企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12131件   回答数25117

メンタルヘルスで休職中の従業員の復職について

専門店チェーンを全国に展開している会社です。

昨年大学を卒業した社員がメンタルヘルスのため5カ月間休職しています。
要因は業務ではなく1人暮らしの孤独感からとのことでした。
(関西出身で関東の店舗に勤務、現在は実家で療養中)

当社は基本的に従業員10名弱の小規模な店舗を全国に展開しており、
全国への赴任を条件に学卒者を採用しています。
当該社員もそのことを充分に理解したうえで入社されたはずです。

この度、当該社員が実家の近くの店舗に勤務しながらの復職を希望してきました。
医師もそれならば復職可とのことです。

当該社員の事を考えればそれが最も良い事はよく分かっていますが、そのことを簡単に認めてしまうと他の
従業員に不満が生まれる可能性もあります。また、実家を離れ勤務することが可能になるのがいつになるのかもはっきりしません(期限を定めればいいでしょうか?)。

やはり、元職に復職することが原則であると思うのですが、いかがでしょうか?当該社員の希望に対して配慮しなければいけないでしょうか?

なお、当該社員の休職期間は6ヵ月であと1カ月で満了となります。

よろしくお願いします。

  • 投稿日:2017/08/21 13:05
  • ID:QA-0072027

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/21 16:28
  • ID:QA-0072031

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

配置転換が可能であれば、検討も必要ですが、会社として、配置転換の余地がなければ、従前の職場復帰が原則となります。

また、裁判例では、ほどなく従前の職務を通常に行うことができるといった場合には、復職を認めるのが相当であるとされています。

会社として、これを機会に勤務地限定社員制度を検討し、正社員と待遇に差をつければ、他の社員からの不満も生じないかもしれません。

  • 投稿日:2017/08/21 18:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/21 23:52
  • ID:QA-0072049

人事・経営コンサルタント

現実性

実家近くの店舗での勤務が現実的に可能かどうかでしょう。退職やローテーションなどでその該当店舗に配置することが可能であれば、配慮はあっても良いと思います。しかしそうした空きがないのに、無理に勤務地を変更することはできないでしょうから、配置転換は無理ということで本人に納得してもらうしかありません。ポジションも空もないのに実家近く勤務を求めることはできませんので、あくまで実態に即した対応しかできないことを説明し、それで無理であれば他に仕事がないことを丁寧に説明するようにすべきです。手間はかかりますが、正面から説明し、説得するのが基本であることをご留意下さい。

  • 投稿日:2017/08/22 08:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/22 11:13
  • ID:QA-0072089

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、メンタルヘルスという専門家でも判断が難しい案件ですし、詳細事情を知りえない当方で確答までは出来かねる件ご了承下さい、

その上で申し上げますと、実家近辺で復職可能という事であれば、一旦復職させて様子を見られてもよいでしょう。卒業間もない方ということで当該不調が一時的なものである可能性も考えられますし、早期に退職してもらうよりは徐々にならしていくという方法も合理性があるものといえます。

また医師の判断を受け精神的疾病である事が明確である以上個人的なわがままではないですし、健康配慮の観点から他の健常な従業員と異なる扱いをする場合がある事は当然ですので、不公平との批判は当てはまらないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/08/22 12:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
従業員数の記載について
いつもありがとうございます。 従業員数の記載について教えていただきたいのですが、  社員が3月31日付で退職する場合、その社員は 3月31日の社員数として含めるのか含めないのか 何か決まり事(慣習)はあるのでしょうか、 または会社が勝手に決めることでもいいのでしょうか。  お手数をおかけしますが...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...