企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14477件   回答数30769

就業開始時刻が自由な場合、どのように就業規則に記載すべきか?

いつも勉強させていただいております。
アルバイトさん含め、20名弱の小さな会社で人事を担当しています。

社長から
「何時に出社してもいいから、8時間働けばいい。そういう就業規則を作れ」
と指示がでました。

社長の意向は
・フレックスではなく、社員にはきっちり8時間(休憩1時間をいれると9時間)は勤務してもらいたい
・8時間を超えたらきちんと残業代は払う
・何時に来ても「遅刻」ではなく、そこから8時間働いてくれればいいから、社員は楽なはず
・8時間に満たない分は、控除する(月給者)

ということです。

今までは、9時〜 9時半〜 10時〜 と何パターンか作っていましたが
それを廃止して、「8時間勤務であれば、開始時間フリー」にしたいというのです。

管理が煩雑になるなどの問題もありますが、なにより運用にあたって就業規則の改定をすすめたいと
いうので困っています。

どのように就業規則を作成する必要がありますでしょうか?

お力を貸していただけると幸いです。

  • 投稿日:2019/05/23 20:21
  • ID:QA-0084550

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/05/24 09:40
  • ID:QA-0084566

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、始業終業時刻については就業規則の必要記載事項ですので、原則としまして考えられる時間帯を全て記載する事が求められます。

但し、御社のような場合ですと、具体的な時刻を全て記載する事は現実問題としまして不可能ですので、可能となる最も早い始業時刻と最も遅い終業時刻を記載された上で、その範囲内で1日の所定労働時間を8時間とする旨定められるとよいでしょう。

  • 投稿日:2019/05/24 09:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変わかりやすい回答、ありがとうございます!
助かりました!

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/24 11:26
  • ID:QA-0084574

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

何時に出社してもいいといっても、24時間無制限というわけにはいきませんから、
出勤時間帯は決めておいた方がよろしいでしょう。

そして、始業時刻の時間帯を明記します。

終業時刻は、始業時刻より休憩1時間をはさみ、9時間後という記載が考えられます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/25 12:26
  • ID:QA-0084594

代表者

現行の複数方式の見直しで対処すべき

▼社長のご意向は、それ自体、ユニークです。但し、法的留意面、管理実務面で、留意すべき事項を挙げておきます。
▼先ず、所定時間帯に、「午後10時から午前5時」深夜時間帯を含むことは、対象外とすべきです。
▼次に、偶々、小規模社員数だから、十人十色方式もこなせるものの、実労働時間の把握が労基法の原点であることを考えれば、管理負担は劇的に増えるのは避けられません。
▼回答者としては、自由な、と云うより、無秩序な、個々の社員任せ方式には賛成し兼ねます。必要なら、現行の数方式の見直しで対処すべきだと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
服務規律
服務規律は、企業秩序の維持を図るために社員が遵守すべき義務やルールを定めたもの。就業規則に、労働条件などと並んで明記されるのが一般的です。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。