企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リバースメンタリング リバースメンタリング

「リバースメンタリング」とは、逆メンター制度ともいわれ、上司や先輩社員がメンター=相談役になって若手をサポートする通常のメンタリングに対し、部下が上司に助言する逆方向(リバース)の支援活動のしくみを指します。チームリーダーや管理職などの中堅・ベテラン社員が、若い世代の気持ちを理解して適切かつ柔軟な対応がとれるよう、直属の部下ではない若手社員をメンターに起用することで上司としての成長を促します。
(2012/10/5掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リバースメンタリングのケーススタディ

逆メンターで“上司力”をアップ
部下のホンネや若手の感度に学ぶ

近年、社員の自主的・自律的な成長を促進する目的で社内メンターを制度化する企業が増えてきましたが、P&Gや米ゼネラル・エレクトリック(GE)、米シスコシステムズなど一部の先進企業ではさらに踏み込んだ取り組みとして、上司が部下に、ベテランが若手に学ぶ「リバースメンタリング」を活用しています。

リバースメンタリングは、上述したとおり、管理職など次代のリーダーを育成するための施策です。組織では、より上位の役職に就けば就くほど部下に顔色をうかがわれ、現場からは耳ざわりのいい話しか上がってこなくなることがよくあります。しかし部下の“ホンネ”を知り、彼らの心を掴んだ上で適切な対応をとらなければ、メンバーの意欲と能力を最大限に引き出してチームの成果を高めるという、リーダーとしての使命を果たすことはできません。いわゆる“上司力”が求められるゆえんです。そうした必要不可欠のマネジメントスキルを養うプロセスとして、リバースメンタリングは極めて有効であると考えられています。

約20年前からメンター制度を導入し、社員の半数以上がメンターあるいはメンティの経験を持つP&Gでは、管理職がメンティに回り、自分より社内資格で数ランク下の社員から助言やサポートを受けるというリバースメンタリングのしくみが実践されています。メンティの直属の部下以外で、部下と同年代もしくは部下と同じような状況下にある若手社員がメンターとして起用されます。具体的に部下が上司に何を助言するのかというと、女性社員が多い企業だけに、例えば「仕事と育児の両立に関する部下のホンネ」がよく話題に上るそうです。役員・管理職世代と若手世代とでは、それぞれの育児期の時代環境が違いますし、キャリアに対する考え方や人生観にも世代間ギャップが少なくありません。満足のいく保育所を見つけることの難しさ、子どもが病気になったときに仕事か看護かで激しく迷う胸中――部下世代の生活実態やリアルな悩みなどをメンターから直接リサーチするといった、立場や世代を超えた交流が管理職に大きな示唆をもたらすのです。

一方、同じリバースメンタリングでもGEでは、ベテランが若い世代から彼らに特有の知恵やスキルを学んでいます。幹部や上級管理職も最新のIT技術を使いこなせるよう、社内の若手技術者を指導役に起用して、研修を行うのです。それはめまぐるしく変化するビジネス現場からの、貴重なフィードバックの機会でもあります。世界市場のスピードとトレンドに対応できる若い世代ならではの感度を、リーダーが組織として活かさなければ、グローバル競争には勝ち残れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

メンター制度
業務だけに限定せず精神面でのサポートも行う「メンター制度」は、人材育成はもとより、社員の定着率の向上に貢献する制度です。近年、多様な人材の雇用が進むなかで浮上している、チームワークや組織風土における課題を解決する糸口としても注目されています。ここでは、メンター制度のメリット・デメリットの理解を深める...
メンタリング
「メンタリング」(mentoring)とは人材育成の手法の一つで、「メンター」(mentor)と呼ばれる経験豊かな年長者が、組織内の若年者や未熟練者と定期的・継続的に交流し、対話や助言によって本人の自発的な成長を支援することをいいます。メンターは「師匠、信頼のおける助言者」の意味。古代ギリシアの叙...
1on1ミーティング
「1on1」とは、上司と部下が1対1で定期的に行うミーティングのこと。米国シリコンバレーでも“1on1 meeting”は文化として根付いており、人材育成の手法として今、世界的に注目を集めています。部下は上司に仕事で経験したことや悩みなどを伝えて内省し、上司は部下が成長するようにアドバイスを与え、気...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第110回 部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編) 新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が求められ、新入社員の育成・定着に手が回らない企業も多い。そうした中、現場に配属された新入社員を職場全...
2017/12/28掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第109回 若手社員のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(前編) “人を育てる組織”をどう実現するのか
「メンター制度」を導入することで、若手社員の定着・育成を図ろうとする企業は多い。さらには、メンター制度を運用していく中で、新入社員の定着・育成だけでなく、「メンター」としての先輩若手社員の成長にもつなげようとする企業が増えている。職場全体で人を育てていこうとす...
2017/12/22掲載人事マネジメント解体新書
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事

関連するQ&A

メンター制度における守秘義務に関する誓約書の有無について
当社でも今年からメンター制度を導入し、 メンターの育成能力向上やメンティの退職防止等を目指しています。 タイトルの件、メンター制度導入マニュアルにも記載があるように守秘義務を ルール化したいのですが、その際に守秘義務に関する誓約書をメンターに書かせることは 必要でしょうか?また、書かせている企業の...
メンタリング研修におけるアセスメントシートについて
メンタリング制度を設けているのですが、メンターとメンティのマッチング精度を上げるために、事前にメンティからアセスメントシートを提出してもらおうと考えています。 どのような内容が適切でしょうか。 業種:ソフトウェア開発・情報処理サービス
人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...