企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

有給休暇年5日取得の対象休暇について

いつも参考にさせていただいており、ありがとうございます。

2019年4月より義務化されました、年5日の有給休暇取得の対象休暇に関して、
先生方にご教授いただきたいことがあります。

現在弊社において、働きやすい環境つくり、休暇の取りやすい環境つくりの一環として、
ご本人やご家族の記念日や学校行事、あるいはボランティア活動などの際に休暇が
取れるように、新たに年数日の特別休暇を付与しようと考えております。
(仮称:ワークライフバランス休暇)

一方で有休年5日取得が法令で義務化され、「特別休暇は5日取得の対象外」のため、
当特別休暇の付与日数が多いと、有休5日取得へ支障となることを懸念しております。

このため、案として、弊社の従来の年次有給休暇付与日数(法令で定められた日数です)に、
上記休暇用(ワークライフバランス用)用に数日分年次有休を加算して付与することで、
有休年5日取得の対象となり、年5日有休取得の推進にもつながるのでは無いか?と
考えております。

■質問

上記「別案(年次有休に数日加算で付与)」での休暇の扱いについて、厚労省のガイドでは、

「法定の年次有給休暇に加えて、会社独自に法定外の有給の特別休暇を設けている場合
には、その取得日数は5日から控除できない。
ただし、たとえば、労働基準法第115条の時効が経過した後においても、取得の事由及び
時季を限定せず、法定の年次有給休暇日数を引き続き取得可能としている場合のように、
法定の年次有給休暇日数を上乗せするものとして付与されるものを除く」

とあるため、+数日付与する有休は、年次有給休暇と同じ扱いで、その年に取得しなくても、
1年ごとに消滅しない扱いにすれば、年有休5日取得の対象にできるのでは?と解釈して
おります。

この解釈について、先生方のご見解をいただけますでしょうか?

あるいは、他に良い案がございましたら、ご教授いただけませんでしょうか?
お手数ですが、よろしくお願いいたします。

■厚労省ガイド

今回のご質問は、以下URL資料のP21 Q6に関連してのものです。

https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

投稿日:2020/10/16 14:50 ID:QA-0097578

サティーさん
京都府/情報処理・ソフトウェア
この相談に回答する(会員登録)

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

ご質問の件ですが、労基法Q&A3-12にもございます。
https://www.mhlw.go.jp/content/000487097.pdf

未導入の現況、「ワークバランス休暇」と題するだけで、利用目的自由とし、未使用は2年までくりこしいつでも取得可とするのであれば、同3-34にあたり可能です。利用目的例示するのでしたら「その他自由に利用可」と付け加えてはいかがでしょう。

投稿日:2020/10/17 07:37 ID:QA-0097589

相談者より

早速のご回答ありがとうございました。

労基法Q&A3-12は、見逃しておりました。

利用目的の例示含め、ご回答いただいた内容、大変良く理解できました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/10/19 11:42 ID:QA-0097613大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。 ご相談の件ですが、厚生労働省も示しています通り、法定年次有給休暇の日数に上積み付与された分から年5日指定される分には差し支えございません。 文面内…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2020/10/17 20:00 ID:QA-0097598

相談者より

早速のご回答ありがとうございました。

取得事由制限の留意事項含め、ご回答いただいた内容、大変良く理解できました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/10/19 11:43 ID:QA-0097614大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

有給増

使途を限定せず、有給日数を増やすということであれば問題ないで…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2020/10/19 09:56 ID:QA-0097608

相談者より

早速のご回答ありがとうございました。

条件限定の留意事項含め、ご回答いただいた内容、良く理解できました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/10/19 11:43 ID:QA-0097615大変参考になった

回答が参考になった 0

この相談への回答を現在募集しています

この相談に回答する(会員登録)

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
有給休暇の5日取得について
夏季休暇などの名称で、年次有給休暇と同様に有給の休暇を取得した場合、罰則の対象とはなるのか否かご教示願いたい。
産前休暇について
日頃よりお世話になっております。 従業員より、産前休暇中に有休休暇を取得したいと申し出がありました。 取得は可能でしょうか? 出産予定日:2020/3/9 上記の場合、有休休暇を取得しなければ、1/28~3/9までが産前休暇ですが、 取得が可能となり2/7まで有休を取得した場合、 産前休暇は2/8~...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
    働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従業員の生活」という二つの視点から考えなければなりません。本記事は「法定休暇」「法定外休暇」に関する制度、特に「有給休暇」についての情報をまと...
  • 【「特別な休暇制度」の導入&活用方法】「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ!
    昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省ホームページに掲載されている、2013年...
  • 海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
    『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時呼び寄せ(4)駐在員が帰任または転任した...
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/23
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...