企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14829件   回答数31716

海外駐在員の帰任に際する住宅手当について

海外駐在員が帰任するにあたり、国内での住宅事情に不慣れなために、住居を購入することや賃貸で落ち着くまでの一定期間、住宅手当(家賃補助)を支給する会社が増えているという情報が、当社の駐在員から寄せられ、改善を求められています。ある会社では、2年間、月に2~3万円程度の補助が支給されることになっているとのことです。こうした事例や考え方は一般的でしょうか。アドバイスをいただくと、幸いです。

  • けいえいきかくさん
  • 大阪府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/12/07 16:49
  • ID:QA-0073889

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/07 20:18
  • ID:QA-0073894

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社によって対応は様々ですし、海外赴任者の増加に伴い以前よりは増えているとはいえるでしょうが、だからといって特に支給すべきといった根拠にはなりえません。

しかしながら、海外からの帰任ですと相応の実費はかかるものといえますし、赴任地域や個々の駐在員の事情によっても発生する費用については大きな差が生じることになります。

こうした点については住宅費用についても同様といえます。例えば、持ち家にすぐ戻られるような方につきましては、基本的に帰任によって発生する住宅の費用負担はないものといえるでしょう。逆に賃貸マンション住まいだった方の場合ですと、住居を探し契約する上で相当な負担が発生する事も考えられるでしょう。

従いまして、月○○円といった定型的な住宅手当ではなく、個々の駐在員について住宅事情について確認を行い、客観的に見て帰任時に援助が必要とされる場合にのみ一部を支援されるといった方法が妥当といえるでしょう。但し、あくまで会社のポリシーによりますので、経営事情等も考慮された上で御社の場合にどのような対応が実態に即して望ましいかについて検討されることをお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/07 21:40
  • ID:QA-0073895

代表者

合理的事由は感じられない

▼ 本件は、可なり局所的で、オープン情報の少ない事案です。以下、弊職の推測を交え、お答えします。
▼ 家族帯同で海外赴任した時点で、持家されている場合は、親戚縁者が留守役かてらにお住まいなら、難しい状況ではありませんね。又、賃貸されていれば、帰任に備え、一定の予告期間ご明け渡しして頂く契約になっているのが通常なので、格別の家賃補助などは不必要でしょう。
▼ 問題は、持家を処分、或いは、元々、赴任前から賃借であった場合は、新しく家族の帰国に備え、住居設営が必要になります。その際も、本人が先行一時帰国し、家族受入の最低準備の上、再渡航、家族帯同の上帰国するシナリオが通常でしょうね。
▼ 帰任、住居再設営に関係する費用は、勿論、会社が負担すべきですが、帰国後は、所定の国内勤務賃金を支給に切替えるべきで、ご引用の「2年間、月に2~3万円程度の補助支給」などの措置には、合理的事由は感じられません。色々な状況、考えがあると思いますが、以上は、弊職の知識・経験からのコメントです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/08 08:04
  • ID:QA-0073899

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

海外帰任者への住宅支援

本職は、そのようなトレンドは聞いたことはありません。
帰任し、国内に通勤可能な自宅がなければ、国内の規程が適用され、社宅または住宅手当の対象になるのではないですか?
かりに現行規程では、帰任者は対象にならないなら、社宅は手当の対象になるよう規程に手を入れてはいかがでしょうか?
通常の社宅や手当の対象となるなら期間は、それに従います。
特に帰任者を要件として追加するなら、半年程度ではないでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
住宅手当について
いつも参考にさせてもらっています。 本日は住宅手当に関して他社ではどのようにされているのか知りたくて質問します。 弊社では独身者と妻帯者とで金額が違いますが、住宅手当を支給しています。 今回女性社員から相談がありました。 結婚の際に賃貸契約をするとのことで、その場合に住宅手当が支給されるかどうかです...
住宅費について
弊社では転勤者には手当が充実しています。 地方出身者には手当が薄く不公平感があります。 一般的な支給率、支給額をご教示願います。
住宅手当の支給期間について
当社の住宅手当は、会社の業務命令による転居を伴う赴任の場合のみ支給することとしています。金額は、家賃の半額です。 それ以外は、既婚の場合も未婚の場合も住宅に関する費用は、給与から賄うべきであるという思想に基づき支給していません。 このたび、転居を伴う赴任の場合にのみ支給している住宅手当に支給期間を設...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
職住近接
「職住近接」とは、その字の通り、職場と住居の距離が近いことをいいます。長時間通勤や満員電車の問題を解消するために、国土交通省が推進したことで広まった言葉です。職場の近くに住むことで、通勤時間が短縮。時間を有効に活用できるようになり、ストレスの軽減も期待できます。会社の近隣に住む従業員に手当を出す制度...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...