企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カイセイロウドウキジュンホウ 改正労働基準法

2010年4月1日より施行される「労働基準法の一部を改正する法律」(2008年12月5日成立、同12日公布)は、過剰労働や過労死を防止し、労働者の健康確保とワーク・ライフ・バランスの実現を図ることを目的として、「時間外労働の割増賃金率の引き上げ」や「年次有給休暇の時間単位取得」などを定めています。
(2010/3/1掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改正労働基準法のケーススタディ

月60時間超分の残業代は50%割増
改正法の施行を業務効率化の契機に

今回の法改正のポイントは次の3つです。

(1) 時間外労働の割増賃金率の引き上げ
現行法では通常の労働時間(法定労働時間)の賃金の25%割増としている時間外賃金を、月60時間を超える分については25%引き上げて50%増とする
(2) 代替休暇制度
労使協定を締結することを条件に、月60時間を超える時間外労働については今回引き上げた25%分の割増賃金に代えて有給休暇を付与することができる(例えば月に76時間の時間延長をした場合、月60時間を超える16時間の25%分の割増賃金支払に代えて、4時間(16時間×25%)の休暇を付与できる)
(3) 年次有給休暇の時間単位取得
現行法では1日もしくは半日単位の取得としている有給休暇を、年間5日分までは時間単位で取得することができる

同法の狙いは、社会問題化して久しい長時間労働を抑制することにあります。その意味で、(1)の時間外労働の割増賃金率の引き上げは、使用者側である企業に対するペナルティーの性格が濃く、金銭的な負担を課すことで就労環境の見直し、改善をうながすのが目的です。しかし割増率の引き上げが、本当に長時間労働の抑制につながるのか――中小企業については当分の間、適用しないという猶予措置(施行から3年間の運用状況を見て再検討)が設けられたこともあって、労働組合を中心に法改正の実効性を疑問視する声も根強いようです。

割増率を引き上げる基準については、当初の政府原案では「月80時間超」としていましたが、これが過労死と認定される厚生労働省の残業時間基準と同じであることから批判が相次ぎ、当時の与党側が月60時間超への修正を余儀なくされたという経緯もあります。

使用者にとっては経営コストの増大、従業員にとっては残業代アップという側面に注目が集まりがちですが、法改正を業務革新の契機ととらえ、効率的な労働時間管理について労使双方が知恵を絞るべきではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...

関連する記事

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、 人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?
来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正する法律」(改正労働基準法)が施行される。長時間労働を抑制し、働く人の健康確保や仕事と生活の調和を図ることを目的としたこの法律。
2009/06/30掲載注目の記事
勧告・指導、改善状況の実態は?労働基準監督署による企業監督事例(上)
労働基準監督署が実際に行った勧告や指導内容、改善状況を事例で紹介しています。
2007/01/05掲載人事・労務関連コラム
「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従業員の生活」という二つの視点から考えなければなりません。本記事は「法定休暇」「法定外休暇」に関する制...
2019/11/06掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
取得単位以下での時間単位年休の取得
「時間単位の年次有給休暇(以下、時間単位年休)に関する協定書」において、取得単位を4時間と定めたとします。 従業員が3時間通院で抜けたい場合に、欠勤扱いではなく時間単位年休の取得を希望している場合、雇用側は4時間分を時間単位年休から消化してしまって問題ないのでしょうか。
休日出勤を行う月の法定休日について
お世話になります。 毎週日曜日を法定休日と定めている会社にて、休日出勤をさせた際に、 割増賃金を支払って代休を取得させないとすると、 4週の休日が3日となり、4週に4日以上休日を取得することができなくなりますが、 割増賃金を支払っている場合には労基法違反とはならないのでしょうか。 よろしくお願い...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...