企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13221件   回答数27679

年間休日の変更に必要な条件について

弊社は設立して9ヶ月で、従業員も10名未満のため現時点では就業規則を作成しておりません。
(作成を始めようと話はでています。)

このような場合でも、年間休日の変更(減少)には社員全員の同意が必要なのでしょうか?
ちなみに、
 現在→土日祝+夏季休暇+年末年始(約125日の休日)
 今後→土日+夏季休暇+年末年始(約117日の休日) へと変更予定です。

代表取締役 1名
正社員   7名
アルバイト 1名
          です。

気を付けるべき点など、アドバイスを頂けたら助かります。
宜しくお願い致します。

  • さくにゃさん
  • 茨城県
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/10/26 16:16
  • ID:QA-0073142

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/26 18:57
  • ID:QA-0073148

代表者

誠意と根気を以って、個人別に同意を取得するしか無さそう

▼ 年間所定労働日数が増えますので、日給制でない限り、賃金単価は減少しますね。これは、労働条件の不利益変更に該当し、基本的には、労働者の合意を必要とします。
▼ 「基本的には」というのは、労働者の合意がなくても、就業規則がある場合には、所定の手続きにより、合理的な労働条件の変更が可能だという意味です。
▼ 然し、現時点で就業規則のない御社では、誠意と根気を以って、個人別に同意を取得するしか道はなさそうですね。

  • 投稿日:2017/10/27 14:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

やはり、不利益変更に該当しますよね。
賃金に関しての変更は考えていないようなので、誠意をもって説得する方向で進めて行きます。

ちなみに、社長からは「就業規則を作成中のため、もろもろの変更点が出てきます。年間休日もその中の一つで、皆さんのご理解とご協力を・・・・」と社内報でお知らせを出しました。

今後の社員の動きが気になりますが、丁寧に対応して行きたいと思ってます。

ご回答・アドバイスありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/27 14:03
  • ID:QA-0073154

社会保険労務士法人SRグループ 代表

ご回答いたします

就業規則を作成していない場合、労働条件変更の適用を受ける従業員全員に変更の趣旨・合理性等を誠実に説明したうえで、個別の合意を得る必要がございます。
年間休日減少にもかかわらず賃金額が従前のままならば、単価が下がることになり、労働条件の不利益変更に該当しますので、誠実かつ慎重な対応が求められます。
合意を得るのが困難なようであれば、変更に伴い増加した所定労働時間分の基本賃金の増額措置をとること等を検討されていはいかがでしょうか。

なお、就業規則がある場合は、変更に合理性があるものに限り、就業規則を変更することで個別の合意を得ずとも変更後の労働条件を適用することが可能です。

  • 投稿日:2017/10/27 14:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

個別の合意が必要なのですね。
賃金に関しての変更は考えていないようなので、慎重に丁寧な対応をしていきたいと思います。

急がずゆっくり進めていきます。

ご回答・アドバイスありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/27 20:56
  • ID:QA-0073165

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働条件の不利益変更に該当しますので、個別に従業員の同意を得る事が必要になります。

但し、同意を得た方につきましては休日について変更内容が有効になりますので、必ずしも全員の同意が必要ということではございません。

勿論、円滑な職場運営の為にも極力全員の同意を得る事が望ましいですので、そうした環境づくりを行うことが重要になります。

幸い従業員数が少ないですので、まず御社が置かれている状況及びそれに基づく変更理由について従業員全員を集められ真摯に説明し、休日減のデメリットを少しでも軽減するよう何らかの配慮措置を示されることで理解を得る事は十分に可能と思われます。併せて、会社側からの要請のみならず従業員側からの希望もあれば耳を傾けてこれを機会に出来る事は取り組んでいかれるといった姿勢を示されるとよいでしょう。むしろこうした相互に本音を語り合える会合をもたれることで会社としての団結も深まり、今後良い方向へ進んでいかれるものと考えます。

  • 投稿日:2017/10/30 17:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

丁寧なアドバイスありがとうございます。
代表より、朝礼にて発表した後に個別に同意してもらえるか話をしたところ、全員の同意を得ることができました。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則における生理休暇の定めについて
以前、労基署の方から「生理休暇について、就業規則で定める必要はない」と言われたという者がいるのですが、実際には、生理休暇については、就業規則に定める必要はないのでしょうか。 ご教示くださいますようよろしくお願いいたします。
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
出社時間の変更
いつも大変お世話になっております。 出社時間を変更するにあたり、社員の同意は必要だと思いますが 社員全員の同意書は必要でしょうか。 就業規則の変更時は代表者による同意書へのサインで変更可能だと思います。 就業規則のない会社の場合はどのような対応が望ましいのでしょうか。 以上、よろしくお願い致し...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...