企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

採用初日に出勤してこなかったパート社員の対応について

いつも大変参考にさせて頂いております。
さて、当社で以下のような事案が発生しましたため、ご相談いたします。

【事案】
11月1日付で採用したパート社員が採用初日から出勤してきませんでした。
電話連絡も数時間おきに行っていますが、当初は留守番電話であったのが、途中から留守番電話扱いにもならなくなりました。また、雇用契約書などの雇い入れ時の必要書類は、採用初日に手続きする予定であったため、一切取り交わしができていない状態です。

当社としましては、特段の事情(犯罪に巻き込まれた等)がない限りは、入社初日からの無断欠勤として雇用自体が難しく、採用取り消しの方向で進めたい意向です。
なおかつ、助成金等の関係で、事業主都合の解雇には抵触しない方向で進めたいと考えております。

具体的には、電話連絡に加え、内容証明での書面を2回(1回目は至急連絡取りたい旨、2回目は14日経過する日までに連絡がない場合は採用自体なかったとみなす旨を明記)、自宅訪問といった対応を取り、都度記録していく形で考えています。
また、当社のパート職員の就業規則では「自己都合による欠勤が暦日30日経過したとき」を自然退職事由としていますが、そこまで事案を引っ張りたくないというのが正直なところです。

そこで以下3点をご質問させて頂きたく存じます。

①そもそも論になりますが、今回の事例は、口頭とは言え契約が入社後の解雇になりうると考えるべきか、雇用契約の正式な取り交わしもできておらず、雇用契約そのものが成立していないと客観的にみなすべきか、いずれのスタンスで考えるべきでしょうか?

②雇用契約は十分成立していると考えた場合、当社で考えている具体的対応によって採用取り消しを行った場合、事業主都合による解雇とみなされる危険性がございますか。

③その他、考えられる対応はございますか。

よろしくご教示下さいますよう、お願い申し上げます。

  • 労務法王トグサさん
  • 静岡県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/11/02 16:11
  • ID:QA-0073271

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/03 11:17
  • ID:QA-0073278

人事・経営コンサルタント

対応

①裁判レベルで考えるなら(リスク管理上はそうすべきです)、口頭による契約が成立していると考えておくべきでしょう。
②しっかりした対応で貴社の主張が通る可能性が高いと思いますが、電話連絡日時も記録し、内容証明は1回目から、連絡が付かず著しい業務上の不便が生じているので14日以内の連絡なければ退職と見なすで良いのではないでしょうか。2回目は1回目指定の期日は変えずに、再度通達となります。
③通常の採用でありがちなことですので、エスカレーションの可能性は低いと思われますが、こうしてきちんと対応しておけば通常は問題は起きにくいと思います。

  • 投稿日:2017/11/06 13:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/03 11:47
  • ID:QA-0073280

代表者

雇用契約自体は成立、但し、無言の解約の意思表示ありとして自己都合退職処理を

▼ 3点のご質問に就いての私見は次の通りです。
① 法的には、契約とは、申込と承諾という交差する意思表示の合致により成立するので、契約書の作成が成立要件ではありません。依って、雇用契約は成立しているという前提で対処することになります。
② 初日からの不出勤は、「労働者の責に帰すべき事由」による契約不履行に該当し、原則として、2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない場合。無言の解約の意思表示があったものとして自己都合での退職手続きをとることになります(民法第627条1項)。事業主都合による解雇と看做されるリスクはありません。
③ 退職に至る一連の措置、対処を含め、極力、その経緯に関する記録、証憑類を整備されることに尽きます。

  • 投稿日:2017/11/06 13:14
  • 相談者の評価:参考になった

早々にご回答頂きありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/03 17:53
  • ID:QA-0073285

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常であれば雇用契約は口頭でも成立しますので、厳格に解すれば解雇になるとも考えられます。

しかしながら、当事案の場合ですと雇用契約書を交わす前に音信不通になった状況であること、そして現実に1日も出社していないことを考慮しますと、雇用契約に関する合意自体が当初から無かったに等しいものと推定されます。

従いまして、基本的にはご文面に示されたような対応で差し支えないものと思われます。恐らく今後も連絡が取れる可能性は極めて低いでしょうから、結果そのようであれば採用自体が契約される意思の瑕疵によって取消されるものと判断されてよいでしょう。その場合には、そもそも雇用契約が不成立ということになりますので、契約解除を意味する解雇や退職という措置にはなりえないものといえます。

  • 投稿日:2017/11/06 13:14
  • 相談者の評価:参考になった

早々にご回答頂きありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
雇用契約書の記入日付について
雇用契約書についての質問です。 本年4月1日のように入社日が休日で、実際の出社が翌日からとなった場合、 雇用契約書の記入日は、遡って入社日で記載するのか、 それとも実際の記入日にするのか、どちらが適切でしょうか。 以前「契約は契約期間に関わらず実記入日で書くこと」と 聞いたことがありますが、雇用契...
年俸制社員の雇用契約について
漠然とした質問で申し訳ございませんが、年俸制社員を1年間の契約で雇用しようと考えています。契約の上で留意すべき点があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー 就活図書館
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...