企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

解雇予告通知と解雇通知は双方必要か

当社において、無断欠勤が2週間続いている従業員がいます。家族に連絡しても所在が分からないとのことです。このままゆけば、就業規則に基づき無断欠勤初日から30日経過した時点で解雇しなければならないと考えています。解雇予告手当を支払わずに解雇する場合、まず「解雇予告通知」をして、それから30日経過後に再度「解雇通知」をする必要があるのでしょうか。

投稿日:2011/09/25 11:31 ID:QA-0046209

*****さん
熊本県/人事BPOサービス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、無断欠勤といっても当人の所在が家族に聞いても分からないというのであれば事件・事故等に巻き込まれた可能性も否定できません。従いまして、慎重な対応が必要になりますので、まずは引き続き家族とも連絡を取って本人の状況確認に努めるべきといえます。また、解雇予告通知・解雇通知共本人に直接伝わらなければ効力を持ちえませんので、全くの行方不明となった場合ですと、厳密には両文書共に最悪簡易裁判所において公示送達の手続きを取る事が求められます(勿論、通常は解雇予告通知も必要です)。但し、単に外泊している等で明らかな無断欠勤と分かれば労働基準監督署に解雇予告除外認定を行うことで即時解雇が可能になるものと考えられますので、いずれにしましても今暫く様子を見られるべきというのが私共の見解になります。

ちなみに、無断欠勤後30日経過後に「解雇」ではなく「自動退職」とされますと、こうした煩わしい手続きは不要になります。当案件への適用は無理ですがこの機会に是非規定の見直しをされる事をお勧めいたします。

投稿日:2011/09/25 13:54 ID:QA-0046211

相談者より

御回答ありがとうございます。毎回懇切丁寧な回答を頂き感謝しております。本回答に基づき、公示送達により、解雇予告通知と解雇通知を発送して処理したいと思います。

投稿日:2011/09/26 22:02 ID:QA-0046232大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

取扱いは慎重に。所轄監督署に相談を

|※| 一般的には、2週間以上の無断欠勤で、出勤の督促にも応じない場合は、「 解雇予告除外認定 」 を受けることができる可能性が大きいと思います。相談事項としてよくお聞きしますが、犯罪や事故、災害に巻き込まれて連絡が取れないことも考えられ、後日、訴えにより、解雇権濫用との判断を受けることを考え、取扱いには、慎重にならざるを得ないところです。
|※| 例えば、机やロッカーが、特に、普段と変わっていない時は、意図的、計画的欠勤ではないことも考えられますので、家族に捜索願いを出して貰うとか、解雇を通知するために、簡易裁判所において公示送達などの法的効力のある手続きをしておくべきです。
|※| 以上の諸手段を行使しても効果のない時点で、解雇予告除外認定を行うべきでしょうが、個別の事案については、労働基準監督署の判断が違うこともあり得ますので、すべての証票類を持参の上、所轄監督署にご相談されるのが賢明だと思います。

投稿日:2011/09/25 13:57 ID:QA-0046212

相談者より

御回答ありがとうございます。本回答を参考にして業務処理させていただきます。

投稿日:2011/09/26 21:58 ID:QA-0046231参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

従業員が行方不明の場合

従業員が行方不明の場合、通常、以下3通りのパターンがあります。
文面の例でいうならば、
1.30日経過後、自然退職
2.30日経過後、解雇
3.行方不明になったときから、「黙示の意思表示」があったとみなし、その日を自己都合退職とする。
▼1.2.は就業規則に明記が必要ですが、3.は明記はなくとも、退職の意思表示をどこでみるかといいったところです。
2.の解雇の場合は、解雇予告が本人に伝わらなければならないため、「公示送達」などが必要ですが、手続も面倒ですので、就業規則に1.が記載していないようであれば、3をお勧めします。
以上

投稿日:2011/09/26 10:42 ID:QA-0046218

相談者より

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

投稿日:2011/09/26 21:55 ID:QA-0046230参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
解雇通知書の件
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
退職勧奨と解雇の違い
解雇の場合は1ヶ月前に告知、1ヶ月以内の解雇であれば 解雇予告金の支払が必要ですが、 退職勧奨で15日後に本人が納得の上で退職した場合、 解雇予告の支払は必要ないのでしょうか?
解雇予告通知書と解雇理由証明書
お世話になっております。30日以上の期間をもって解雇予告通知書を手渡し退職日をむかえた従業員がいます。その人から辞めることに合意していないが解雇理由証明書を発行してほしいとの連絡がありました。 解雇予告通書には、解雇理由(就業規則条文に則った、)も解雇日も記載しています。 これが解雇理由証明にもあた...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
レイオフ
「レイオフ」とは、「一時解雇」のことをいいます。業績が悪化した際に一時的に従業員を解雇し、その後、業績が回復した時に再雇用するというものです。レイオフは主にアメリカやカナダなど、北米企業において実施されている人事施策です。似たような用語に「リストラ」や「一時休業」などがあります。
諭旨解雇
「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいいます。「諭旨」は、趣旨や理由を諭し告げるという意味。労働者の責によって生じた業務上の支障や損害について、使用者が強制的に...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...