企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15405件   回答数33288

定期健診における胃カメラ実施時の組織検査費用負担について

お尋ねいたします。
弊社では、管理職の定期健診については今年から人間ドックを利用することになりました。
その際、胃部検診は胃カメラによる検査を選択しました(従来はX線検査)。
このたび、胃カメラ検査中に異常が見つかったため、その場で組織を採取し精密検査を実施した者がおります。
そこで、その精密検査の費用は会社と従業員本人のどちらが負担すべきかという問題に突き当たりました。
これまで同様のことはなく、社内規程にも規定されていません。
従来のX線検査であれば、再検査は定期健診後の通知を受けた本人が改めて医療機関で行っており、費用は個人負担でした。
個人負担とするべきだとは思いますが、皆さんのご意見を伺いたく質問させていただきます。
お教えいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

  • 薪ストーブさん
  • 新潟県
  • ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2020/02/05 12:59
  • ID:QA-0090262
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/05 23:19
  • ID:QA-0090282

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法的に義務付けられた定期健診内容につきましては会社負担とされるべきですが、再検査につきましては義務付けられていないことから個人負担でも差し支えないものといえます。

そして、胃部健診に関わる定期健診の方法が変わっても、精密検査が定期健診後の再検査に当たる事については変わりございませんので、個人負担で問題ないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2020/02/06 15:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご回答をいただきありがとうございます。
頂戴したご意見を参考に、本人負担とすることといたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/06 09:21
  • ID:QA-0090284

代表者

関係部署、労使間で協議の上、規定化を

▼今回は、一次カメラ検で異常所が所見され、検診機関側の判断もあり、そのまま精検となったと様で、費用を会社負担とするしかないでしょう。
▼今後の取扱いは、人総部署、産業医等、関係者間で協議、労使間の意見統一の上、規定化されることです。軽々に申し上げるのは如何かと思いますが、回答者としては、一時再検費用は、数千円かと思われますので、会社負担に傾いています。

  • 投稿日:2020/02/06 15:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご回答をいただきありがとうございます。
頂戴したご意見を参考に、本人負担とすることといたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/06 10:26
  • ID:QA-0090302

人事・経営コンサルタント

規定化

X線時の再検査を個人負担としていることから、同様に今回も個人負担で不公平は無いように思います。一般論として再検査は個人負担とする取り決めをしておいてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2020/02/06 15:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご回答をいただきありがとうございます。
頂戴したご意見を参考に、本人負担とすることといたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
特殊健康診断の再検査、精密検査の費用負担
特殊健康診断で要再検査や要精密検査となった労働者について、事業主は再検査・精密検査の実施が義務付けられていますが、この場合の費用は事業主が全額負担することになるのでしょうか?
雇入れ時の健診で再度検査してもらう費用は
雇入れ時の健康診断にて、聴力について再検とありました。 この場合、再検査の費用は、会社負担なのか自己負担なのか教えて下さい。
定期健康診断再検査の費用と時間
定期健康診断の結果で「要再検査」と診断を受けた社員に対し、再検査に掛かる費用負担と就業中としての扱いは必要でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
パルスサーベイ
「パルスサーベイ(パルス調査)」とは、簡易的な調査を短期間に繰り返し実施する調査手法のことで、主に従業員の満足度調査に用いられます。「パルス(pulse)」は、日本語で脈拍のこと。脈拍のチェックをするように、組織と個人の関係性の健全度合を測ることを目的としています。短期反復型のパルスサーベイに対し、...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...