企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14491件   回答数30787

試用期間中の昇給について

お世話になります。
試用期間中の昇給につきまして、お伺いをいたしたく存じます。
3月に中途採用で採用した際の雇用労働契約書、労働条件通知書に於いて、「賃金改定」という欄に、「「有り」4月」と記入し、本人と契約を交わしているのですが、3月ですと、3ヶ月の試用期間中に賃金改定日がきてしまいます。この事についての但し書きとして、試用期間中は昇給しないとは、契約書にも給与規定にも何も明記しておりません。中途採用の者からすると、契約書にこのように明記されていた為、賃金改定(昇給)が4月にあるものと認識して、給与の提示にサインをしたということになりませんでしょうか?ネットで検索しますと、試用期間中の昇給はしてもしなくてもいいとされているようなのですが、社労士の方のご見解をお願い致します。

  • カサブランカさん
  • 東京都
  • 医薬品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/03/10 09:03
  • ID:QA-0075380

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 11:54
  • ID:QA-0075402

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、試用期間であっても、別途期間中の賃金改定に関する取扱いの明示が雇用契約書等においてされていない場合ですと、契約内容からも4月の賃金改定はされるのが妥当といえます。

但し、必ずしも賃金改定=昇給というわけではなく、改定に関わる査定の結果、賃金据え置きという判断に至る事もありえるはずです。試用期間中であればむしろそのような措置が当然とも考えられます。

従いまして、「昇給」という文言で契約書上明記されていなければ、上記の結果としまして昇給無の取扱いでも差し支えないものといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 13:22
  • ID:QA-0075411

代表者

法解釈問題ではなく、係争事例も見当らない。雇用時点で明確しておきたかった処

▼ 試用期間は、文字通り、適性、パーフォーマンスの観察期間なので、期中昇給はないとするのが妥当でしょう。
▼ 次に、晴れて、本採用ととなった時点で、昇給実施するか、次回の昇給時期まで待つかに就いては、選択肢が生じます。試用期間目的で、賃金を低く設定していた場合は、通常賃金への戻しは必要ですが、これは昇給とは、別の話です。
▼ 格別、法解釈問題ではなく、又、係争事例も少ないので、いづれにしても、できれば、雇用時点で、明確にしておきたかった処です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 14:36
  • ID:QA-0075422

人事・経営コンサルタント

賃金改定

雇い入れに際し、こうした該当時候は確認し契約に沿えるなどすることが必要ですが、それがないのであればあらためて説明をするべきでしょう。
一般的に試用期間3ヵ月で昇給はしませんので、「改定見直しそのものをしない」か「試用期間終了後に見直す」のどちらかになります。またこれまた一般的に3ヵ月で昇給に値する飛び抜けた働きがなければ「昇給」はありません。賃金改定であって、「今回は給与は変わらない」ということで行けます。
いずれにしてもこうしたきわめて重要な給与に関する部分は会社はうっかりでも、社員からは大きな親鸞既存になり、モラール低下につながりかねませんので、ぜひ重々押さえるようにして下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
労働契約書の賃金額の記載について
賃金が試用期間中は時給、試用期間後は月給となる場合 労働契約書の賃金欄は試用期間中の時給額を記載するだけで良いのでしょうか? それとも、試用期間中と試用期間後の金額を両方明記するのでしょうか?
試用期間について
いつも参考にさせていただいております。 早速ですが、試用期間について教えてください。 当社では試用期間を設けていますが、試用期間後の本契約を 上長が忘れてしまうことがあり、未契約の状況が発生するこ とがあります。会社にとっては大きなリスクのため、試用期 間を無くすことも考えていますが、試用期間を無く...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...