無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

減給について

社員の減給について、教えてください。

賞罰委員会で決まったので、減給するようにと指示がありました。
平均給与の1/10相当額を3ヶ月にわたり減給するというものです。

労基法では、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない とあります。3ヶ月にわたる減給は問題ないでしょうか。

投稿日:2011/09/01 15:27 ID:QA-0045774

よっしーさん
埼玉県/住宅・インテリア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

減給について

■労基法上の制裁は、「事案1回」についての減給額が平均賃金の1日分の半分を超えてはならないとされています。
今回ように1回に事案で、3ヵ月にわたり減給ということはできません。
▲どうしてもということであれば、民事上の「損害賠償」ということで、いったん給与を支払った上で、本人承諾の元、本人から損害賠償額として受け取ることになります。
以上

投稿日:2011/09/01 15:52 ID:QA-0045776

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

減給処分

三ヶ月にわたり減給することは労基法上問題があります。上限は1ヶ月になります。減給以外の処分にする、例えば降格にして恒常的に賃下げするか、一旦、賃金は払い、損害賠償させるかになります。

投稿日:2011/09/01 17:18 ID:QA-0045785

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご認識の通り、労働基準法第91条におきましては、制裁による減給は1回につき1日の平均賃金の半額が上限とされています。

従いまして、制裁案件の軽重を問わず、「平均給与の1/10相当額を3ヶ月にわたり減給する」といった措置を採る事は出来ません。

また制裁案件が1件のみである場合には、たとえ1か月だけであっても平均給与の1/10を減給する事もまた違法となります。

投稿日:2011/09/01 19:29 ID:QA-0045797

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
減給処分通知

減給処分とは給与を減額する懲戒処分を指します。ただし、その差し引く金額は労働基準法第91条により限度が決められています。
ここでは減給処分通知のテンプレートを紹介します。

ダウンロード
人事担当者が使う主要賃金関連データ

人事担当者が使う主要賃金関連データのリストです。
賃金制度や賃金テーブルの策定や見直しの際は、社会全体の賃金相場を把握し、反映することが不可欠です。
ここでは知っておくべき各省庁や団体が発表してる賃金調査をまとめました。

ダウンロード
関連する資料