企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13198件   回答数27625

弁明とは

お世話になります
懲戒処分を検討している事案がありますが、弁明の機会に付いて質問があります
弁明とは
1、直接本人から聴取せず始末書をもって弁明とする
2、懲罰委員会に組合が出席する場合に、その出席する組合執行部が聞き取りしたことを発現させ弁明とする
3、直接本人から弁明を聞く必要がある
4、その他
基準がはっきりせずどの程度の弁明の機会を与えれば良いのかご教授ください

  • 青ふくろうさん
  • 滋賀県
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2015/10/28 12:43
  • ID:QA-0064024

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/10/28 14:10
  • ID:QA-0064025

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

懲戒処分の弁明について

結論は3、です。

懲戒委員会は、公正な処分を下すためにありますので、その場で、
弁明の機会を与えることになります。

なお、懲罰委員会の役割等については、会社で決定することになりますので、
構成メンバーや、役割として、社長からの諮問機関として事情聴取、弁明聴取までなのか、懲戒処分まで決定するのか等を懲戒委員会規程として作成しておくことをお勧めします。

また、始末書を書かせること自体が、通常は、戒告、けん責等の懲戒処分となりますので、始末書を書かせる前に、弁明の機会を与えるべきです。

  • 投稿日:2015/10/30 14:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます
懲罰委員会の内容を検討する必要がありそうです

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/10/28 20:55
  • ID:QA-0064026

代表者

「本人が、直接行う」ことが必要

▼ 懲戒処分に関しては次の六つの原則があります。① 罪刑法定主義の原則・② 一事不再理の原則・③ 不遡及の原則・④ 平等取り扱いの原則・⑤ 相当性の原則、そして、⑥ 「適正手続きの原則」です。
▼ 最後の原則では、「本人に弁明の機会を与える」ことが必須条件です。「弁明」とは、「自分の行動の持つ意味を、相手に説明し、理解してもらい、明らかにする」ことですので、当然、「本人が、直接行う」ことが必要です。

  • 投稿日:2015/10/30 14:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありががとうございます
相当性というのが難しそうですね

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/10/29 18:02
  • ID:QA-0064035

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件につきましては特に法令上定めは見られません。

従いまして、弁明の形式よりは内容に留意して行われる事が重要になります。

具体的には、始末書であれ組合の聞き取りであれ或は本人からの直接聴取であれ、弁明内容が本人の自由意思で示されたものである事が重要といえます。

そうなりますと、やはり本人からの直接聴取が最も信憑性が高いといえるでしょう。加えまして、こうした弁明に関しましては後のトラブルを招かないよう必ず文書で記録を残し当人の署名捺印を求めておかれる事が不可欠です。

  • 投稿日:2015/10/30 14:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます
弁明の機会を与えない場合は懲罰を下しても効果がないということなのでしょうか

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/10/30 19:22
  • ID:QA-0064050

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「弁明の機会を与えない場合は懲罰を下しても効果がないということなのでしょうか」
― 先の回答でそのような事柄は申し上げておりませんが、当然ながら弁明の機会を与えない事自体が不適切です。当人の弁明を聴かれて新たな事実が明らかになる可能性もございますので、当人が自由に意思表明出来るよう機会を与える事は後のトラブル発生を回避し懲戒措置を正当化する上でも最重要事項といえます。

  • 投稿日:2015/11/02 11:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

丁寧な回答ありがとうございます
今後の参考とさせていただきます

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
懲戒委員会に係る処分対象者が弁明にきた際の旅費について
初めて投稿させていただきます。 当社において、懲戒処分に該当する事案が発生し、処分対象者に対して 出頭または口頭による弁明の機会を設けました。 その際に該当者が懲戒委員会に出頭したきた際には、 該当者に対して出張旅費のようなものを支給しなければ ならないものなのでしょうか? 当社の規程上では「弁...
衛生委員会について
衛生委員会ですが、委員会の出席者に衛生管理者を必ず含める必要はあるのでしょうか?
障害者雇入れ計画作成命令の弁明書
いつも相談掲示板を拝読し、勉強させていただいております。 ありがとうございます。 さて、当社は障害者雇入れ計画(3ヶ年)の終期において雇用率未満だったため、 雇用指導官より「弁明の機会の付与通知書」が送られてきました。 予定される不利益処分の内容としては「障害者雇入れ計画作成命令」です。 この弁...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...