企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13322件   回答数27929

法改正情報の入手の仕方

いつも勉強させていただいています。

さて、人事関連の法改正情報を早い段階で知るためには、どのようなことをすればよいでしょうか。
例えば今年10月、育児介護休業法が改正されますが、つい先日初めて知りました。
法改正は実際に施行されるまでには概ね時間が空いているとの認識です。
閣議決定(?)をして、いつ施行予定、というくらいの段階で知っておきたいのです。
今は時々「労働基準法 法改正」「育児介護休業法 法改正」等と検索しています。

極力もれなく、早い段階で知る方法をご教示ください。
よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/08/01 16:58
  • ID:QA-0071794

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/01 22:04
  • ID:QA-0071804

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当該育児介護休業法改正は今年の3月に行われており公布されています。そしてその実施(施行)が10月からということになります。

閣議決定や法案審議にどのくらいの期間を要するかにつきましては、国会情勢や他の重要法案との兼ね合いもありますので、まちまちといえます。場合によっては数年以上かかるようなケースもございます。

但し、法改正公布の段階で情報を入手することは厚生労働省HPで最新情報を確認されることによって容易に行えますので、随時ネットにてチェックされておかれる事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/08/02 09:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつも回答いただきありがとうございます。
もう少しお伺いします。

厚生労働省HPとは具体的に、トップページの新着情報ですか?
法令等データベースですか?
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/new/update/data.html
国会提出法案ですか?
http://www.mhlw.go.jp/shokanhourei/teishutsuhouan/
法改正情報がまとまっているページは見当たらないので、トップページで「法改正」と検索するのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/02 10:02
  • ID:QA-0071809

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、あれこれ探すよりも厚生労働省㏋に絞られた方が分かりやすいです。「新着情報」または「報道・広報」のページで確認されるとよいでしょう。

  • 投稿日:2017/08/02 10:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

「報道・広報」は、ずいぶん沢山の情報が掲載されていますね。
こまめに確認するようにしたいと思います。

ご回答くださり、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/02 12:21
  • ID:QA-0071819

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

厚生労働省では、メルマガを発行しております。HP右下欄で登録できます。割と早い段階で、情報提供をしてますので、お勧めします。

その他、
特定はできませんが、月刊誌を購読すること、お気に入りの社労士のHPをチェックすること等があります。

ただし、より早い段階でしておきたいということであれば、新聞、YAhooニュースなどの方がむしろ効果的かもしれません。

  • 投稿日:2017/08/03 13:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただきありがとうございます。

メルマガ、だいぶ情報量が多そうですが早速登録してみました。
月刊誌も探してみます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
障害者雇用
平成22年4月より改正されると聞きました。 概要を教えてもらえませんか。
育児・介護休業について
いつも利用させていただいております。 さて、育児・介護休業の対象者および非対象者を教えていただきたく思います。
改正育児休業法における短時間勤務と育児時間
育児休業法の改正により3歳までの子を養育する労働者の短時間勤務6時間が義務化されますが、1歳までは育児時間合計1時間があり、1歳までは合計3時間の勤務時間短縮を行わなければならないことに間違いはないでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「働き方改革」推進に向けての実務(6)育児・介護と仕事の両立
    「働き方改革」の重要課題である育児・介護と仕事の両立。改正を重ねる法律と支援策について紹介する。
  • 有給?無給?賞与は?「育児」「介護」休業中の最新事情
    仕事と家庭生活の両立を支援するために法律で義務化された「育児休業」(1992年4月)と「介護休業」(1999年4月)。いずれも、制度を利用する社員は会社を長く休むことになりますが、気になるのは休んでいる間の待遇です。給料はもらえるのかどうか。ボーナスはどうか……ここでは、 労務行政研究所が行った調査...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ANAの研修力 学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:10/01~10/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...