企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

(年調)扶養親族が公的年金を受給している場合の金額確認について

首記の件、年末調整についてご教示いただけますでしょうか。

扶養親族が公的年金を受給している場合に、逐一全員金額確認
をする必要というのは、やはりあるものなのでしょうか。

通常、
65歳未満・・・「年金額-70万円」
65歳以上・・・「年金額-120万円」
が38万円を超えた場合に扶養に入れないと思いますが、この金額
を超える方というのはいないような気がしたもので。
※遺族年金や障害年金は所得に該当しないようですので

それとも、国民年金厚生年金を合算すると所得額を超える方と
いうのは結構いるものなのでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

投稿日:2009/12/03 10:44 ID:QA-0018433

*****さん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

控除後年間38万円超の公的年金受給者は《結構以上》存在

■ 雑所得となる主な公的年金とは、次のものをいいます(遺族年金、失業給付金は除く)。
① 国民年金法、厚生年金保険、公務員等の共済組合法などの規定による年金
② 過去の勤務により会社などから支払われる年金
③ 外国の法令に基づく保険又は共済に関する制度で ① に掲げる法律の規定による社会保険又は共済制度に類するもの
■ 国税庁の税法上の所得速算表では、700,000円~7,700,000円以上の収入事例が引用されているように、例えば、「年金額-120万円」が38万円を超す事例はいくらでもあります。昨今、大きな話題となっている年給削減ケースは別格としても、《 結構以上 》 に存在するのは間違いないと思います。

投稿日:2009/12/03 12:50 ID:QA-0018435

相談者より

ご回答くださいましてありがとうございます。

なお、扶養控除申告書につきましては、あくまでも本人申告だったかと思いますが、例えば通常の年金受給年齢(65歳)に達していることが申告書の生年月日でわかるような場合、会社から本人に扶養親族の年金受給額を確認したり、年金受給額のわかる書面の写しを提出させたりする必要がございますでしょうか。

それともあくまでもそのようにした方が望ましいけれども、自己申告であるため会社がそこまでする必要はないということになりますでしょうか。

以上、お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

投稿日:2009/12/04 14:35 ID:QA-0037210大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

控除後年間38万円超の公的年金受給者は《結構以上》存在 P2

■ 確か、該当する場合には、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の、区分B (扶養親族)の「所得の見積額欄」に「公的年金の収入金額があるときは、65才以上158万円以下(65才未満の人は108万円以下)であれば合計所得金額が38万円以下となり該当する」といったような説明がついてなかったでしょうか? 記入の仕方について問合せがあれば説明する程度でよいでしょう。
■ 《 見積額 》となっているように、12月末日の確定金額で判断すべきですが、年調時点では、確定額が分からないので、本人申告だけです。不実記載しても、公的記録があり、違いは、後日判明しますので、正しく記載することだけ指導すればよいと思います。

投稿日:2009/12/04 20:37 ID:QA-0018473

相談者より

ご回答くださいましてありがとうございます。
大変よくわかりました。

投稿日:2009/12/07 11:57 ID:QA-0037221大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
健康保険の被扶養者と年金額改定通知書
年金をもらっている者を政府管掌健康保険の被扶養者にする場合について質問させて頂きます。年金をもらっている者を健康保険の扶養に入れる場合、直近の年金証書、年金額改定通知書の添付が要るようですが、これをなくしている場合はどうすればよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。
年金の請求について
お世話になっております。 特別支給の老齢厚生年金を受けているものが65歳からの(本来の)老齢厚生年金及び、老齢基礎年金を受給しようとするとき改めて裁定請求をする必要があるのでしょうか? ご回答の程よろしくお願いいたします。
年金受給者の健康保険の扶養の範囲
従業員の奥さんですが、現在健康保険の扶養者となっています。 60歳を超えて、年金を受給していますが(働いていない)公的年金以外の生命保険会社等の個人年金も扶養を認定するときに加算されるのですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
    現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの岩瀬達哉さんがその本質を突きます。
  • いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき 「年金一元化」の改正ポイント
    今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの改正点をピックアップしました。
  • 「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
    「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイントをまとめ、さらに「企業年金」のコンサル...
あわせて読みたいキーワード
退職給付制度会計
将来、企業が従業員に支払わなければならない年金や退職金を厳密に見積もり、これに対する企業の準備状況を開示する会計制度。2001年3月期から上場企業に適用されました。
退職年金制度
企業を退職した従業員(あるいはその遺族)に支払われる企業年金のこと。これまでの税制適格退職年金(以下、適格年金)や厚生年金基金が運用リスクに耐えられなくなり、確定拠出年金(日本版401k)や確定給付企業年金などの新しい制度に移行しつつあります。
年金一元化
職業別に分かれている公的年金制度を一本化し、保険料、給付水準の仕組みを同じくすることです。厚生年金と共済年金の統合を目指すのか、国民年金を含めたすべての公的年金の一本化を実現させるのか、さまざまな議論があります。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...