企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

労務費計算について

お世話になっております。

今回は労務費計算の考え方についてご質問致します。

通常、時間給で労務費を計算する場合、22:00~翌5:00まで深夜割増で125%で計算されますが、
20:00~翌6:00まで勤務する場合(計算をしやすくするため仮に休憩なしで計算)の支給なのですが、
どの様な形が正しい支払方法になるかご確認したく質問させていただきます。

現在社内では

昼時間:2時間(20:00~22:00まで)
深夜時間:7時間(22:00~5:00まで)
残業:1時間(5:00~6:00まで)
という風に計算している一方で


昼時間:1時間
深夜時間:7時間
昼残業:2時間

10時間(全体の勤務時間)-7時間(深夜時間)-1時間(通常勤務時間の差)=2時間(昼残業)
という風に、全体の時間から深夜時間を差し引き残った昼時間に超過分の残業を割り振る
計算をしているのも見受けられます。

正式な考え方ではどちらの計算が正しいのかご教授願いたく投稿いたしました。

同様の内容の投稿をしましたが、計算を入れていなかった為再投稿いたします。

①で計算をすると時給(仮)1000円として
昼2時間(1000×2=2000円)+昼残業1時間(1250円)+深夜7時間(1250×7=8750円)=12000円となります。

②で計算をすると
全体の勤務時間8時間(1000×8=8000円)+超過時間数2時間(1250×2=2500円)+深夜割増分25%×7時間(250×7=1750)=12250円となります。

投稿日:2017/02/21 17:45 ID:QA-0069375

cozy_315さん
宮城県/保安・警備・清掃

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面の「昼残業」という表現が曖昧なので混乱し分かりにくくなっているものといえます。法令で使用する表現に直し法令内容に従うことで正確に計算が可能です。

労働基準法に沿って賃金計算を正しく行う為には、「基本賃金」「時間外労働割増賃金」「深夜労働割増賃金」の3つについて計算することが必要になります。文面の「昼残業」は、この中でいえば「時間外労働割増賃金」に該当するものです。

また日を跨ぐ労働であっても、継続している場合には前日の労働時間として合算する事が必要とされます。

そこで文面の場合ですと、1日8時間を超える労働時間が10-8=2時間発生しますので8時間分の「基本賃金」とその内7時間分の「深夜労働割増賃金」に加えまして、2時間分の「時間外労働割増賃金」の支払が必要となります。

従いまして、合計金額は8,000円+1,750円+2,500円=12,250円となり、②の計算金額が正しいことになります。

投稿日:2017/02/21 22:00 ID:QA-0069378

相談者より

ご回答ありがとうございます。
賃金計算法がハッキリわかりましたので早速対応したいと思います。

投稿日:2017/03/15 18:33 ID:QA-0069710大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

考え方としましては、②です。
1.8時間を超えたら1.25ですから、2hについては、1.25

2.深夜時間については、深夜割増0.25加算ですから、
 7hについては、0.25加算ということになります。

深夜時間が8hこえていれば、結果として1.25+0.25=1.5ということになります。

投稿日:2017/02/22 10:23 ID:QA-0069386

相談者より

ご回答ありがとうございます。
賃金計算法がハッキリわかりましたので早速対応したいと思います。

投稿日:2017/03/15 18:34 ID:QA-0069711大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
労務費計算について
お世話になっております。 今回は労務費計算の考え方についてご質問致します。 通常、時間給で労務費を計算する場合、22:00~翌5:00まで深夜割増で125%で計算されますが、 20:00~翌6:00まで勤務する場合(計算をしやすくするため仮に休憩なしで計算)の支給なのですが、 どの様な形が正しい...
残業時間の計算方法
お世話になっています。 残業時間の計算方法について質問します。 弊社では残業時間の計算を以下のように行っております。 「月のトータルの労働時間がその月の所定労働時間を上回っていれば、その上回った時間を残業時間とする。」 日々ではなく、月のトータルで計算しているという事ですが、問題ありますでしょう...
離職率の計算方法について
離職率を算定したいと考えておりますが、どのように計算するのが標準か知っておりません。 標準的な計算方法、もしくは簡便な計算方法もあれば、教えて頂けませんでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • 【生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc 】 “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
    残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、詳しく解説しています。
あわせて読みたいキーワード
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/12
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...