企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カイセイパートタイムロウドウホウ 改正パートタイム労働法

安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
(2007/8/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改正パートタイム労働法のケーススタディ

施行に先立ち企業のパート待遇改善が加速
正社員との待遇均衡を取れるかが焦点

「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」の一部を改正した同法。業務内容や業務に伴う責任、労働時間などが正社員と同程度の「正社員並みパート」に対し、賃金や処遇、教育訓練の実施、福利厚生などで正社員と差別せず平等な扱いをすることを、事業主に義務づけています。2006年の全国のパート労働者数は1205万人で、雇用者全体の22%を占めます。その内、正社員と同等の待遇となる対象者は4〜5%にとどまっていますが、対象外のパート労働者にも正社員と均衡した待遇を確保するよう企業に努力義務を課しました。

バブル崩壊後、正社員の削減策を講じた企業の多くは、賃金が安く雇用調整のしやすい非正社員の採用に力を入れていきました。こうした動きに伴い、正社員と非正社員の間に賃金や処遇の面で格差が生じたため、同法で人件費抑制のための非正社員雇用の増加に歯止めをかけようとしています。また、安易にパートを正社員代わりに使う例が後を絶たないことも背景にあります。均衡の取れた待遇が実現できれば、雇用形態の違いによる賃金などの不平等は回避できるとしています。

同法の施行に先立ち、流通やサービス業界を中心に、パート労働者の待遇を大幅に改善する企業が増えてきました。パート労働者の多くを正社員として雇用したり、賃金と契約期間、職能資格制度などで正社員とパートの区別をなくす仕組みを導入しています。これらの業界では景気回復に伴う人材不足が深刻化し、人材確保に苦戦しています。業務の面でパート労働者への依存度が高いため、同法による義務化の枠を超えて、待遇改善に踏み出す企業が増加しています。人件費は増えますが、競争力の強化には人材の確保と士気向上が不可欠との考えが浮き彫りとなっています。

主な例として、衣料品店のユニクロを展開するファーストリテイリングが約5000人のパート社員を2年かけて正社員化したほか、給食・カラオケ大手のシダックスでは給食作りを担当するパート500人を08年3月末までに正社員化するとしています。また、生活雑貨専門店のロフトは、パート社員を正社員と同様に無期契約で雇用し賃金制度も統一する方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...
短時間正社員制度
正社員でありながら、一週間の所定労働時間がフルタイム勤務より短い雇用形態を短時間正社員といいます。これを制度化することで、従来は育児や介護などさまざまな事情から仕事を続けられなかった人や就業の機会を得られなかった人でも、個々のライフスタイルに応じた多様な働き方が実現できると期待されています。

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
人事マネジメント「解体新書」第73回 多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”~その可能性と雇用管理のあり方について考える~(前編)
政府と経済界の中で、正社員・非正社員の中間的な雇用区分と位置付けられる「限定正社員」を導入しようとする動きが活発化している。多様な働き方が求められる現代にあって、職種や勤務地、労働時間を限定し、期間の定めを設けず雇用しようとする新たな雇用モデルは、これまでの正...
2014/08/18掲載人事マネジメント解体新書
あなどるなかれ。実は経験豊富な主婦パート
あなたの会社では自社のスタッフに何を求めているでしょうか。企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法を探ります。
2014/07/28掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するQ&A

正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
パートの労働時間
当社では他社と掛け持ちで働いているパートが数名います。 この人たちの契約時間ですが、他社と合わせて週40時間以内にすべきであるかなど気をつけないといけない点を教えて下さい。
アルバイトの正社員登用規定
当社ではすでにパートの正社員登用を行っておりますが、その規定をあらためて就業規則に明示することは義務付けられているのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...