企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14347件   回答数30483

出向派遣中の者の出向先での懲戒処分に伴う出向元の処置について

弊社から他社に出向派遣中の者が出向先の就業規則に反する行為を行ったことにより出向先にて出勤停止処分を行うことになりました。当該非違行為は当社就業規則には抵触するものではないので、当社として懲戒処分を行うことはありません。一方、出向先が弊社からの出向社員懲戒処分を行うこと自体は、当社出向取扱規則上も問題なく、事件の内容からも妥当と考えています。

ここからが質問なのですが、
出向先で減給制裁を伴う処分(出勤停止・停止期間中の給与不支給)を行うことになりますが、出向社員の給与は弊社にて支給をしているため、弊社側にて当該減給分の対応が必要となりますが、弊社側の規則上懲戒に該当しないため、減給処分の根拠が見当たらない状況です。
出向先での今回の懲戒処分は、弊社からの出向者だけでなく、出向先社員も同様に処分を受ける(当然、減給あり)ものであり、弊社からの出向社員も同様にしないと著しくバランスを欠くことになります。

出向先から労務の提供を拒まれた故を以って、当該出勤停止期間中の給与不支給とする、あるいは、出向先から減給処置の要請を受けて同様の処置をする、等が考えられますが、いずれも弊社規則上しっくり来ないところがあります。
どのように考えるのが最も適切なのでしょうか、ご教示いただけるとありがたく、よろしくお願いします。

  • ma1118さん
  • 兵庫県
  • 電機
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/12/28 09:48
  • ID:QA-0081309

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/28 17:25
  • ID:QA-0081321

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

出向の懲戒については、状況により、出向元先両方の懲戒が有効のケースがあったりしますが、二重処罰禁止の原則もありますので、出向元先協議の上がよろしいでしょう。

今回のケースでいえば、出向先の懲戒規定処分を適用するということで、出勤停止その間の給与不支給ということでも問題はありません。出向元は給与支給の役割というだけですから、出向先の懲戒処分を適用し、減額したものを支給すればよろしいでしょう。

  • 投稿日:2019/01/21 08:39
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。
出向元先で協議の上、出向先では違背行為に対する処分、出向元では、出向先での違背行為により出向元会社の体面を損ねたことに対する処分とし、処分内容自体は一つとして実施することにしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/28 22:04
  • ID:QA-0081322

代表者

労働者の地位に関する事項には、出向元の就業規則適用が原則

▼ 出向社員における就業規則の適用の問題ですが、直接、労務提供に関する事項については出向先の、そして、労働者の地位に関する事項については出向元の就業規則が適用されるのが原則です。
▼ 懲戒処分は、労働者の地位に関する性格が強く、出向元就業規則を適用するのが妥当です。出向先としては、解雇等、重度の懲戒事実が確認されるのであれば、出向元に適切な処分を検討して頂く程度に留まります。

  • 投稿日:2019/01/21 08:41
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。
基本的に出向先での処分でよいと考えましたが、出向元先で協議の上、出向先では違背行為に対する処分、出向元では、出向先での違背行為により出向元会社の体面を損ねたことに対する処分を同時に実施、処分内容自体は一つとすることにしました。二重処分には当たらないと考えました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/29 22:49
  • ID:QA-0081327

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご文面内容では「出向先が弊社からの出向社員懲戒処分を行うこと自体は、当社出向取扱規則上も問題なく」とございますので、出向先の就業規則に基づき懲戒処分を行う事は原則として可能になります。

そうであれば、当該出向先での懲戒に関わる規定において減給の定めがなされていれば、減給措置の根拠もあることから処分は可能と考えられます。

つまり懲戒処分が出向先の定めに基づいて行う事が認められている以上、出向元での定めがなくとも処分は可能といえます。但し、懲戒解雇のように身分そのものを失わせるような重大な処分については認められないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/01/07 09:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
厳密に言えば、出向先の規則では、就業規則(本則)に出勤停止を含む懲戒規程があり、出勤停止の給与の取り扱いは、別の賃金規則に規程があります。
弊社からの出向社員は、就業規則本則の適用は受けますが、賃金がは当たり前ですが、出向元の規則適用です。
出向元の当社賃金規則には、出勤停止処分の場合の給与取り扱いは規程されていますが、その前提は出向元の当社規則による出勤停止を前提にしています。
ただ、ご示唆いただいた通り、出勤停止の処分自体が出向先にて有効に行えることから、その事実(出勤停止)を以って、当社賃金規則を「準用」することは可能なのかと思います。
大変、参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
出向者の賞与について
宜しくお願い致します。 出向元会社と出向先会社の間に締結した出向契約において、出向者の賞与の基準を出向先と定めていて、出向者に対する就業規則にも、「出向者の賞与は出向先の基準とする」と規定している場合であれば、両社の賞与基準が大きく違っていても大丈夫なのでしょうか? 例えば、出向元が2ヵ月支給、出...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 人事管理制度の実際
    人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
  • 企業における「懲戒処分」の実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「懲戒制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、その中から「モデルケース別に見た懲戒措置」「最近1年間における懲戒処分の発生件数」「解雇における退職金の支給状況」について取り上げます。
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...

あわせて読みたいキーワード

出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
配置転換
人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」、略して「配転(はいてん)」といいます。配置転換は大きく、企業内の配置転換と企業間の配置転換に分かれます。前者には昇進・昇格、職種変更、勤務地変更などが含まれ、後者には子会社や関連会社への転籍、出向などが該当します。狭義では、...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...