企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

欠勤控除・遅刻早退控除の端数処理と手当について

【端数処理について】
欠勤控除と遅刻早退控除の計算において、月平均所定労働日数や月平均所定労働時間数を用いますが、この端数の処理について教えてください。

例えば、月平均所定労働日数が245日÷12=20.41666…、月平均所定労働時間が245日×7時間÷12=142.91666…だとします。小数第2位を処理したいのですが、①切り捨てて20.4日と142.9時間、②切り上げて20.5日と143.0時間のどちらが正しいでしょうか。

また、控除の日額・時間単価・合計金額の端数はそれぞれ切り捨てで合っていますか?


【手当について】
欠勤控除と遅刻早退控除の計算において、月給に各種手当は含みますか?弊社では職務手当・住宅手当(世帯主にのみ一律同額)・通勤手当(非課税基準内で上限1万円、通勤距離に応じて月定額)を支給しています。

割増賃金の計算の際は職務手当・住宅手当(一律同額の場合は除外できないと聞いたので)を含めて計算しています。欠勤控除と遅刻早退控除においてもそれぞれ月給に含めて計算しても問題ないでしょうか。

通勤手当については、遅刻早退の場合は出勤していることに変わりないため控除できないと思いますが、欠勤の場合はその分ガソリン代がかからないため控除しても良いでしょうか。(弊社は全員マイカー通勤です)
欠勤で通勤手当を控除する場合、通勤手当も月給に含めて計算するのではなく、通勤手当は通勤手当のみで、月平均所定労働日数ではなく当該月の実際の所定労働日数で日割り計算するほうが良いでしょうか。

投稿日:2020/11/26 15:58 ID:QA-0098564

e_rjpnさん
新潟県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、欠勤等の控除計算につきましては、時間外割増賃金の計算等とは異なり会社が就業規則で定めて運用するものになります。

従いまして、特に定めが無ければいずれでも法的には差し支えございませんが、一般的には労働者に有利な方で計算する事が望ましいといえるでしょう。

また、一般的な手当に関しましても、規則の定めによりますが、定めが無い場合に手間を省きたいという事であれば割増賃金の取扱いに準じて計算されるとよいでしょう。

一方、通勤手当に関しましてはご認識の通りで特に差し支えございません。

投稿日:2020/11/26 22:38 ID:QA-0098577

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2021/01/20 10:05 ID:QA-0099994参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

少なくとも労働基準法には、欠勤控除に関する規定は存在しませんので、基本的には会社独自で就業規則に規定を設けて運用することになりますが、その際にはどちらが労働者にとって有利かを主眼において運用すればいいでしょう。

職務手当・住宅手当に関しましては、本来は就業規則にこのような手当てを控除対象とする旨の規定があれば控除は可能となりますが、仮に規定が存在しなくても、一律同額で支給しているような場合は、少なくともこれらは福利厚生的、もしくは任意的・恩恵的給付とは認められず、「賃金」の一部と認定されますので控除対象とすることは可能になると考えられます。

通勤手当に関しましては、当該月の実際の所定労働日数で日割り計算とするのはもとより御社の自由です。

投稿日:2020/11/27 09:26 ID:QA-0098595

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2021/01/20 10:05 ID:QA-0099995参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
欠勤時の賃金からの控除
こんにちわ お世話になっております。 教えて頂きたいのですが、給与計算時に給与から欠勤控除する場合、一律、30分の1を控除するとして処理はしてもよいのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。 前提条件: 日給月給制、所定労働日:20日~22日/月
欠勤控除について
固定給の者が、私傷病で1ヶ月間全ての出勤日を欠勤した場合、日数で欠勤控除し給与を支払うべきなのか、全くの無給で良いのかを教えていただけないでしょうか?
欠勤控除の切り上げ計算
30分の欠勤を年休の1時間単位に合わせて、1時間とすることは可能ですか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 2007年度労働時間総合調査――年間所定労働時間、休日日数など
    労務行政研究所で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2007年度の調査結果がまとまりました。本記事では2007年度の年間所定労働時間、休日日数の実態を中心に取り上げました。
  • 2014年度労働時間総合調査 所定・総労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態
    労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2014年度の調査結果がまとまりました。本記事では、「所定労働時間・休日日数の実態」「年次有給休暇の取得状況」「時間外労働の実態」「台風や大雪における遅刻・早退・欠勤時の取り扱い」を中心に取り上げ、紹介し...
あわせて読みたいキーワード
通勤手当
通勤手当とは、従業員が会社に通勤するための移動費用を、会社側が支給するものです。残業手当のような労働の対価、住居手当のような生活費の援助ではなく、実費弁償的な意味合いが強くなります。
扶養控除
「扶養控除」とは、扶養家族がいる場合に一定の所得控除が受けられる制度のことをいいます。扶養家族とは、その対象になっている家族のことをいい、例えば専業主婦(夫)や、子どもがいる場合は扶養家族になります。2018年には、扶養控除に関する法律が一部改定されました。
住宅借入金等特別控除
「住宅借入金等特別控除」は住宅ローンを組んで住宅を建築・購入、またはリフォームして住んでいる人を対象に、一定の期間、所得税から一定の金額を控除するものです。「住宅ローン控除」という呼び名でよく知られています。控除を受ける初年度は従業員が確定申告を行いますが、2年目以降は勤務先の年末調整によって控除を...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...