企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】メンタリング メンタリング

「メンタリング」(mentoring)とは人材育成の手法の一つで、「メンター」(mentor)と呼ばれる経験豊かな年長者が、組織内の若年者や未熟練者と定期的・継続的に交流し、対話や助言によって本人の自発的な成長を支援することをいいます。メンターは「師匠、信頼のおける助言者」の意味。古代ギリシアの叙事詩『オデュセイア』に登場する老賢者メントールの名が語源です。またメンターの対の言葉として、メンターから指導・支援を受ける人材を「メンティー」(mentee)と呼びます。
(2010/11/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンタリングのケーススタディ

“何でも気軽に相談できる先輩”を制度化
キャリア開発だけでなく人間的成長も支援

メンタリングの発祥は米国の地域コミュニティで、青少年を薬物やアルコールの害から守るために始められたのがきっかけと言われています。約30年前からは、人材育成における効果が認められ、企業に取り入れられるようになりました。実際、米国で成功した経営者のなかには、メンターの導きによって自分の能力やキャリアが高められ、現在の地位を築くことができたと語る人が少なくありません。

ここへきて日本でも、キャリアの浅い若手社員の成長を促すために、特定の先輩社員をメンターとして任命し、指導役・相談相手に充てる「メンタリング制度」を導入する企業が増えてきました。その先駆者ともいえるのが、「メンタリング」という言葉がまだ一般的ではなかった2002年から同制度を活用する住友スリーエムです。当初は、キャリア形成に悩む女性社員のために実施していましたが、その後、段階的に対象を拡大。07年からは入社1、2年目の社員に3〜7年目の比較的若い先輩社員を、3年目から管理職クラスの社員には部長クラスをメンターとして割り当てるしくみに改めました。

「先輩が後輩を指導する」――それなら、通常のOJTなどとどう違うのかという疑問も湧くでしょう。OJTがスキルやノウハウの継承を主な目的とするのに対し、メンタリングの役割はそうした仕事面の指導にとどまりません。

米国の心理学者クラムはメンタリングの機能を体系化し、大きく2つに分けました。第一に挙げられるのが「キャリア的機能」。メンターはメンティーに活躍の場を与え、専門技能を授けたり、トラブルに直面したときには一緒に解決策を考えたりして、メンティーの昇進・昇格を後押しします。OJTも、いわゆるコーチングもキャリア開発支援を実現する手法の一つとして位置づけられるわけです。さらに第二の機能として重要視されるのが「社会的・心理的機能」。メンターには、自らが模範となって社会人としての心構えを示したり、キャリア全般に関する助言や、ときには仕事以外の悩みの相談にも乗ったりするなど、メンティーの精神面を支える働きかけが求められます。キャリア開発への支援だけでなく、メンティーの人間的成長に資する支援を含むのがメンタリングの大きな特徴なのです。

そのためメンタリングでは、指示・命令によらず、助言や対話による本人の“気づき”や自主的な学びが尊重されます。またメンティーが気軽に相談できるように、メンターには評価者である直属の上司よりも、ラインの異なる上司や同部署でも役職にない先輩社員を優先して充てるのが、このメンタリング制度の通例です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

メンター制度
業務だけに限定せず精神面でのサポートも行う「メンター制度」は、人材育成はもとより、社員の定着率の向上に貢献する制度です。近年、多様な人材の雇用が進むなかで浮上している、チームワークや組織風土における課題を解決する糸口としても注目されています。ここでは、メンター制度のメリット・デメリットの理解を深める...
リバースメンタリング
「リバースメンタリング」とは、逆メンター制度ともいわれ、上司や先輩社員がメンター=相談役になって若手をサポートする通常のメンタリングに対し、部下が上司に助言する逆方向(リバース)の支援活動のしくみを指します。チームリーダーや管理職などの中堅・ベテラン社員が、若い世代の気持ちを理解して適切かつ柔軟な...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第110回 部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編) 新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が求められ、新入社員の育成・定着に手が回らない企業も多い。そうした中、現場に配属された新入社員を職場全...
2017/12/28掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第109回 若手社員のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(前編) “人を育てる組織”をどう実現するのか
「メンター制度」を導入することで、若手社員の定着・育成を図ろうとする企業は多い。さらには、メンター制度を運用していく中で、新入社員の定着・育成だけでなく、「メンター」としての先輩若手社員の成長にもつなげようとする企業が増えている。職場全体で人を育てていこうとす...
2017/12/22掲載人事マネジメント解体新書
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 部署や年齢、性別も超えて役員をロールモデルに―― あいおいニッセイ同和損保に学ぶ「女性管理職の育成」とは
周囲に女性の活躍モデルがないのなら、経験ある男性に学べばいい――あいおいニッセイ同和損保は、女性の管理職や経営幹部の輩出に向けて、男性役員と女性管理職がペアを組むユニークな「メンター制度」を導入するなど、先進的な取り組みを行っています。同社人事部ダイバーシティ...
2013/09/30掲載となりの人事部

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...