企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

週40超時間の支払賃金について

平素からWEBで拝見しておりますが、今回初めて質問させていただきます。

週40超時間の支払賃金についてご教示ください。

ご教示いただきたいのは2つの働き方となります。

1.正社員・契約社員等のフルタイム従業員
 ・所定労働時間:7時間50分
 ・休日:土日祝(年5~6回程度土曜出勤あり)
 上記の場合に、例えば金曜日と翌週月曜日を振り替えたとします。
 (振替以外では40超が発生する働き方はありません)

 振替元週:7時間50分×6労働日=47時間
 振替先週:7時間50分×4労働日=31時間20分

 振替元週に関しては、47時間労働のため、47-40=7時間の残業が発生すると理解しています。

 この7時間の支払賃金は下記どちらになりますでしょうか。
 ・125%分
 ・25%分
 私的には125%かと思っておりますが、社内的には25%でもよいのでないかという意見もあります。
 
 25%の根拠は翌週に休んでいるため、そこで100%分が控除されるというものですが、
 振替で翌週休むのは「休日」であるため、100%控除されるべきものではないと思っています。
 (代休であれば、100%控除されるということでもいいと思っています)

2.パートアルバイト等の従業員
 ・所定労働時間は契約時間やその日のシフトによる
 ・労働日数はシフトによる
 ・振替以外でも週6勤務となる可能性がある

 フルタイム従業員とは違い、振替以外で週40超が発生する可能性があります。
 例)1日7時間50分勤務×6労働日=47時間

 この7時間は125%の支払いで問題ありませんでしょうか。
 (振替は発生しない運用となっています)

お手数ですが、ご回答の程お願い致します。
 

投稿日:2021/01/13 10:19 ID:QA-0099781

wwjdさん
愛知県/医薬品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。 ご相談の件ですが、1につきましてはノーワーク・ノーペイの原則から休まれた分の労働時間については賃金控除を行う事が可能ですので、基本的には25%の割増…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2021/01/13 11:54 ID:QA-0099794

相談者より

ご回答ありがとうございます。

支払賃金について承知しました。

投稿日:2021/01/18 10:11 ID:QA-0099908大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.振替というのは、休日と労働日を入れ替えることです。 ですから、同一週内であれば、プラスマイナス0となりますが、 …

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2021/01/13 16:10 ID:QA-0099810

相談者より

ご回答ありがとうございます。

支払賃金について承知しました。

投稿日:2021/01/18 10:11 ID:QA-0099909大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
振替休日について
当社は、振替休日を実施していますが、半日の振替休日を2回で1日分の振替休日としてよいものでしょうか。また、振替休日日の変更はみとめられるものでしょうか
休日出勤前の振替休日取得について
振替休日とは、あらかじめ「振替休日」を指定したうえで特定の休日を労働日とすること=つまりは「労働する日と休日を入れ替える日」ですが、労働を行う日よりも前に休日を取得することは可能でしょうか? 例)労働日 1月22日(日)、振替休日 1月16日(月) 宜しくお願いいたします。
振替休日、時間内残業について
いつも参考にさせていただいております。 私の会社では、パートタイマーの方に週40時間を超えない範囲で残業をお願いすることがあります。 その場合1時間あたりの賃金×残業時間を支払っているのですが、振替休日をした場合で週をまたぐ場合は、時間外の割増賃金の支給が必要ですか? 振替休日で週をまたぐ場合に...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/22
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。