企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13946件   回答数29463

個別労働者派遣契約書の記載事項につきまして

御担当者様、

この度はお世話になります。

お答え頂きたい質問は、【労働者派遣契約書】に記載する事項において、
就労日:月・火・水・木・金・土
就業時間:08:00 - 18:00 (12:00 - 13:00休憩)
というように、週54時間と明記することは可能でしょうか?
このように明記してしまいますと、4月からの”働き方改革関連法の要点”である、『労働基準法の36協定上の残業時間は、原則月45時間以内まで』という基準を、契約上、遵守していない、と受け取られるのではないか?と危惧しております。
また、基本的にこの【労働者派遣契約書】につきましては、労働基準局が監督署にあたるのでしょうか?
因みに、現在、各現場の就労規則では、上記のように規定されてしまっております。
4月からの”働き方改革関連法”実施の前に、会社としての方針を一つにまとめ、現場に周知徹底したいと考えております。
それにはやはり上記のような条件では違法になる、という明確な回答を示す(納得させる)必要があります。
何卒、的確なアドバイスをお願い申し上げます。

  • 投稿日:2019/01/10 13:46
  • ID:QA-0081518
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 16:49
  • ID:QA-0081529

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

所定労働時間は、原則として法定労働時間である1日8h、1週40hを超えて明記することは法違反となり、できません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 19:33
  • ID:QA-0081533

人事・経営コンサルタント

労基法

労基法32条により法定労働時間40時間を超えることhできませんので、不可能です。
派遣契約書ではなく、労働者派遣の管掌は労働局でしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/11 09:44
  • ID:QA-0081556

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法におきましてはご周知の通り1日の労働時間は8時間まで、週の労働時間は40時間までと明確に定められています。月45時間以内というのは時間外労働に関わる上限ですが、所定の就業時間の場合には当然ながら時間外労働を含めない先の法定労働時間以内で設定されることが求められます。

従いまして、労働者派遣の場合も当然ながらこうした法定労働時間の遵守は必要となりますので、所定の就業時間でこれをオーバーしてしまう設定を派遣契約で行うことは出来ません。勿論時間外労働の上限も併せて遵守される事が必要ですので、表記のような記載は出来ないものといえます。

また派遣契約書等労働者派遣事業に関わる管轄行政は都道府県の労働局になり、相談窓口としましては職業安定部の需給調整事業室等が設置されています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

任期制自衛官の就職支援マンパワーグループ 「掲載無料」
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。