企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14347件   回答数30483

社内生産ラインにおける生産委託先の従業員の雇用契約について

弊社は、製造業として自社工場にて製品の生産を行っています。
社内の生産ラインは、委託契約に基づき構内外注として委託生産先の従業員(100%)で生産を行っています。
社内の生産ラインですので、委託生産先は、製品の組立、要員管理、生産進捗管理が中心ですが、工程の管理に関するノウハウが委託生産先に依存している課題を抱えており、社内構築を目的にこの生産ラインを以下の2パターンに変更した場合、偽装請負や従業員雇用上、問題はあるでしょうか。

①生産ラインの管理者は弊社従業員にし、委託生産先は要員管理のみ行ってもらう。
 つまり、委託生産という形から要員派遣の形になるイメージです。

②生産ラインに、弊社従業員と委託生産先の従業員が混成した形で生産する。(同じ作業を協業で行う)

アドバイスお願いいたします。

  • 投稿日:2018/11/08 14:19
  • ID:QA-0080286

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/08 20:28
  • ID:QA-0080302

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①のパターンの場合ですと、生産ラインと要員管理について各々の業務に関わる指揮命令系統が明確に分離されているようであれば、通常法的問題は生じないものと思われます。

一方、②のパターンは「同じ作業を協業で行う」ことからも指揮命令系統の完全分離は困難と思われますので、偽装請負とみられるリスクが高くなるものといえるでしょう。

但し、①②いずれにしましても、文面の情報内容で確答が出来る問題ではなく業務事情の詳細により判断されるべきですので、可能であれば労務問題に精通した近辺の弁護士または社労士に直接ご相談される事をお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/09 09:42
  • ID:QA-0080309

人事・経営コンサルタント

指揮命令

偽装派遣の見きわめで重要なのは貴社の指揮命令権です。①で要因管理を委託先が行うことで、指揮命令を直接下さないことが担保できるのであれば、問題ありません。ただし貴社社員ではない作業者への指示が無いよう、確実に運営する必要があります。工程管理ノウハウを蓄積するためであっても、作業現場に直接関与はできないことになります。
②も実態として直接指示をしていないことが重要ですが、混在ということで実質的に分離ができていなければ、偽装とみられる恐れが高いでしょう。形式の問題だけでなく、実質的な指揮命令をいかに明確に排除できるかが重要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パートの生産手当について
当社ではパートの休みが多いため、このたび、パートに生産稼働率100%達成したものには 毎月、「生産手当」を支給しようと考えております。 そこで質問なのですが、生産稼働率100%というのは20日稼働日数があった場合は、 160時間(8時間×20日)生産業務を行ったものに「生産手当」を支給するということ...
生産に寄与しない休日出勤
生産工場において、生産に寄与しない(クレーム処理など)休日出勤の場合、労使協定を結んで休日手当を小額(その人は1日3,000円と言っていました)に抑えることができると、聞いたのですが、自分で調べてもよくわかりませんでしたので、ご教授ねがいます。
24時間生産体制へ変更時の注意すべきこと
弊社の工場は、現在1シフト(8:30~17:05)で生産をしており、生産量増加の場合は時間外労働及び休日出勤で対応しています。 この状況が続く場合に「24時間操業」も視野に入れておくべきという社内の声も上がっております。 仮に24時間操業へ移行する場合の法的な手続きや注意点などがありましたらご教示い...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「働き方改革」推進に向けての実務(3)労働生産性の向上
    「量」から「質」へと評価軸を転換し、高い生産性を実現するための課題と取り組み例を紹介する。
  • 海外低価格製品に対抗する驚異の戦略 日本のものづくりは新時代へ
    日本のものづくりは、海外の低価格製品との競争により苦境に立たされています。そんな中、希望の星と熱い注目を集めているのが、自動車用・医療用金属パイプの加工を行う武州工業株式会社です。多くの製造業が生産拠点を海外にシフトさせる中、同社は自社製の設備や独自の生産システムを導入し、徹底的にコストを削減するこ...
  • 管理職が置かれた「現状」
    経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。

あわせて読みたいキーワード

従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」...
オフショアリング
自社で行われている業務プロセスの一部、またはすべてを海外の専門企業に移管・委託すること。
職場コンシェルジュ
「職場コンシェルジュ」とは、社内に常駐して従業員の周辺雑務などを支援するサービス全般を指し、大きく二つに分けられます。一つは、業務の中で発生する雑務を外部サービスに委託することで生産性の向上を目指すもの。もう一つは、平日にしかできない役所への問い合わせや、子どもの習い事のリサーチ、旅行の計画など、プ...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。