企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

法定内残業の定義について

所定勤務時間が9:00~17:30の会社(所定労働時間は7時間40分)で、その日休みの予定が急遽仕事が入り、17:30~19:00まで勤務した場合、一般的にこの1時間30分の労働時間は「法定内残業時間」と認識されるものでしょうか?

私の中では所定労働時間の7時間40分を超えて8時間までの20分間を「法定内残業時間」と認識していたのですが、勤怠管理システム担当者の方が所定勤務時間外の勤務(このケースで言えば17:30以降)は残業時間と扱って運用しているとの説明だったため、念のため確認いたしたく。

投稿日:2020/11/06 12:45 ID:QA-0098073

総務のおっさんさん
東京都/その他メーカー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

残業

1日8時間未満ですので、法定内残業となり、割増し対象とはしません。しかし、「休み」とはどのようなものかなど、個別事情もご確認下さい。

投稿日:2020/11/06 15:11 ID:QA-0098079

相談者より

分かり辛く申し訳ございません。単純に出社時間17:30、帰社時間19:00(労働時間1時間30分)だった際に、この
1時間30分は法定内残業に当たりますと担当者に言われ、私の認識と相違していたという話でございました。

投稿日:2020/11/06 16:22 ID:QA-0098082大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

あくまでも8時間以内の残業が法定内残業時間、8時間を超えた残業が法定外残業時間というのが正しい説明になりますので、ご相談者さまのご認識のとおりで間違いございません。

勤怠管理システムの担当者が、17時30分以降の時間を “残業時間” として運用していること自体は問題ありませんが、この場合、割増賃金の支払いをどのようにしているかが重要であり、法定の割増賃金(125%)を支払わなければならないのは、あくまでも8時間を超えて残業した時間であるという認識が当該担当者にあるかどうかですね。

もし、7時間40分を超える20分間に対して125%の賃金を支払った場合、就業規則(賃金規定)にその旨の規定があればそれでいいのですが、法律どおりの運用であれば25%の過払い賃金の返金を求めることができます。

投稿日:2020/11/06 15:44 ID:QA-0098080

相談者より

参考になりました。ありがとうございました。

投稿日:2020/11/09 20:12 ID:QA-0098127大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.5hの労働ですから、1週間で40hを超えていなければ、法内残業となります。

投稿日:2020/11/06 18:18 ID:QA-0098089

相談者より

所定労働時間(当社は7時間40分/日)を超えたら残業だと認識していたのですが、所定勤務時間(当社は9:00~17:30)以外に勤務すれば、極端な話1分でも「法定内残業時間」ということで間違いないでしょうか???

投稿日:2020/11/06 19:09 ID:QA-0098095大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り所定労働時間の7時間40分を超えて8時間までの20分間がいわゆる法定内残業時間と呼ばれるものです。

そして、8時間を超えた労働時間につきましては法定外の残業、すなわち時間外労働割増賃金の発生する時間として取り扱う事になります。この点では恐らく担当者の方も同じ考え方と思いますし、単に残業時間というどちらとも取れる表現をされただけの事と思われます。

投稿日:2020/11/06 18:59 ID:QA-0098093

相談者より

ご丁寧なフォロー李が問うございました。すっきりいたしました。

投稿日:2020/11/09 20:11 ID:QA-0098126大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
法定内残業をみなし残業に含むことはできますか
お世話になっております。 午前休を取得して、残業した場合の 法定内残業(所定外で100%支払う分)は みなし残業に含めることはできますでしょうか。
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 2007年度労働時間総合調査――年間所定労働時間、休日日数など
    労務行政研究所で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2007年度の調査結果がまとまりました。本記事では2007年度の年間所定労働時間、休日日数の実態を中心に取り上げました。
  • 「2013年度労働時間総合調査」所定労働時間、休日・休暇、時間外労働などの最新実態
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2013年度の調査結果がまとまりました。本記事では、「所定労働時間・休日日数の実態」「年次有給休暇の取得状況」「時間外労働の実態」を中心に取り上げ、紹介します。
  • 「残業時間削減」を考えるときに 読んでおきたい記事6選
    働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりません。人事には、自社の問題をしっかり見極め...
あわせて読みたいキーワード
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....