企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

法定の試用期間での合法な解雇事由とは・・

入社から14日以内であれば、1カ月前の予告なしに解雇できると承知しています。
その場合の解雇事由はどうなっているのですか
①経営者、上司とそりが合わない。
②社風に合わない。
③会議で居眠など勤務に精励しない。
④理解力に乏しく、コミュニケーション力に欠ける。
⑤反抗的だ。
⑥一回遅刻した。
⑦一回欠勤した。
⑧一回無断欠勤した。

どの事例なら14日以内の試用期間で解雇できますか
当社の社員には①から⑦までは、全部います。クビにはしていません。
ただ、試用期間中にこのようなことがあると少し異なるようにも思います。
①や②は無理でも③④⑤⑦⑧は、解雇しても言いように感じております。

よろしくお願いします。

投稿日:2011/08/26 16:57 ID:QA-0045671

アリさんさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

入職初期における解雇事由

いかなる人も経歴は一生背負っていきます。学生時代のアルバイトや副業なら、履歴書に書かなくてよいですが、正社員として入社した会社については雇用保険に加入することなどから次の応募先に書いて採用面接に行かざるを得ないです。したがって、解雇は慎重でないと社員実在者、また学生などからイメージがよくないです。通常、就業規則で解雇事由として納得されやすいのは経歴詐称です。軽微な事由は短期での解雇事由とすべきではないと考えます。欠勤も無断欠勤と、
申し出た欠勤があるでしょうから、直ちに解雇事由とはならないでしょう。まして社風に合わないことは合理的ではなく、指導すべきでしょうし、その前に採用選考をしっかりすべきです。短期離職があること自体、
会社には採用戦略上不利です。大学生の人気企業も離職率の低い会社です。私は上記にある事由はいずれも解雇事由にならないと考えます。少なくとも雇い入れるのであれば、次の就職への配慮をする姿勢がないとモチベーションにも影響するでしょう。

投稿日:2011/08/26 18:57 ID:QA-0045676

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

解雇事由につきましては法的に明確な定めがございませんので、仮に解雇を巡ってトラブルになった場合には、解雇に至る個別の事情によってケースバイケースで有効性が判断されることになります。従いまして、「○○をした場合には必ず解雇出来る」といった確答は不可能です。

その上で、一般的な考え方を申し上げますと、解雇措置を考える際には、 1.原則として就業規則上に定められた解雇事由に該当している事 2. 解雇は労働者にとって最も重い処分になることからも、社会通念に反するような安易な解雇は認められない事 といった事柄を十分に考慮しなければなりません。たとえ試用期間であっても、犯したミスについては改善のチャンスを与える上でも、その時点でまず注意・指導をしっかり行うことが先決です。それ故、⑥~⑧のようにたった1回の遅刻や無断欠勤のみでいきなり解雇するというのでは明らかに重過ぎる処分といえます。

また①~⑤につきましても、まずは本人と面談を行い、何が原因であるのかを確認した上で改善可能な面については正してもらう(①②の場合には業務への取り組み等を変えてもらう)のが筋道といえます。

そうした注意・指導等があっても改善が見られない場合には、事情にもよりますが就業規則の定めに沿った解雇措置を取られても有効となる可能性が高いといえるでしょう。

投稿日:2011/08/26 20:35 ID:QA-0045681

相談者より

ありがとうございました。
14日という短い期間で改善指導し、その結果を判断すると言うのは、実務では大変困難です。
とは言え、一刀両断はやはりリスクを伴うということですよね
感謝いたします。

投稿日:2011/08/30 10:47 ID:QA-0045701大変参考になった

回答が参考になった 2

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

基準

14日以内というのは労働基準法20条ので規定解雇予告期間適用除外ですので、それ以後と比べれば解雇は容易と言えます。しかし解雇権の濫用とされないためには一定の基準が必要です。ご提示の中では⑥~⑧以外は客観的判断基準を設けておられますでしょうか。社長がそう判断した、では基準ではありません。適性や社風等は客観基準の設定が難しいので、そういた理由ではなく、勤怠などの客観証拠が揃えられる理由でなければならないでしょう。しかし無断欠勤以外は、指導→再発のようなステップを記録しないと難しいのではないでしょうか。
採用基準と採用方法をしっかりと整備し、採用ミスマッチを防ぐことが第一優先かと思います。

投稿日:2011/08/26 23:14 ID:QA-0045685

相談者より

ありがとうございました。
解雇法制の厳格さを考えた場合、14日以内の場合は、拡大運用も許されるのかとの思いで質問しました。
なお、当方大岡山に居住しており増沢先生にはいつも(勝手に)親近感を持ってご意見を拝見しております。感謝いたします。

投稿日:2011/08/30 11:01 ID:QA-0045702大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

特定の断片的要素で、白黒を求めるのは難しい

|※| 試用期間は、適格性判定に基づく解約権が留保されている労働契約ですが、留保解約権の行使も、合理的理由、社会的な相当性を欠く場合は解約権の濫用として、解約は無効となります。試用期間中といえども、労働者が、不安定な地位におかれていることに変わりなく、その保護措置として、試用期間中の労働者にも解雇予告制度が適用され訳です。雇用した日から 《 14日 》 を越えない労働者が除外されるに至った経緯 ( 昭和20年代? ) は分かりませんが、保護措置が妥当とされる線引きは、どこかで必要でしょう。 .
|※| 試用期間における適格性判定は、この 「 14日 」 を境目に、突然、変わるような性質のものではありません。また、試用期間全体を通して、「 仮に、本採用しても、要求される評価要素を、どの程度クリアー出来そうか? 」 を問うのが、試用期間の設定意義ですから、その判定要素とウエイトの置き方は、それぞれの企業で決めなければなりません。本掲示板で、特定の判定要素で、具体的に、白黒を求めることのできる事柄ではないと思います。

投稿日:2011/08/27 10:46 ID:QA-0045686

相談者より

先の諸先生のご回答と合わせて、川勝先生のご指摘も十分理解しました。
14日以内といえども、1カ月前予告を除いて普通解雇と同様に考えなければならないのですね。
ありがとうございました。

投稿日:2011/08/30 11:19 ID:QA-0045703大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

企業が試用期間中の解雇を行使する場合は、その適格性欠如を判断する妥当性を客観的に示す必要があります。

ご質問拝見し、回答致します。
試用の法的性質は、判例上では「解約権留保付労働契約説」と位置付けております。
これは、試用期間も当初から期間の定めのない労働契約であり、ただ試用期間中は
使用者には労働者の不適格性を理由とする解約権が留保されているというものです。
 採用決定の当初には、その者の資質・性格・能力等の適格性の有無に関する事項については資料を十分に収集できないため、試用期間時の観察に基づく最終的決定を、この期間において判断するものです。
 この度お問い合わせ頂いている試用期間中の解雇は、留保解約権の行使であり、この行使がいかなる場合に可能であるかがポイントです。
 判例では、試用期間中の解雇、すなわち留保解約権の行使は、企業側がその適格性欠如の判断の具体的根拠(勤務成績、態度の不良)を示す必要があるとし、またその判断の妥当性が客観的に判定されます。
 以上を考慮しまして、ご質問の内容を検討します。
企業が試用期間中の解雇を行使する場合は、その適格性欠如を判断する妥当性を客観的に示す必要があります。
その判断の具体的根拠として、勤務成績、態度の不良があるわけですが、これら行為につき、就業規則等に規定されている服務規律と照らし合わせ、その結果、企業秩序を損なうに値すると判断した場合に懲戒に該当する行為として、当該対象者を処分致します。
この度の事例の、(1)(2)の内容ですが、これらは服務規律違反に該当する事項に相容れ難く、(1)(2)を持って処分ということは難しい状況にあります。
 次に、(3)から(8)の内容ですが、「従業員としてふさわしくない行為」として服務規律に規定がある場合や、(6)から(8)の遅刻・早退・無断欠勤に至っては、職場秩序を乱す行為として規定されている場合もございます。
 これらはいずれも注意するたけでなく、具体的に始末書等を提出させて書面化し、客観的な記録としえ残すことをお勧めいたします。
 尚、(3)から(5)の行為が「ふさわしくない」ものかの判断は主観的要素が強く、また、(6)から(8)の遅刻・早退・無断欠勤を各1回行った場合において、即解雇という判断は難しく、けん責・減給・出勤停止になるかならないかという状況であります。従いまして、(3)から(8)を総合的に鑑みて判断を行ったとしても解雇に至ると判断することは厳しいかと思われます。

投稿日:2011/08/29 16:15 ID:QA-0045694

相談者より

質問者は、「試用期間は、普通以上の注意と緊張をもって勤務するべき、遅刻なんてもっての外・・」の意識があります。
試用期間ですらいい加減なときは、本採用したらどうなるか、と言うことです。
14日というのは許された選別期間かと思い質問をしたのですが、そうではないようですね
どうも、ありがとうございました。

投稿日:2011/08/30 11:32 ID:QA-0045704大変参考になった

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
解雇通知書の件
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
試用期間の延長
弊社では新規採用にあたり3ヶ月の試用期間を設けております。今回、この試用期間中に病気により1ヶ月の休職をした社員がいるのですが、この社員の試用期間を病気により休業していた日数分だけ延長したいと思っておりますが、問題はありますでしょうか。 就業規則には「新たに採用した者について、3ヶ月間の試用期間で採...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
レイオフ
「レイオフ」とは、「一時解雇」のことをいいます。業績が悪化した際に一時的に従業員を解雇し、その後、業績が回復した時に再雇用するというものです。レイオフは主にアメリカやカナダなど、北米企業において実施されている人事施策です。似たような用語に「リストラ」や「一時休業」などがあります。
諭旨解雇
「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいいます。「諭旨」は、趣旨や理由を諭し告げるという意味。労働者の責によって生じた業務上の支障や損害について、使用者が強制的に...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...