企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

フレックスタイム始業・就業時刻の自主決定権と指揮命令権

弊社では、現在コアタイムありのフレックスタイム制度を導入しています。今般、コアタイムを撤廃し働き方の自由度を高めたいと考えているのですが、管理職から会議の設定やコミュニケーションが取りにくくなるとの反対意見が出ています。
メンバーの自主決定権と管理職の指揮命令権は、どちら優先すべきものなのでしょうか?
法的解釈でも諸説あり、社内に明確に案内したいと考えています。
よろしくお願いします。

投稿日:2019/03/06 12:45 ID:QA-0082882

亀リーダーさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

正式決定、施行段階では、責任権限はライン職(管理職)に

▼ フルフレックスタイム制自体は、会社の人事制度の一環であり、その決定過程では、色々な意見が出され、最終的には、人事制度として決定・施行されるものです。
▼ その過程では、然るべき検討会で自由意見が出され、最終的に規則として集約、決定に至ります。その観点からは、ご質問事項はやや本論を逸脱した、責任権限議論の様に感じられます。
▼ 自由意見交換の段階では結構ですが、一旦、正式に決定、施行の段階に至れば、その指揮命令は、ライン(管理職)の権限となるのは当然です。

投稿日:2019/03/07 12:40 ID:QA-0082908

相談者より

厚労省のQ&Aでは、上司は会議等への参加を強制できないとなっていますが、このあたりとの整合性をもう少し説明いただくとありがたいです。

投稿日:2019/03/07 14:36 ID:QA-0082916参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

どちらがいいというのは、一概には難しところです。

コアタイムをなくしたいわゆるスーパーフレックスを採用する企業も増えてはおりますが、一方では、反対意見にあるようなコミュニケーションがとりにくや、時間の把握がしにくいといったデメリットもあります。


会社の売りにもなると思いますが、業界や職種にもよります。デメリットを解消できるようなクラウド環境などもあるようであれば、効果は大きいと思います。

投稿日:2019/03/07 14:28 ID:QA-0082915

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2019/03/08 08:55 ID:QA-0082947あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、2つの権利・権限についてはその対象となる事柄が異なるものであることからもいずれが優先するという順序付け自体が出来ないものといえます。

言い換えれば、指揮命令権が適用されるのはあくまで労働時間に限られますので、フレックスタイム制で当人が勤務を希望しない時間帯については指揮命令権自体が及ばない事から、重要な会議であっても会社側から時間を指定して勤務させる事は通常出来ないものと解されます。

従いまして、会議出席等を特定の時間に強制しなければならない業務事情があるようでしたら、コアタイムのないフレックスタイム制を導入される事は職場運営に支障をきたす可能性が高いですので、そのような実態にそぐわない措置については避けるべきといえるでしょう。

投稿日:2019/03/07 18:27 ID:QA-0082931

相談者より

最初の川勝代表の見解と異なるように見受けられます。労働者は、会社と労働契約がある以上、会社の指揮命令権に従わなくてはならない、ただし会社はその乱用は避けなければならない、と捉えていますが、いかがでしょうか?

投稿日:2019/03/08 09:01 ID:QA-0082948あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「労働者は、会社と労働契約がある以上、会社の指揮命令権に従わなくてはならない、ただし会社はその乱用は避けなければならない、と捉えていますが、いかがでしょうか?」
― 表現の仕方が違うだけで内容的には私見と同様といえるでしょう。つまり、指揮命令権も自主決定権もいずれも絶対優先して認められるものではなく、濫用になるような場合は認められないということになります。
 ちなみに他の専門家の意見について比較・コメントする立場にはございませんし、加えまして当方は労働法学者ではなくご認識の通り当事案の解釈については諸説ございますので、この場での確答は困難である旨ご了承下さい。

投稿日:2019/03/08 09:54 ID:QA-0082957

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2019/03/08 14:24 ID:QA-0082973大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制のコアタイムを1日のみなしにできますか?
現在、フレックスタイム制ですが、コアタイムを設定しています。 たとえば、火曜日だけをコアタイムなしのフレックスタイム制(月、水、木、金はコアタイムあり)にすることはできるのでしょうか? ご回答をいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 3. マネジメント研修・管理職研修の最近の傾向
    現在、管理職を取り巻く状況は厳しい。「プレイングマネジャー化」「メンバー間の価値観多様化への対応」といった職場環境の課題があがっている。また、人材育成全般の課題として「管理職の仕事が忙しく、育成する時間がない」をはじめとする問題に多くの企業が直面している。ここでは管理職を取り巻く状況をまとめる。
  • 4. マネジメント研修・管理職研修の種類と内容
    一口に管理職研修といっても、組織における管理職の位置付けにより求められる要件は異なり、そのカバーする範囲は非常に幅広いものとなっている。一般的に、新任管理職研修、管理職研修、上級管理職研修の三つに区分することができる。
  • 管理職が置かれた「現状」
    経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
あわせて読みたいキーワード
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。フレックスタイム制では、労働者自身が勤務時間帯を自由に決めることが可能。一定期間に働く総時間数を決めておき、労働者はその時間内であれば何時に出勤・退社してもよいという仕組みです。
立ち会議
「立ち会議」とは、文字どおり、参加者が立って行う短時間の会議や打ち合わせのこと。「スタンディング会議」「スタンドアップ・ミーティング」とも呼ばれます。あらかじめ会議室などを確保してメンバーを招集するやり方ではなく、必要な関係者が必要に応じてオフィスの一角に集まり、起立したまま時間を区切って、必要な要...
インナーコミュニケーション
「インナーコミュニケーション」とは、社内における情報伝達のことをいいます。会議や打ち合わせ、通達、社内報、社内イベント、会話など、社内で繰り広げられるコミュニケーションを総称したもので、社内広報と呼ばれることもあります。近年、インナーコミュニケーションは従業員間で自然に起こるものではなく、組織が設計...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...