無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

安全管理者と役職者

安全管理者が平社員でその上司(係長や課長)が安全担当者の場合、指揮命令関係が逆転してしまうことがあり、人間関係に支障をきたしております。解決方法はありますか。

投稿日:2020/02/27 14:59 ID:QA-0090877

安衛60くんさん
長野県/鉄鋼・金属製品・非鉄金属

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常であれば当然上司を安全管理者に指名されるべきといえます。

恐らくは選任資格の事情でこうなられたものと思われますが、そうであれば下位の安全担当者については別の一般社員に依頼すればよいでしょう。人員の関係でそれも困難という事でしたら、例えば、法的義務が無いことから決まった安全担当者を置かないという選択肢もございます。或いは、通常業務とは全く異なる業務であることからも、上司へは必要な依頼等には誠実に応じるよう、安全管理者には丁重な応対に心がけるよう指導されるという事も考えられます。

いずれにしましても、状況に応じて千差万別のやり方がございますし、会社としまして双方が余程の曲者的人物でもない限り解決困難な問題とは言い難いですので、人事担当等の責任部署がしっかりと対応されるべきです。

投稿日:2020/02/27 20:34 ID:QA-0090897

相談者より

ありがとうございました。
追加で質問ですが、安全管理者(平社員)と安全担当になっていない上司(係長、課長)で、ときに、安全管理者の方が上であるようなことで、もめますが。こちらはいかがでしょうか。

投稿日:2020/02/28 10:02 ID:QA-0090913大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

責任部門トップの直属化

▼問題の次元自体は低レベルですが、放置すると、企業の存立が脅かされかねない事項です。
▼従い、安全担当の実務担当者は、安全管理者業務に関しては、最低限でも、管理部門長(組織の大小による)の直轄所属とするのが推薦選択肢です。

投稿日:2020/02/27 21:27 ID:QA-0090901

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/02/28 10:02 ID:QA-0090914大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、先の回答の通り状況に応じまして対応は様々ですので、当人達へしっかり指導される等担当部署で責任をもって対応されるべきです。

投稿日:2020/02/28 11:51 ID:QA-0090923

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート