企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

代休の取り方

お世話になります
社員が最近土日に出張するのですが、会社側から代休を取るように言ってもなかなか取りません。就業規則では1週間以内に代休を取るようにと記載されています。今までは日曜日の出張はしなかったのですが、今年に入ってからは頻繁に展示会の為と出勤しています。
2/25と26の休日出勤しており、2/25の代休を3/15PM(5H)と3/16AM(3H)で1日と計算して休暇届を提出しましたが、このような代休の取り方は出来るのでしょうか?
労働基準法では1日は暦の考え方とするとあるのですが、そうなると代休は2日となるのではないでしょうか?代休の考え方をきちんと社員に説明したいので、今回の相談となりました。
よろしくお願いします。

  • 投稿日:2017/03/01 10:07
  • ID:QA-0069478

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/03/01 11:11
  • ID:QA-0069480

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

代休について

従業員が代休を取らないということですが、
まず、代休の付与方法については以下、大きく3種類あります。
1.義務とする。
2.請求があれば付与する。
3.会社が判断する。
会社としては、どのスタンスを取るのか決めたうえで、規定化する必要があります。

また、代休については、取り方についても、会社で決めてかまいませんので、分割を認めるのであれば、かまいませんが、ここも規定化しておくことです。

  • 投稿日:2017/03/16 10:25
  • 相談者の評価:参考になった

回答を頂きありがとうございました。弊社の方針で、休日出勤扱いとせず代休を必ず取るよう、この社員には再度認識させたと聞きました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/01 11:56
  • ID:QA-0069482

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、原則として代休や休暇は暦日単位で取り扱うものになります。

従いまして、原則として分割取得を認める義務まではございません。

但し、代休に関しましては法律で定められた制度ではございませんので、当人側からの希望があれば文面のように分けて付与されることも差し支えはございません。

土日の勤務が多いようですので、職場事情も踏まえた上で当人と一度面談され、どのようにされるか御社自身の判断で決められるべき事柄といえます。

  • 投稿日:2017/03/16 10:26
  • 相談者の評価:参考になった

代休を取るよう再度社員に認識させたようです。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/02 00:00
  • ID:QA-0069488

人事・経営コンサルタント

就業規則

代休の考え方ではなく、貴社の就業規則が原点です。1日休日勤務を分割して取れる企業は少ないと思いますが、従業員にとってはメリットがありますので、就業規則等で定めるか、あるいは多くの企業のように認めないかを決める必要があります。

また「頻繁に展示会の為と出勤してい」るというのはどのような許可体制でしょうか?上長が判断したものであれば何ら問題はありません。責任は決裁者である上長です。
ただ展示会が日曜ではなく月曜なのに、自分の都合で勝手に休日出勤をするなどは本末転倒で、勝手に残業して残業手当を請求するのと同様に認めるべきではありません。

  • 投稿日:2017/03/16 10:28
  • 相談者の評価:参考になった

弊社の方針もあり、再度代休の認識を理解してもらったと聞きました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/02 16:58
  • ID:QA-0069506

社会保険労務士法人SRグループ 代表

ルールを明確にして周知徹底を

「代休」は休日出勤が発生した場合の代償として後日休日を与える制度ですが、法律上必ず与えなくてはならないものではありません。そのため会社の定めにしたがって取得をすることになりますが、御社規程上で半日単位や時間単位の取得を認めていればそのように運用されて問題はございませんし、逆に記載がないのであれば半日単位等での取得は認めなくても差し支えありません。
ただ、本来の「休日の代償」という趣旨からしますと、しっかりと体を休めることができるように1日単位の取得の方が望ましいでしょう。
とはいえ、「代休を取るように言ってもなかなか取りません」ということで、取りたくても時期的に忙しいために1日は休めないなどの事情もあるかと存じます。代休をなかなか取れない理由を確認の上、1週間という取得期日の延長や時間単位・半日単位での取得の許可など、代休制度の運用ルールについて再度ご検討の上、社員それぞれでの運用にならないよう、周知徹底されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/03/16 10:31
  • 相談者の評価:参考になった

再度会社の方針を社員に理解徹底してもらうべく、確認してもらったとの事です。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
代休の取得について
よろしくお願いいたします。 弊社では、休日に6時間以上勤務した場合には、代休が取れるようになっていますが、休日に4時間の勤務を2回して、合わせて8時間になるので、1日分の代休を取りたいとの申し出がありましので、代休を与えようと思いますが、何か問題があるのでしょうか?
代休について
いつもお世話になっております。 休日出勤をさせた際の『代休』の取扱いについて教えて頂きたく、 ご相談をさせていただきます。 休日出勤をさせた分の割増賃金は当然支払うのですが、 『代休』は必ず与えなければならないものなのでしょうか?
代休の先取りについて
代休についてご教示願います。 代休は「休日労働させた日の代わりに事後に与えられる休日」ですが、 休日出勤の前に代休を取ることは法律上問題でしょうか? よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • 月給制それとも年俸制?昇給制度や人事考課は?パート契約社員の最新実態を探る
    多様化する非正規社員――パートタイマーおよび契約社員の労働の状況や内容について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...