企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15102件   回答数32484

休職期間について

いつもお世話になっております。
就業規則の休職期間についてお伺いいたします。
休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。
(多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが)
また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?

  • 総務部さん
  • 大阪府
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/04/09 13:29
  • ID:QA-0049089

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/09 14:17
  • ID:QA-0049090

代表者

欠勤期間と休職期間を 「 同時設定 」する事例が多い

|※| 私傷病による欠勤・休職については、格別に、法的定めはありませんので、企業毎の就業規則で定められることになっています。 「 欠勤 」 と 「 休職 」 を通じた期間が、雇用保証期間ということになります。いずれの場合も、無給が多いのですが、大企業では、部分支給するところも散見されます。 .
|※| ご質問の 「 1カ月 」 と定めることも可能です。世間動向に就いては、いくつかの調査情報がありますが、ザットと見渡したところ、① 圧倒的過半の企業が、欠勤期間と、それに続く休職期間を 「 同時設定 」 しています。 ② 期間の決め方に就いては、欠勤期間は、一律が多く、休職期間は、勤続期間別に定める傾向が強いようです。 ③ また、期間の長短面では、「 欠勤 」 3カ月、乃至、6カ月程度、「 休職 」 に関しては、勤続1年~20年で、6カ月~2年といったところでしょうか。

  • 投稿日:2012/04/10 09:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご回答ありがとうございました。
欠勤期間も決めておいた方がいいのかもしれません。期間についても参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/09 16:54
  • ID:QA-0049093

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

休職について

1.1ヵ月と定まることはできますし、問題ありません。昨今は、精神的な病も多くなり、終身雇用でもなくなってきていますので、休職期間は、短く設定する傾向です。入社1年未満や3年未満ではなしとしたり、入社年度により、1ヵ月、3ヵ月にすることなど検討することも必要です。
2.休職に先立つ欠勤期間も、私傷病が原因の休職については、特に設けない傾向もあります。例えば、会社が「労務不完全」と認めれば休職とするなどです。

  • 投稿日:2012/04/10 09:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

お世話になっております。
終身雇用を前提とした枠組みがなくなってきているようですね。できる限り会社の負担が少なくなるように考えてみます。ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/09 22:25
  • ID:QA-0049104

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご認識の通り休職期間は任意に定めることが出来ますので、1ヶ月とすることも可能ではあります。但し、1ヶ月で休職期間が終了となりますと、その後回復の見込みや復職可否等の判断が難しくなってしまいます。

従いまして、休職中無給にするのであれば、特に正社員の場合優秀な人材に安心して働いてもらえるようにする上でももう少し長い期間を採られる方が妥当ではというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2012/04/10 09:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

お世話になっております。
確かに1ヶ月は短いようにも思えます。業務外の傷病ならばある程度の期間を設けることに問題はないんですが、精神疾患の場合がありますので苦慮しております。他の社員のモチベーションも考えて作りたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職期間の算定について
いつもお世話になります。 弊社では勤続期間5年以上の社員の休職期間を24ヶ月間としています。 (復職後同一の事由により休職となった場合は休職期間は復職の前後の前後を合算する) 現在、同一の私傷病により休職と復職を繰り返した社員がおり、この休職期間の算定についてどのように取り扱うか決めなければなりませ...
休職期間の考え方について
休職期間の考え方について教えてください。 例えば下記のような休職期間の条文があったとします。 勤続年数1年未満のもの・・・満2ヶ月 勤続年数3年未満のもの・・・満6ヶ月 勤続年数5年未満のもの・・・満1年 この場合、入社後11ヶ月で休職を始め、 休職中に勤続年数が1年以上になれば休職期間は 満6...
休職者に貸与している会社の備品
いつもお世話になっております。 休職者に貸与しているPCは休職中は回収するべきなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 人事担当者157人に聞いた「メンタルヘルス対応の実際」
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、メンタルヘルス対応に関して、企業の現場はどう変化しているのか、人事担当者はどういうことに悩んでいるのか、どんな点が課題なのかを浮き彫りにするため「メンタルヘルス対策“本音”アンケート」を実施。本記事では、その調査結果の中から「メンタルヘルス不調に...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...