企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15219件   回答数32799

転職活動をしている社員の解雇について

ご相談をお願いします。

現在勤務している社員が在職中に転職活動をしていることが発覚しました。発覚した経緯としては、社内の共有フォルダ内からその社員の履歴書が発見され、上長が問い質したところ本人が認めた形となります。

当人と上長の面談内容として…
【転職活動中の社員の主張】
①今転職活動をしていることは事実
②転職活動はしているが転職先が決まっていない為、今すぐ退職はできない。
③上長には上記2点を伝えた上で7月中には転職先を頑張って見つけるので、転職先が決まるまでは居させてほしい。ただし転職先が決まらなければ辞めることができないので転職活動を続けながらそのまま居させてほしい。その答えを7月中に一旦報告する。

【上長の主張】
①以前よりこの社員の仕事に対するモチベーションや生産性は低いと認識していたので、配置転換を考えていた。
②①があった中で今回このようなことが発覚した以上、信頼関係も崩れ雇用し続けることは難しい。

となっています。会社的には社内共有フォルダ内から転職活動に使用する履歴書が発見されたということは、勤務中に転職活動していると思われ、且つ本人も退職することが前提で勤務することを認めている中で、今後本人から生み出される生産性や仕事に対するモチベーションなどを考え、一方的な解雇は出来ないにしろ転職先が決まるまで雇用するということは避けたいのが本音ではあります。

この場合、退職することが前提と言っている社員を会社側から解雇することはやはり出来ないのでしょうか?

  • iさん
  • 大阪府
  • 不動産
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2017/07/11 10:08
  • ID:QA-0071487
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/07/11 11:17
  • ID:QA-0071491

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、転職を含めまして職業選択の自由は憲法で保障されている最も重要な基本的人権の一つになります。また、当然ながら他の会社へ転職する為には在職中に転職活動をする事が不可欠といえます。

従いまして、ごく当たり前の行動である在職中の転職活動が発覚したことをもって会社との信頼関係が崩れたと称し解雇する事は到底認められません。また、会社の共有フォルダ―とはいえ、個人の私物(履歴書)をのぞき見して問いただす事自体、本来不適切な行為といえます。

加えまして、実際に転職先が決まるといった保証もないですし、当人から退職日を明確にした意思表明がない限り雇用されるべきといえるでしょう。尚、平素から配置転換を検討されているような勤務ぶりであれば、本件による対応ではなくそちらの理由で配置転換を実施されるのが妥当と考えられます。

  • 投稿日:2017/07/11 12:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ちなみに転職活動を雇用契約で定められている始業時間~終業時間内(勤務時間内)で業務を行わずに行っている場合は懲罰対象になりますでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/07/11 22:14
  • ID:QA-0071505

人事・経営コンサルタント

懲罰

退職勧奨の対象でもない(予定であってもまだ実施されていない)社員を転職活動をしたかどで解雇はできません。解雇要件のハードルは高く、よほどの不祥事以外一発解雇はできません。

ただし業務中に私用で会社の設備を使用したことは通常就業規則で禁じられているはずですので、服務規律違反での懲戒は就業規則に沿えば可能です。しかしこれも注意したのに聞かない等、再三に渡るものでなければ一発解雇はできません。
今回本人も白状したということですから、まずは始末書を取り、二度と業務中にそうした活動をしないことを誓約させるのが第一です。その上でまた活動が見つかった場合はさらに厳しい処分を科し、それを繰り返すことで最終的に解雇は可能です。

通常はモチベーションが低いかどうかではなく、パフォーマンスが低いかどうかで評価がされるべきものですので、現状でも評価を下げ、人事考課で待遇を変えることなど、一般社員と同じ接し方とするのは前提です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/07/11 22:14
  • ID:QA-0071506

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして有難うございます。

「ちなみに転職活動を雇用契約で定められている始業時間~終業時間内(勤務時間内)で業務を行わずに行っている場合は懲罰対象になりますでしょうか?」
― 恐らくは就業規則上何らかの懲戒事由に該当するはずですので、そうであれば当然に対象となりえます。但し、その場合でもいきなり解雇では余りに重過ぎますので、それ以外の懲戒措置とされるのが妥当といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転職先企業名の開示
いつもお世話になっております。 自己都合で退職を申し出た社員の転職先について、競合他社に転職した場合の社内情報漏えいを防ぐという目的から、本人に転職先会社名を報告するよう指示することは可能でしょうか? よろしくお願い致します。
ボランティア活動
社員のボランティア活動に対し、会社が交通費を支給することは可能でしょうか。
退職願の会社様式について
現在勤務する会社には会社様式の退職届があり、そこに転職先(会社名・住所)を明記するようになっています。同業他社に行く場合なども考えられるので会社として知りたいのはわかりますが、会社の書式に転職先を明記するよう義務づけることは問題ないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
    転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合などです。特に後者の場合は、本当は自分に合っ...
  • 後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
    人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発しているのだ。
  • 年度末における転職模様
    在職者は、いつでも好きな時に転職できる訳ではない。特に責任あるポジションを任されている場合などは、「転職するので辞めます」と途中で仕事を投げ出すわけにいかないことも多い。そんな転職希望者にとって、「年度末」は仕事の区切りがつけやすく、ある意味で転職の絶好機と言える。しかし、年度末に自分にあう求人が見...
あわせて読みたいキーワード
ジョブホッピング
「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ね...
人材市場価値
個々の会社員について、仕事の内容、能力、本人の性格特性などから、現在の人材市場での年収相場はいくらかを示したものです。雇用流動化の時代、転職希望者の増加につれ、市場価値を算定するサービスが広まっています。
35歳限界説
「35歳限界説」とは、35歳を機に転職成功率が下がるという、転職市場での定説のこと。特に未経験の職種や業種の場合、35歳を超えてから転職することは難しいと言われます。企業側が他の企業の色に染まっていない、20代の人材を求めていることが多いからです。しかし最近では、この通説を打ち破るようなデータや動向...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...