勤務(所定時間を越える勤務)をし代休を与えた場合、割り増し分は当然払うのですが、所定時間を越えた基本賃金分はどう考えたらよいのでしょうか? 弊社では所定時間未満でも代休取得は可能にしていますが、所定時間を超えた場合も、割り増し以外は払っていません。
休日勤務の割増率について
いつもお世話になっております。 当社では、休日勤務は所定労働時間を8時間とし、就業時間(始・終業時間や休憩時間)については通常日(8時~17時まで)に準じて取り扱うとしています。 また、休日勤務の場合は割増率を一律とはせず、所定労働日と同様に所定勤務時間、所定勤務終了後に区別して異なる割増率を設...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
時短促進法
2006年3月末が期限の時限立法です。1992年、豊かでゆとりのある勤労者生活を実現するため、年間労働「1800時間」の達成を目指した政府計画とともに制定されました。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...