企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ギョウムジョウガイハンダン 業務上外判断

労災の認定は、労働者に生じた傷病、障害、死亡が業務に起因する「業務上」のものか、あるいは業務に関係ない「業務外」のものか――業務上外の判断に基づいて行われます。業務上と認定されれば労災補償が与えられ、雇用も守られますが、業務外の“私傷病”と見なされた場合は補償もない上に、それによる休業は欠勤として扱われ、解雇にさえつながりかねません。業務上外判断は、労働者の処遇・保護に重大な格差をもたらすのです。
(2011/1/31掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務上外判断のケーススタディ

自殺や精神障害での労災請求が増加
業務上と業務外の基準は変化している

仕事のストレスなど業務上の心理的負荷が原因で精神障害になった、あるいは自殺したとして労災請求されるケースが増えています。1999年に旧労働省から「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」が発表され、精神障害や自殺を労災補償の対象に含めるべきとの方針が示されました。自殺は自分を傷つける行為のため、従来は労災補償の対象外でしたが、方針が出て以来、請求件数は年々増加し、現在は全国で年間900件以上にのぼります。自殺や自殺未遂の場合の申請件数に対する労災認定率は40%を超えています。

自殺や精神障害の労災認定は、精神障害の発病の有無や発病時期および病名を特定した上で、(1)業務による心理的負荷の評価(2)業務以外の心理的負荷の評価(3)個体側の要因(精神障害の既往歴)の評価を具体的に精査し、これらと発病した精神障害との関連性が総合的に判断されなければなりません。そのガイドラインとなるのが「業務上外判断指針」です。同指針では、業務による心理的負荷を評価する基準として「職場における心理的負荷評価表」を示しています。これは、職場でストレスを引き起こす要因になりうる具体的な出来事を挙げて、項目ごとに心理的負荷の強度などを設定したものです。しかしこの心理的負荷評価表の項目が近年の労働環境の実態に合わなくなってきたため、2009年4月に同指針が改正されました。評価表に新しく12の具体的な出来事が追加され、次のような場合も業務による心理的負荷として認められるようになったのです。

・ 違法行為を強要された
・ 自分の関係する仕事で多額の損失を出した
・ 顧客や取引先から無理な注文を受けた
・ 達成困難なノルマを課せられた
・ 研修・会議などへの参加を強要された
・ 大きな説明会や公式の場での発表を強いられた
・ 上司が不在になることによりその代行を任された
・ 早期退職制度の対象となった
・ 複数人で担当していた業務を1人で担当するようになった
・ 同一事業場内での所属部署が統廃合された
・ 担当ではない業務として非正規社員のマネジメント、教育を行った
・ ひどい嫌がらせやいじめ、または暴行を受けた

使用者側が、業務上外の判断基準としてこうした具体的な出来事を把握しておくことは、メンタルヘルスの不調に起因する労災防止に有効であると考えられます。「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」の一部改正に関する詳細は厚生労働省の下記サイトでご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/04/h0406-2.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
業務上疾病
「業務上疾病」とは、特定の業務に従事していることによってかかる、もしくはかかる確率が非常に高くなる病気の総称。俗に言う「職業病」のことです。業務上疾病は労働基準法の用語で、医学用語では「職業性疾病」と表現されます。労基法第75条により、労働者が業務上疾病にかかった場合、使用者は必要な療養を行い、その...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
異動者の評価について
異動者の評価についてご教授お願いします。 異動をすると新しい業務に慣れるまで時間がかかるので、前の部署ではハイパフォーマーであっても評価が下がりがちです。それは当然と考えるのか、そうならないような評価の仕組みもしくは運用を作るべきなのか、みなさまの会社ではどのように考え、運用していらっしゃいますでし...
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...