企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ノーワーク ノーペイノゲンソク ノーワーク・ノーペイの原則

労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」――給与計算の基本原則となる考え方を示した言葉です。
(2015/10/28掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーワーク・ノーペイの原則のケーススタディ

労働提供がなければ賃金の支払義務もなし
遅刻や欠勤はもちろん、台風などの自然災害にも適用

「ノーワーク・ノーペイの原則」とは、労働者が欠勤や遅刻で仕事をしなかった日や時間については、会社にその分の賃金を支払う義務は発生しない、という原則を意味します。なぜ仕事をしなければ賃金を支払う必要がないかというと、それは上述のとおり、労使の合意によって締結した労働契約に“双務性”があるからです。労働者には、労務の提供を行った場合にのみ、その労働の対価=賃金の支払を使用者に請求する権利が発生します。したがって、仕事をしていない場合には原則、請求権は生じないとされているのです。

たとえば、勤務先の始業が午前8時30分なら、毎日その時刻までに出社して、タイムカードに打刻すればいいと思う人がいるかもしれません。しかし準備や着替えで、所定の場所に着くのが8時35分になったとしたら、厳密には5分の遅刻です。週に換算すると、それだけで25分、月間では実に105分も不就労の状態に。ノーワーク・ノーペイの原則に照らせば、その時間分の賃金を減額しても、法律的に問題はないわけです。

ただし、ノーワーク・ノーペイの原則に照らして賃金を減額することと、遅刻に対するペナルティーとして遅刻した時間分以上の減額を科すこととは、区別して考えなければいけません。ペナルティーとしての賃金減額を行うためには、就業規則の懲戒などの項目に減給に関する事柄を規定しておく必要があります。

ノーワーク・ノーペイの原則を適用するには、「労働者の責任である」か、「労働者と使用者のどちらの責任でもない」ことが、必要条件となります。例えば、一般的な遅刻や欠勤は「労働者の責任」と判断されます。話題に上りやすい台風や地震などでの休業・遅刻などは、天災という「労働者と使用者のどちらの責任でもない」ケースとなります。

では、この原則が適用されない“例外”には、どのようなケースが想定されるでしょうか。仮に会社や上司から理由もなしに自宅待機を命じられた場合、不就労の原因は労務の受け取りを拒否している「使用者側の責任である」ため、ノーワーク・ノーペイの原則は適用されません。したがって労働者は、通常と同じく賃金の請求権を有することになるのです。

“例外”はもう一つあります。それは年次有給休暇です。労務の提供が無いにもかかわらず、法律によって賃金が保障される制度であり、わかりやすい例外の形だと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
労働契約法
労働者を雇用する際、使用者と労働者の間で労働契約を結びます。現代は、社内に正社員やパート・アルバイト、契約社員などさまざまな雇用形態の労働者が混在するのが一般的。いかなる雇用形態であっても、労働者が安心して働けるよう定められているのが「労働契約法」です。

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
楠田丘さん 「日本型成果主義」の新しい賃金システム
新旧のシステムのいいところをミックスして、今の企業の実情に適した賃金システムを生み出せないものか。日本の賃金システム研究の第一人者であり、「職能資格制度」の生みの親でもある楠田丘さんにうかがいました。
2005/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

半日有休で遅刻し、半日勤務に満たない場合の対応
いつもお世話になります。 以下、ご質問です。よろしくお願いします。 当社で半日有休を申請しながら、申請日2日間とも1時間遅刻をした者がおります。 ですので、所定8時間の場合、通常は、 4時間の労働時間賃金 + 4時間の労働時間賃金 = 1日分の労働時間賃金 4時間の有給休暇賃金 + 4時間の有給...
管理監督者の休日出勤における賃金
年俸制の管理監督者の賃金の考え方について教えてください。 管理監督者の時間外労働・休日労働の割増賃金の支給義務は労基法第41条により適用除外となっていることは理解していますが、割増賃金を除く1.00の賃金は支給する義務はありますでしょうか? 労基法第24条の賃金の支払については適用除外されている...
入社時の賃金計算について
いつもお世話になっております。 弊社では、当月分の賃金を毎月15日に支給(実質15日分の前払)しておりますが、賃金計算の関係で、1日入社以外は当月の賃金を支給することが出来ません。 たとえば、5日入社の場合翌月15日に1ヶ月と25日分を支給することになるのですが問題ないでしょうか? 入社時については...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]
分類:[ 報酬 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...