企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13637件   回答数28716

「上司が部下の昇給率(額)を知っている」企業の多さと是非

正社員の部下を持つ課長が、部下の昇給率(額)を知っている企業の①多さについての資料や分析結果などがもしあれば、と②その事の是非についての見解について教えて頂けますと幸甚です。

今年転職し、2,000人規模の外資のHRに入社をしました。
これまで経験して来た2,000人規模から5,000人規模の日本にある外資系企業5社では、課長であっても業績評価の責任を持つ正社員の部下がいる場合、その課長は、部下の給与情報及び、評価の結果と連動する昇給率(額)も持っておりました。
理由は明確で、年度末評価の最終結果を部下に通知する際、昇給率(額)も知らないと、評価結果を正しく通知できない点にあります(部下は例えば「昇給率1.8%」とだけ言われても、それが良かったのは普通なのか。低いのか理解できず、適正なフィードバックが成立しないため)。

一方で、私が今年入社した企業は「お金にまつわる事はブラックボックス」と言う風潮があり、部下を持つ課長であっても部下の昇給率(額)を知らされません。そのため、課長たちから「部下に正しい評価のフィードバックができず困惑している」と言う相談がよく持ち込まれます。(私が直接相談されただけで24人)
課長であっても正社員の部下を持つ正式なPeople managerに対しては、部下の昇給率(額)を知る権利を付与すべきと考えるため、その件について日本のCEO及びHR Dire.に話しをしたいと考えています(US本社では課長でも部下の昇給率(額)を知っています)が、それにあたり、上記①②について一般的にどのような傾向・認識があるものか情報を集め、理解したくご相談になります。

宜しくお願い致します。

  • R3Dさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2018/12/24 14:51
  • ID:QA-0081215

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/25 11:59
  • ID:QA-0081225

代表者

上司がブラックボックスに置かれることは考えられない

▼ ご質問の事案に関する統計的資料は持ち合わせて居りませんし、恐らく、サーチを掛けても効果的資料の入手は期待できないと思います。
▼ 日本、欧米を問わず、部下の評価に際し、上司がブラックボックスに置かれることは、通常、あり得ないことです。直接の上司には、一義的説明責任があります。
▼ 個人評価は保護対象になります。日本の個人情報保護、国際的な OECD 8原則、いずれにも、安全保護措置の原則があります。殊に、米国では、EEOC (日本の労基署の巨大、且つ、強力な行政組織)による監視は強烈です。

  • 投稿日:2019/01/13 09:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

川勝様
年末のご多忙な時期にも関わらずご回答をありがとうございました。大変参考になりました。
お恥ずかしながら「個人評価の保護対象」の詳細・解釈に深い知識がございませんので、調べてみようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/25 20:30
  • ID:QA-0081240

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件についてデータについては持ち合わせておりませんが、評価者がその任務を果たす上で昇給率(額)等の数値を把握しているケースは少なくないものと考えられます。

但し、個人情報保護の要請が強まるにつれて、御社のような会社も増えてきている点は否めないでしょう。

結局は他社がどうというよりは、御社の評価システム上で個人の昇給率(額)を知る必要性が実際にどの程度あるのかによるものといえます。こうした詳細情報がなくとも、例えば平均の昇給率(額)さえ分かれば問題は生じないといった考え方も出来ますし、その辺は評価者にアンケートを取って具体的な問題点をあぶり出す等、御社自身の評価実務に沿って対処されるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/01/13 10:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様
年末のご多忙中にも関わらず、ご回答ありがとうございます。はい、おっしゃる通り他社に関わらず、当社内でどうしたいかによるのですが、何分悪い意味で保守的な環境ですので、そうした関係者が少しでも納得しやすいようなデータがあればと思いご質問でした。個人情報保護要請の強化による影響へのコメントを含め、貴重なアドバイスまで頂戴し、本当にありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/26 10:59
  • ID:QA-0081266

人事・経営コンサルタント

人事方針

①そうしたデータは存じませんが、まず表に出ている者ではないと思います。
②公務員など、人事管理内容が特殊なケースで存在します。しかし民間で上司が給与に関与できなければ、普通は管理が成り立ちませんので、管理業務の一環としても当然把握すべきものといえます。上長が給与に関与できなければ、普通は部下を統制も難しくなります。

  • 投稿日:2019/01/13 10:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢様
年末のご多忙中にも関わらず、ご回答ありがとうございます。
コメントありがとうございます、参考にさせて頂きます!

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
昇給
従来弊社は定期昇給があり全社員対象でしたが、直近の2年間は主任以上の昇給無し主任より下であれば昇給する事になりました。 同じ社員で昇給する対象・昇給しない対象を設けても良いものでしょうか? これは労基上も問題無い事でしょうか? 宜しくご教示ください。
昇給に関する定めについて
質問させていただきます。 労働基準法上、就業規則の絶対的必要記載事項として「昇給に関する事項」が定められています。定める事項として「昇給時期」「昇給率」等の例が挙げられていますが、「昇給時期」は必須の規定項目となるのでしょうか。 当社では就業規則上、昇給に関して 「勤務俸の昇給詮議は、原則として...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【ご案内】東京テレワーク推進センター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!



『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...