企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14821件   回答数31698

男女の制度の相違について

女性活用のために、なんらかの制度を新設しよう考えております。

最近、新聞等で「女性社員には、保育園費用として月5万円支給」とか、「男性社員が育児休暇を取得する場合には、2週間まで有給とする」等の制度をよく見かけます。

「女性には費用補助をするが、男性には補助なし」「男性は有給だけど、女性は無給」などの規程は、均等法上問題ないのでしょうか。

よろしくお願いします。

  • *****さん
  • 神奈川県
  • 化粧品
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2006/10/12 09:56
  • ID:QA-0006329

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/10/12 10:57
  • ID:QA-0006330

国際メンタリング&コーチングセンター 代表、株式会社スマートビジョン 代表取締役

男女の制度の相違について

女性社員にだけ、保育園費用支給するとなると、母親が社員として働いていないと支給されないとなり、男性社員には逆差別と言う印象を与えることになります。来年の4月施行の改正版男女雇用機会均等法では、これが難しくなります。これに反する事例には、是正措置が出動され、過料(罰金)の支払いが発生する可能性もあります。母親、父親の区別なく子供の保育園用の支給とするのが、これからの考え方です。
 厚生労働省が推進する女性活用施策として、ポジティブ・アクションの運動があります。この中で報告されているのは、職場の意識改革(上司と当人両方)、女性社員の職場拡大、女性幹部の育成へのメンター(先輩格の経験者)の活用が効果があるとされています。社内メンターを育成し、女性の活性化を図ることです。このためには、メンターになることのすばらしさを知り、女性社員の活動に積極的に協力する人を増やすことに力を入れるべきではないでしょうか?
 このためには、メンター研修を実施することが、一番早道です。メンターになるための考え方、指導・支援のスキルを集大成したのが、メンタリングと呼ばれていますが、これに興味お持ちであれば、改訂版「メンタリング・バイブル」を当国際メンタリング&コーチングセンターで発行しておりますので、参考にして下さい。メンタリングに関する一般公開講座、社内研修、参考図書の入手等何でも、ご相談をお待ちしております。
 同じ予算を女性活用の目的に有効活用するのであれば、一時的な支給金より、積極的な女性を職場で如何に支援出来る環境にする方が、後々感謝されるのではないと考えますが、如何ですか?

  • 投稿日:2006/10/13 17:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただき、ありがとうございました。
当社は、メンター制を既に導入済みで、現在、他の金銭的な制度を模索中です。

再度、確認させていただきたいのですが、均等法が改正された後は、「育児休暇は、男性についてのみ有給」「育児補助金は、女性のみ支給」というのは、法律違反になってしまい、そのような制度を持っている企業は、制度を変更しなければならないということでよろしいでしょうか。

お手数をおかけいたしますが、ご回答いただけますよう、よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/10/13 18:22
  • ID:QA-0006353

国際メンタリング&コーチングセンター 代表、株式会社スマートビジョン 代表取締役

男女の制度の相違について

 現在の均等法では、基本的には女性に対する差別的扱いを禁止してます。もし、これに違反しても、罰則の規定がありませんでした。来年4月から施行の改正法にて、男女双方に対する差別的扱いを禁止してます。従い、女性社員だけの支給になると、何故、女性社員だけ、保育園の補助が支給されるのかと言うことになります。また、過料(罰則、最大20万円程度)及び適切な対応をとらない企業名を公表する規定が追加になったので、実効性が高まり、要注意となると言うことです。詳細は、ホームページ上のE政府の掲示版からも見ることが出来、その概要を示すパンフもダウンロード出来ます。
 もし、女性の活性化を目的とするのであれば、目標管理の中で、メンターの役割に熱心な方をキチンと評価し、給与に反映させる方法があります。また、現在のメンター制は、軌道に乗ってますか? この制度で効果を引出すための支援に予算を当てることが本来の女性の活性化には、非常に有効と考えます。
 保育園費用の補助は、女性の活性化と言うより、少子化対策的発想に感じられます。
 ご参考まで。

  • 投稿日:2006/10/13 18:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
私傷病休暇制度新設
現在、弊社は有給休暇を入社初年度において、最大14日間付与しております。2~3年目も同様です。尚取得率は約7割です。最近、私傷病休暇制度がないのは、おかしいと言う指摘が社員からあり、少し調べましたら、結構な会社がこの制度をもっているようです。そこで質問なのですが、有給休暇が余っている事を鑑みて、私傷...
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...
オールド・ボーイズ・ネットワーク
伝統的に男性中心社会であった企業コミュニティーには、それぞれの組織内で培われてきた独特の文化や雰囲気、しきたりがありますが、それらは決して明文化されることなく、マジョリティーである男性メンバーの間で暗黙のうちに築かれ、共有、伝承されているのが普通です。この排他的で非公式な人間関係や組織構造を指して...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...