企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15397件   回答数33255

法定以外の休暇の付与について

いつもお世話になっております。

前回ご質問させていただきました、パート社員への有給休暇付与につきまして、別件でご相談させて頂きます。
当社、正社員には定年退職前に「慰労休暇」を与えています。これは、長年の勤続に対して付与している休暇です。(長年の勤続に対してということで、退職金と似通っているところがあるかもしれません)
この休暇は、パート社員へは付与しなければならないのでしょうか。

また、失効する年次休暇を介護や業務外の傷病などで使用できる、積立年次休暇という制度も正社員にしか
該当していません。パート社員への付与や対応など相談させていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

  • じゃいがんさん
  • 東京都
  • 食品
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2020/02/21 11:03
  • ID:QA-0090696
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/22 09:17
  • ID:QA-0090722

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

非正規社員への休暇付与

定年慰労休暇は長期勤続を前提にしています。これまで非正規は短期のこよが前提でしたので問題ありませんでした。
定年慰労休暇は正社員であれば勤続年数に関係なく取得できますか?例えば54歳で入社した正社員でも取得できますか?
正社員であるからというだけて勤続年数に関係なく取れるのはそもそも制度として問題ありです。
最近は非正規であっても結果的に長期勤続の方もいます。
これは有給ですか?

制度改正の方向性
定年前に休暇を取らせる制度は今日的に必要でしょうか?
雇用延長の継続雇用が当然となっていれば不要な制度かもしれません。
もし残すなら、制度目的と同一労働同一賃金の観点から、雇用形態にかかわらず勤続10年以上を対象にしてはどうでしょう?

  • 投稿日:2020/02/25 11:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

この休暇は有給であり、勤続年数の縛りは無くあくまで「定年退職」という概念しかありませんでした。

検討しなければならない事項ですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/22 09:21
  • ID:QA-0090723

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面上の慰労休暇の性質からしますと長期雇用を前提としているものといえますので、直ちにパート社員への付与は不要と考えられます。但し、そうした点からも無期雇用へ転換される等により正社員と同様に長期に渡って定年年齢まで継続就労された方については付与されるべきといえるでしょう。

そして、後段の積立年休に関しましては、雇用形態に直接関係ない事柄であることからも正社員と同様の扱いをされるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2020/02/25 11:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

やはり、慰労休暇については考えざるを得ませんね。

積立年休についてもでしょうか。

頭悩ませます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/22 16:38
  • ID:QA-0090730

代表者

勤続期間を軸とする限り適用対象とすべき

▼パート社員は、短時間労働者であって、短期間労働者ではありません。従い、「勤続期間」を軸とする限り、「慰労休暇」そのものを付与しないのは同一化に反することになります。
▼他方、失効年休の「積立年次休暇への転用」も同様の観点から、除外するのは同一化に反します。短時間労働者にも適用しまければなりません。

  • 投稿日:2020/02/25 11:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

ガイドラインによると、勤続期間に応じて取得を認めている休暇については同様に所得を・・・というくだりがあります。

通常の年次休暇と失効した年休を分離して捉えてはまずいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/25 10:44
  • ID:QA-0090750

人事・経営コンサルタント

平等性

「長年の勤続に対して付与している休暇」であれば、当然パート社員は含めるべきです。「長年」とは何年なのかを規定すれば良いだけですので、「正社員だから長年」という解釈は明らかに不平等です。
パートであっても長年は当然あり得るものですので、そもそもの慰労の意味・効果を含め、対応すべきでしょう。

  • 投稿日:2020/02/25 15:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

年数などの規定を明確にし対処したいと考えまます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
パート社員の有給休暇付与の件
いつもお世話になっています。 さて、週5日勤務のパート社員がいます。1週間の労働時間は15時間ですが、6ヵ月勤務後のこの人への有給休暇付与は何日になりますでしょうか? ご教授願います。
忌引休暇について
いつもお世話になっております。 忌引休暇の付与にあたり、叔母の配偶者が何親等になるか教えていただきたく、お願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
    昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省ホームページに掲載されている、2013年...
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
    『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時呼び寄せ(4)駐在員が帰任または転任した...
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...