企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15421件   回答数33331

SNS上での雇用契約は有効か

SNSを使って雇用形態のやり取りをしていた従業員が12月末日をもって退職したいとSNSを使って申し出てきました。その従業員は日中弊社契約先の会社にて請負の形で就労しております(弊社→お取引先企業→お取引先企業案件常駐)。
その従業員とは2019年7月に弊社代表取締役と面談を行い入社の運びとなりました。
その際に6カ月の有期雇用契約ののち正社員化する旨を説明し、両者合意の上での雇用契約を口頭で行いました。本来であれば雇用契約書を両者各1通づつ作成して保管しておかなけらば行けなかったのですが、起業したての状態だった事と、その従業員には将来的に役職についてもらう約束であったので、雇用契約に関する内容はSNSを使って報酬、賃金形態、就業などに関する事項は説明していました。

退職の意思表示の真意はまだ日程調整中なので定かではありませんが、1点弊社に瑕疵がある部分があります。
弊社入社時に社会保険、雇用保険など各種保険に加入する(会社なので当然の義務ですが)旨も伝えておりましたが、スタートアップ企業のため本社所在地は代表取締役の自宅になっており、重要書類もそこに郵送されてくる手はずになっており、健康保険証も当然代表取締役の自宅に届きましたが、代表取締役が自宅を捜索するも見つからず、その旨を当該従業員に伝えたところ、非常に激怒しております。
上記の件が発端となっているかは定かではないですが、お聞きしたいのは
1.SNS上で雇用形態、就労条件、報酬など入社に関する旨を伝えたのは有効なのか?
2.上記が有効な場合当該従業員の退職は期限前でもできるのか?
3.SNS上での退職の意向をそのまま受け取って退職手続きを取っていいのか
4.当該従業員に退職届を出してもらう必要があるのか?
5.2020年2月1日をもって無期雇用変換にしなおかつ役員待遇での契約としていたのですが
 当該従業員には後継者育成の職務をしてもらう予定でおりましたが途中放棄した場合、弊社にも
 損害が大きくその点で損害賠償など考えた方がいいのか。(当該従業員は年収ベースで800万円規模での
 入社でした、そこには後継者を育ててくれることも加算して当社資本から拠出しております)
できましたら、ご指導ご教授願えると幸いです。
宜しくお願いいたします

  • たけしさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/12/03 00:07
  • ID:QA-0088828
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/03 09:27
  • ID:QA-0088832

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問の件に各々回答させて頂きますと‥

1.SNS上のやり取りであっても契約内容は一応有効になりますが、書面で一切明示されていないという事であれば労働基準法違反となります。そうしたことからも労働者に取りまして不利な契約内容は無効になるものと考える必要がございます。

2.3.期限前でも可能ですし、会社側に法令違反もございますので本人の申し入れに沿って退職手続を進められるべきといえます。

4.届出無でも退職自体は成立はしますが、就業規則で退職届提出の定めがあればトラブルを避ける為にも提出してもらうべきです。

5.最も重要な労働契約の部分で法令違反をされている事に加え健康保険証のずさんな管理の件もございますし、上記の内容からも契約の途中放棄の有効性を主張する事自体困難ですので、そのような訴訟は当然に避けるべきです。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/03 09:34
  • ID:QA-0088834

人事・経営コンサルタント

コンプライアンス

前提として、契約は口頭でも成立するという原則があります。しかしそれではいくら何でも言った言わないが確定せず、現実的に口頭だけで進めた場合の責任は被害者が立証しなければなりません。現実的には限り無く無理に近いものとなります。
本件もSNS(内容がわかりませんのでラインのようなものと想定します)であれ口頭であれ電話であれ、そうした取り決めが有効である旨証明できれば裁判で勝てる可能性があります。SNSの証拠能力をどう判定されるかにかかるでしょう。

現実的対応として、有期契約を会社側が一方的に破棄することはできず、重い賠償責任が発生する可能性が高い一方、社員が一方的に破棄した場合はほとんど現実的に発生した損害(その個人以外使用できない・流用不可能な器材備品購入など)以上の賠償は得られないでしょう。

こうしたコンプライアンスを社員に求める以上は、スタートアップであってもコンプライアンスをまずは会社が率先して文書化し、対応すべきでした。(それでも社員有利は変わりません)現状では保険証の紛失??など感情の行き違い含め、貴社経営上の責任が重いように文面からは感じられます。それでも訴えることは可能ですが、雇用契約の書面化ができない法人がこうした訴えで勝てるか、そもそも受理されるかは不明です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/03 11:09
  • ID:QA-0088849

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1について
 31/4/1より、従業員が希望すればSNSでの労働条件通知も可能となりました。ただし、いつでもプリントアウトできることが条件です。

2について
 雇用契約の内容によりますが、有期契約の場合には、途中解除はやむを得ない場合とされています。

3.4について
 雇用契約は労使双方の合意となりますので、会社がそれでよろしければ、かまいません。

5について
 具体的にどの程度の損害が発生するのかによります。
 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
    昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介しています。
  • 無視できない、転職とSNSの付き合い方
    企業と転職希望者を結ぶ人材紹介にとって重要なのは、やはりコミュニケーションだ。かつては電話や郵便が主流だったが、現在ではほとんどメールに置き換わっている。やがては、これが「SNS」へと移行する時代がやってくるのかもしれない。
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
あわせて読みたいキーワード
エンプロイヤーブランディング
エンプロイヤーブランドとは、勤務先としての企業の魅力度のこと。「エンプロイヤーブランディング」は、企業が「職場」としての魅力を高め発信していく活動のことをいいます。その対象は従業員だけにとどまらず、潜在的な従業員になりうる人材、従業員の家族、顧客なども含まれます。「勤務先として魅力的な企業」を目指す...
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/08
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...