企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

試用期間中解雇可否。メンタル要因言及あり(社員側主張)

〇社員の一人より『適応障害により3か月自宅療養必要』との医師診断書を提出されました。
〇社員側の見解
    重労働及びマネージメントによるプレッシャー
〇会社側の見解
●現在試用期間中。11月末で終了。
●作業能率及び勤務態度が著しく不良で、一度、改善要求を出した状態
●改善要求を出した後、改善見込みがないので、いずれにしても解雇する予定であった
●就業規則を2か月前には共有済
●就業規則に以下の定義あり。

(解雇)労働者が次のいずれかに該当するときは、解雇することがある。
①勤務状況が著しく不良で、「懲戒」「減給」の後に改善の見込みがなく、労働者としての職責を果たし
得ないとき。
②精神又は身体の障害により業務に耐えられないとき。
③試用期間における作業能率又は勤務態度が著しく不良で、労働者として不適格
であると認められたとき。

●重労働か?
入社8月から10月の間に計39回(半日休暇、全日休暇合わせ)leaveを取得し、ほとんど貢献・労働できていない。
8月12回 → 入社当時から既に始まっている。転職自体が適応障害の原因だとしたら、会社としては辛い。
9月13回
10月14回
残業があっても、たかだか10時間程度/月 → 能力があれば効率よく仕事をし、残業などいらないはず
●マネージメントによるプレッシャーか?
仕事が雑、間違い多く、遅いので、顧客、社内他のメンバーに迷惑がかかっている。どうなっているかの問い合わせを頻繁に行った。これも能力があれば、この問い合わせも不要のはず。

●上記の状態で、
問1 解雇はできますでしょうか? (試用期間中の解雇に持っていきたい)
問2 できない場合、給与・保険等は会社として払わないといけないでしょうか?
問3 『マネージメントによるプレッシャー』を示す証拠提示を要求しても良いものでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日:2018/11/03 14:07 ID:QA-0080191

Jinji-jiroさん
東京都/通信

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面内容を拝見する限りですと、労務提供を果たしえないのは明白のようですので、試用期間満了に伴っての解雇が妥当と思われます。『マネージメントによるプレッシャー』につきましても、既に入社当時から欠勤が続いているとすれば信憑性は乏しいものと推察されますし、メンタル障害につきましても入社前から発生していた可能性が高いように感じられます。念の為、関係者への聞き取りと証拠提示は求められておかれるとよいでしょう。

但し、解雇問題につきましては現場での詳細事情を踏まえての判断が必要ですので、上記はあくまで参考として頂き、話がこじれそうであれば労務問題に精通した弁護士等の専門家に直接ご相談される事をお勧めいたします。

投稿日:2018/11/05 09:31 ID:QA-0080201

相談者より

大変参考になりました。ありがとうございます。

投稿日:2018/11/05 13:30 ID:QA-0080215大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

解雇

1.
試用期間中であっても、すでに採用後2週間過ぎていますので、通常解雇と同様のプロセスで進めます。
上記の経緯について、本人への指導内容や改善誓約がありませんが、本人はこれまでどうすると言っていたのでしょうか。会社の一方的通知では説得力が弱いので、本人面談結果と、その際に取った誓約書など、改善誓約と指導記録が揃っていれば、予告の上解雇で良いと思います。(法律ではなく)貴社就業規則での試用期間終了前に、早急な解雇を伝える必要があります。

2.
上記のように証拠が揃っていなければ、支払う責任があります。

3.
それより会社側の指導記録と本人理解確認の証拠が重要です。

投稿日:2018/11/05 12:08 ID:QA-0080214

相談者より

Performance Improvement Planという面談を実施、その中で業務上難ありを時系列で列挙。その改善誓約にサインをもらっております。これが証拠になるかと思っております。

投稿日:2018/11/05 13:34 ID:QA-0080216大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
試用期間の延長
弊社では新規採用にあたり3ヶ月の試用期間を設けております。今回、この試用期間中に病気により1ヶ月の休職をした社員がいるのですが、この社員の試用期間を病気により休業していた日数分だけ延長したいと思っておりますが、問題はありますでしょうか。 就業規則には「新たに採用した者について、3ヶ月間の試用期間で採...
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
解雇通知書の件
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
諭旨解雇
「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいいます。「諭旨」は、趣旨や理由を諭し告げるという意味。労働者の責によって生じた業務上の支障や損害について、使用者が強制的に...
退職勧奨
使用者が労働者に対して強制ではない退職の働きかけを行うことを指し、俗にいう「肩たたき」がこれに当たります。労働者が退職勧奨に応じると、労働契約上の「合意解約」となり、「解雇」にはあたりません。退職金の優遇や再就職先の斡旋など労働者側が勧奨に応じやすい条件を提示して行うのが一般的です。
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/07
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...