企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13331件   回答数27936

雇用形態ごとの有給休暇付与形式の区別の可否について

弊社は現在、正社員就業規則とパートタイマー就業規則を分けて運用しており、正社員・パート(今回は週5日、または週30h以上勤務者を想定)ともに有給休暇については入社半年後に10日付与という一般的な運用を行っています。また、有給休暇の計画的付与として年間5日間を一斉休暇日として会社カレンダーに設定しています。

今まで当社は正社員は新卒採用のみを行っていたことから、入社日が全員4/1だったので、入社半年後の10/1以降に一斉休暇日を設定しておけば全員有給休暇を使って休めていたのですが、今後は中途採用を行っていくこととなり、入社日が4/1に固定されなくなってしまいます。

それにより、入社日によって有給休暇が付与されていない時点で一斉休暇日を迎えてしまうと、欠勤扱いとするしかなく、当然給与から欠勤分の控除をしなくてはならなくなってしまいます。従業員の心情からすれば酷なので、分割付与によって入社日に5日付与しようと思っています。(加えて、勤務地が田舎のため、引っ越しを伴う人間が多いことが予想され、どうしても平日に役所に行きたいという人もいると思うので、地元に住んでいるパートさんよりも有給休暇を入社時点で付与してほしいというニーズが強いであろうことも理由の一つです)

一方、パート従業員に関しては、既存のパートタイマー就業規則に規定している入社半年後の10日付与を継続したいと思っています。(過去の実績から、入社数日で辞めてしまう人もおり、その人たちに5日分の有給休暇の取得を認めなければならないリスクが正社員よりも相当程度高いことから、できればそれは避けたい)

なお、パート従業員の入社日は4/1に固定されていないので、これから正社員に起こる問題がすでに起こっており、これに関しては休業補償という形で賃金の60%を支給しています。

そこで質問なのですが、上記を踏まえて正社員には分割付与、パートタイマ―には一括付与という取り決めをすることは可能でしょうか?

  • タイスケさん
  • 愛知県
  • その他メーカー
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/12/07 11:41
  • ID:QA-0073875

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/12/07 12:37
  • ID:QA-0073880

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年休付与に限らず、正社員とパートタイマーで異なる取扱いを定める事は、改正パートタイム労働法で定められていますように、職務内容が正社員と同一で人材活用の仕組み(人事異動等の有無や範囲)も正社員と同一であれば差別的取扱いとして認められません。

これに該当しない正社員とは業務内容等で扱いの異なるパートタイマーであれば可能ですので、通常のパートタイマーであれば原則異なる取扱いをされることでも差し支えございません。

  • 投稿日:2017/12/07 15:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

弊社は工業系の製造メーカーであり、工場勤務の正社員は管理・監督系の業務内容、パートは全員組み立てや加工などの業務内容となり、業務内容は明確に異なります。

この場合であれば、異なる取り扱いをしても問題ないという認識でよろしいのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/12/07 16:31
  • ID:QA-0073886

人事・経営コンサルタント

社員区分

法律上は正社員やパートといった区分は無く、有期契約か無期契約の社員ということになります。
同じ社員で同じ業務を行っているにもかかわらず給与で差を付けることを禁じているので、担当業務区分が明確で、契約も異なるのであれば問題はありません。

  • 投稿日:2017/12/07 18:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

先ほどご教示いただいた方にも追加で投稿させていただきましたが、当社の工場勤務の正社員は管理・監督系の業務内容、パートは全員組み立てや加工などの業務内容となり、業務内容は明確に異なります。

ということは今回の有給休暇の付与に関する対応は問題ないということですね。非常に参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/12/07 19:28
  • ID:QA-0073892

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、業務内容が明らかに違っていますので、正社員とパートタイマーで異なる扱いをされても差し支えございません。

  • 投稿日:2017/12/11 10:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

大変参考になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
有給一斉取得にかかわる初年度の有給休暇付与について
4月1日に入社した場合10月1日に有給を10日付与しています。 8月に一斉取得日として3日使用した場合、 ①10月1日の有給付与は、3日を差し引いて7日の付与でもいいのでしょうか。 ②この3日は特別休暇として取り扱い、10月1日は10日付与しないといけないのでしょうか。 ご教示いただきたくよろしくお...
有給休暇の一斉付与と法律通りの付与は併用できますか?
経理体制変更のため、有給休暇の付与を改めたく存じます。 以下についてご教示ください。 現在弊社では、4月1日を起算日とし有給休暇を付与しております。 2015年以前入社の社員はこのまま一斉付与、2016年以降入社の社員は入社日に応じて(1回目を入社の半年後、以降1年毎)付与とすることはできますでし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
    『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時呼び寄せ(4)駐在員が帰任または転任した...
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス ANAの研修力
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:10/01~10/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...