企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15718件   回答数34141

出張の中日にあたる日の手当支給について

当社では社員が宿泊を伴う出張をする際、
1日あたり数千円の出張手当を支給しております。

今度、社員の者が下記のスケジュールで出張することとなりました。

土曜日 移動、午後から勤務
日曜日 休み(現地に滞在)
月曜日 朝7時頃から現地にて終日勤務

出張先が遠方のため、月曜の朝に移動が困難な場合、
日曜日の手当は発生させる必要がありますでしょうか。

終日勤務していないため発生しないものと考えておりますが、
海外出張の場合は、移動のみでも手当を支払うことがあるため
判断できずにおります。

ご回答いただきたく、よろしくお願いいたします。

  • 館林さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/06/18 12:24
  • ID:QA-0085129
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/18 13:53
  • ID:QA-0085132

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、休日である以上手当の支給義務までは発生しないものといえるでしょう。

但し、当日に移動の負担が実際に発生するという事も考慮され、数千円程度の日当であれば任意で支給される取扱いが望ましいものと考えられます。

  • 投稿日:2019/06/20 08:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/18 14:22
  • ID:QA-0085135

代表者

休日には移動の有無に関わらず、勤務はしなかったとものと見做す

▼出張中は、正確労働態様、時間の把握が困難なため、所定労働時間勤務したものとして処理します。
▼ご説明では、もう一つ、事態が把握し兼ねますが、日曜日(休日)には移動の有無に関わらず、勤務はしなかったとものとします。
▼因みに、「数千円の出張手当」というのは、社会通念に照らし可なり高額ですが、この手当は、何に対して支給されるものでしょうか。
▼出張手当は出張日当と言われることが多く、一見、給与所得と思われている場合も見受けられますが、本質は、国税庁公認で、出張に伴う小口雑費を、領収書不要の看做し実費として定額支給するものです。
▼通常、\1,500 ~ \3,000 程度(役員以外)の定額支給になっていますが、本質は、給与所得ではなく、旅費交通費なので、源徴の対象とはなりません。
▼勿論、その性格上、常識を超えた高額日当は、賃金と見做され課税対象になる可能性があります。因みに、税務署職員を含む国家公務員(一般職~総理大臣)に対する日当は、\1,700 ~ \3,800となっています。

  • 投稿日:2019/06/20 08:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/18 16:18
  • ID:QA-0085141

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

出張の日当については、細かく規定しておく必要があります。

完全休日の場合には、日当は支給しないケースや、半額支給するケース、全額支給する3つのケースがあり、それは会社の出張の事情により、決めておくことになります。

移動のみについても同様です。

また、1泊いくらとするケースもあります。

  • 投稿日:2019/06/20 08:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/18 18:39
  • ID:QA-0085148

人事・経営コンサルタント

取り決め

貴社が任意で決めることになり、必ず支給するものではありません。
ただ仕事のために週末を潰されるのですから、日当を支給する会社は少なくないように感じます。
起こりえるケースですので、発生頻度や貴社の状況によって取り決めをしておくべきでしょう。

  • 投稿日:2019/06/20 08:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/06/19 15:08
  • ID:QA-0085166

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

日曜日の手当を発生させるか否かは、あくまでも会社の自由判断でよろしいかと考えます。

ただし、1日現地に滞在するわけですから、社員の仕事に対するモチベーションを高めるという意味においても、何らかの手当の支給があってもいいのではないかという気もします。

これを機会に、このような日曜日を挟む遠方出張が、今後もあり得ることを想定して、就業規則を整備しておかれたらいいでしょう。

  • 投稿日:2019/06/20 08:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
出張手当について
出張手当の一般的な金額と処理方法
休日~平日に跨ぐ出勤
いつもお世話になっております。 法定休日から平日にかけて出勤した場合の残業手当に関して、質問します。 例えば、休日の22時から、翌日(平日)の9時まで勤務した場合、残業手当は22時から8時間を超えた勤務時間に対して支給する義務があるのか、或いは平日の0時から8時間を越えた勤務時間に対して支給すれ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
あわせて読みたいキーワード
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...