無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

休職届、試用期間延長通知について

弊社では、試用期間中にうつ病で近々休職予定の社員がおります。
弊社では、過去に休職した社員がおらず、社内では特に休職届、試用期間延長通知などはないのですが、書面で残しておいた方が良いのではと思うのですが、書面はなくても良いのでしょうか。

試用期間は、残り1か月なのですが試用期間の延長にもなります。
(試用期間を延長して休職に入る)
この場合、試用期間延長通知書も書面で、会社から出した方が宜しいのでしょうか。
ご教授頂けますと幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

投稿日:2018/03/29 11:23 ID:QA-0075792

林7iroさん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

証明

通知などを残すのは会社側の対応を証明するためのものです。それを省けば立証責任は会社側に来てしまいます。一般的に試用期間中に休職になるほどの状況で雇用継続は難しく、休職になる前に本人との話し合いをして問題を残さないようにするのが筋ですが、休職対応などしてあげるのは親切な対応だと思います。そうであっても無限責任を負うことが出来ない以上、経緯の記録はもちろん、あらゆる通知などはすべて文書化して保存する必要があります。

投稿日:2018/03/29 12:21 ID:QA-0075798

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした事実関係の記録は後のトラブルを防止する上でも大変重要な措置といえます。

従いまして、これらの届出書・通知書についても法的義務はないとはいえ、きちんと作成し保管しておかれるべきといえます。

投稿日:2018/03/29 13:42 ID:QA-0075803

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、休職規定を再度、確認してください。
試用期間中の者は休職の対象から除外するのが通常です。試用期間中は、労務提供が可能かどうかを判断する期間だからです。休職は解雇猶予措置ですから、そのまま本採用しないということになります。

その上で、休職を命じるようであれば、休職命令を書面で出します。

休職期間と試用期間延長期間にもよりますが、試用期間中に長期間の休職期間があるというのは違和感があります。

投稿日:2018/03/29 18:29 ID:QA-0075811

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
労働契約書

試用期間・賃金などの条件をを明記する労働契約書(雇用契約書)のサンプルです。テンプレートをダウンロードできます。

ダウンロード
関連する資料
「知らなかった」ではすまされない中途採用のトラブル&マナー面接のNG質問や確認モレを予防する

臨機応変な対応が求められることも多い中途採用。体系立った採用マニュアルやガイドラインがない企業も少なくありません。そのため、採用プロセスで思わぬトラブルが起きたり、面接官が悪気なくマナー違反を犯したりしてしまうことも。本資料はそうした事態を未然に防ぐポイントを、採用プロセスに沿って解説していきます。

産業医面談による休職命令について判例とともに解説

休職命令とは、従業員が何らかの理由で長期間就業ができない場合、企業が一定期間の休職を命じることです。近年はメンタル不調による休職が増加しており、従業員の心身の健康に配慮するための休職命令が多くを占めています。今回は休職命令の基礎知識や、産業医による「勧告」との関係についても解説します。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード