企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12312件   回答数25501

60歳以上応募者の雇用前の健康診断書の提出は違法?

初めての投稿となります。無知な部分も多くご迷惑をおかけ致しますがご教授頂ければ幸いです。

早速ですが、今回60歳以上の方をアルバイト雇用するにあたり上長より健康診断書の提出は可能なのか
という申し伝えがございました。
有期労働社員(契約社員)に関しましては入社前に健康診断書の提出を義務付けております。

※60歳以上のアルバイト雇用者に健康診断書(自己負担)を求める事は違法なのか?
(弊社の業務規定にはその旨の記載がない)

  • 投稿日:2017/10/23 13:38
  • ID:QA-0073065

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/23 22:34
  • ID:QA-0073072

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、60歳以上の方について健康診断書の提出を求める措置が直ちに違法になるという法的定めはございません。

但し、業務に無関係な情報も得る事になりますので、年齢に関係なく、提出してもらう際は不正利用や漏洩等の情報リスク管理をきちんと行うことが必要といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/24 10:12
  • ID:QA-0073085

代表者

違法性は強いものの、予め本人了承あれば違法とは言えないという処か

▼ 年令、雇用期間の長短を問わず、ハローワークの求人票の応募書類欄に健康診断書を記入するすることはできないと説明されます。これは、「雇入時健診は、飽くまでも、雇入れ決定後、適性配置、入職後の健康管理に役立てるために実施されるもので、選考時の応募者の採否を決定するために実施するものではない」という労働安全衛生規則の趣旨に沿った方針に依るものです。
▼ 採用選考時の健康診断は違法ではありませんが、労働者の安全をはかる労働安全衛生法の主旨から外れているだけでなく、業務の遂行に関わる個人の能力や適性とは関係のない事由で就職の機会均等が保障されない、という意味では労働基準法や憲法にさえ抵触しかねない違法性が高い行為と認定できると考えます
▼ 然し、「本人に無断で行われた場合は違法になる」という条件付きですが、「企業には、労働者を雇用する採用の自由が保障されているから、採否の判断の資料を得るために、応募者に対する調査を行う自由が保障されており、採否の判断の資料を得るために、応募者に対する調査を行う自由が保障されている」といった判例もあります。
▼ 社会的には、違法性は強いものの、「本人に予め採否基準の一つとさせて貰う意味の了承を得た上で、健康診断書の提出を求めることは必ずしも違法とは言えない」点が、落し処ではないかと思います。但し、ハローワークの求人票に記載すれば、行政判断として、削除をも求められるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
健康診断
入社時に健康診断は必ず実施しなくてはならないのでしょうか。 弊社では年に1度健康診断を行っていますが、雇い入れ時にはしていません。 社員から質問がありました。
雇い入れ時健康診断と定期健康診断について
平素より大変お世話になっております。 今年の4月採用の社員で雇い入れ時健康診断をなかなか受診しない者がおり、 ついに定期健康診断を受ける6月の時期になってしまいました。 今から別途外部で健康診断を受診しても定期健康診断と ほとんどの項目が重複する形となってしまいます。 そこで、6月に受診する定...
健康診断について
健康診断の内容が身長と体重くらいしかないのですがこれは法律的に良いのでしょうか?決まり等はないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立 企業の“生の声”が聞ける
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



女性活躍推進特集

数ある多様な働き方の実現を支援するソリューションの中でも、特に女性の働き方に焦点を当てたサービスやセミナーをご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...