企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15690件   回答数34069

障害者研修について

こんばんは。

早速ですがご質問です。

弊社では、障害者雇用を積極的に行っており、法改正があってから
一般企業の従業員に対する障害者雇用率2.0%を上回っている状態です。

その中で、現在データ入力業務を行わせている方がおります。
障害は、【四肢体幹機能障害】です。
※入力にあたっては問題なく健常者と同じよう字も書けるし、タイピングも可能。

業務に入ってからすでに1年がたっておりますが、未だにミスも多く業務研修も
しっかりと行っておりますが、まったく研修も実にならず現場の教育担当も
困っている段階です。

このままでは、一生練習のみさせる形になってしまう可能性すら御座います。

せっかくなら、本番の入力業務を行い【仕事が楽しい】と思ってもらえるように
させたいのですがどうにもこうにも上手く行かないのが現状です。

何か良い案は御座いませんでしょうか。

■返答要望
①研修方法について
②接し方について


以上。
上記の2点についてお答え頂きますようお願い致します。

  • *****さん
  • 沖縄県
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2014/03/04 19:02
  • ID:QA-0057980
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/04 22:57
  • ID:QA-0057990

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当該社員のスキル及び業務遂行の詳細状況が分からなければ適切な対応は困難といえます。従いまして、掲示板上での相談で確答は出来かねます件ご了承下さい。

その上で申し上げられる事柄についてお答えいたしますと‥

①:文面を拝見する限りでは、入力業務に関しまして健常者と同様の作業が可能という事ですので、上達しないのは何らかの理由で研修内容を理解出来ない状況にあるか、それとも現行業務または処遇に関して不満でやる気が生じないかといったところでしょう。従いまして、まずは当人と面談を行い、現状を当人がどのように捉えているか、そして悩みや不満を抱えていないかについて確かめる事が必要といえます。出来れば気軽に話せるような雰囲気で、直属の上司等ではなく先入観を持っていない方が行われるとよいでしょう。原因が分かれば、的を得た対応も出来るはずです。

②:接し方ですが、主治医や産業医等に確認して障害に関してどのような不便があるかを正しく理解する事が不可欠です。一見問題ないように見えましても、障害者本人に取りましては大変苦労している事柄も無いとは限りません。そうすれば、障害に無神経な対応をしたり、逆に腫れ物扱いといった過剰対応をしたりする事も無くなるはずです。

ちなみに会社内で対応が困難の場合には、都道府県に設けられている地域障害者職業センターへご相談される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2014/03/05 08:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難う御座います。
大変、参考になりました。

まずは、面談を行ってみます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/04 23:24
  • ID:QA-0057992

人事・経営コンサルタント

研修の効果

対象者が障害者であっても健常者であっても、研修の目的に違いはないと考えます。つまり対象者の意欲や能力がその成果につながる点で、差はないという意味です。本件におきましても、障害の有無とは別に、該当社員が意欲を失っている可能性もあります。それが個人的考えによるものか、別の理由によるものかはここで判断は不可能ですが、問題社員への対応はすべからく対話が基本になります。話し合いと目標設定・改善の意欲の確認を続け、それでも改善が見られなければ、現状は変わらない可能性もあります。このように一般の問題社員と変わらない対応で接せられてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2014/03/05 08:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返事、有難う御座います。

凄く参考になりました。

まずは、面談を実施致します。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
障害者雇用
平成22年4月より改正されると聞きました。 概要を教えてもらえませんか。
業務委託者への研修
業務委託契約を結ぶ会社の指導者に対して業務研修を行いたいと思っておりますが、業務委託中に研修することは可能でしょうか? 事前に出向社員として受け入れて研修を行い、その後その会社と業務委託契約を結ぶことも検討しております。 よい方法があれば教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...